電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,152件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

微生物の殺菌、がん細胞を選択的に殺傷するプラズマ活性化乳酸リンゲル液(PAL)の発明などの実績を重ねている。 ... 生育への作用についてはプラズマ照射による活性酸素...

ニュース拡大鏡/第一三共、メルクと提携 抗がん剤開発加速 (2023/10/23 生活インフラ・医療・くらし)

世界で臨床試験、着々 第一三共は、がん領域の主力製品として集中投資をする抗体薬物複合体(ADC)の開発を加速する。... (安川結野) ...

がん細胞で選択的に薬剤を合成し、同触媒によって薬剤の濃度を局所的に向上できたためと考えられる。... 抗がん剤を使ったがん治療には副作用がある場合が多く、正常細胞にも毒性を示す。副作用を抑える手法とし...

ピロリ菌感染により胃の細胞が腸の細胞に変化した「腸上皮化生細胞」は、胃がん細胞になる危険性が高いことを示した。... DNAにメチル基が結合するDNAメチル化異常はがん抑制遺伝子の機能をなくし、がん化...

医療現場へ早期普及目指す α線内用療法は、「全身に転移した悪性腫瘍(がん)や、褐色細胞腫などの希少ながん」の治療法として高い期待が寄せられている。放射線の一...

カドヘリンとがん細胞はともに上皮組織に関係するためだ。... 卵巣がんや胆道がんなど進行固形がんを対象にしている。22年には米ペンシルベニア大で神経内分泌腫瘍や消化器がんを対象にキメラ抗原受容体T細胞...

ADCとは、抗体と低分子化合物を結合させた抗がん剤。がん組織の分子と抗体が結合してがん細胞を狙って攻撃できるため、副作用を抑えながら高い治療効果が期待できるモダリティー(治療手段)とし...

がん細胞、自死に誘導 群馬大など仕組み解明 (2023/9/14 科学技術・大学1)

細胞死に抵抗性のある器官において特異的に細胞死が生じる遺伝子変異体を発見し、この変異体では細胞内のたんぱく質恒常性が崩れると、細胞死が誘導されることが分かった。がん細胞など、細胞死に抵抗性を持つ細胞に...

東レ、米日韓でがん治療薬「TRK-950」の臨床試験 (2023/8/31 生活インフラ・医療・くらし)

TRK―950は東レが見いだした新規がん治療標的Caprin―1を目印として、がん細胞に結合し、これを攻撃するモノクローナル抗体製剤。 Caprin―1は胃がんなど大部分の固形がんの...

これまでの研究で、がん細胞で高発現している抗原や受容体、アルツハイマー型認知症との関連性が高いアミロイドβなど、病気の進行に直結する物質が特定され、それらの物質に特異的に結合する化合物も明らかになった...

マンノースを多量投与されたがん細胞は、抗がん剤のシスプラチンにデオキシリボ核酸(DNA)複製が妨害されても克服するのに必要なデオキシリボヌクレオシド三リン酸(dNTP)...

がん治療に用いるウイルスは体中のがん細胞を破壊(溶解)させることから、腫瘍溶解性ウイルスと呼ばれる。 ... そのため患者に投与された腫瘍溶解性ウイルスはがん細胞のみ...

J-BEAM、小型で高い照射強度のBNCT装置開発 (2023/7/17 生活インフラ・医療・くらし)

また、がん細胞を破壊する体内への中性子の照射の深さが限られている。... 実証では6方向から中性子をあて、薬剤が入ったボロン化合物をがん細胞へ均一に照射。... がん細胞を破壊するスピードを上げるため...

「エクソソーム」簡単検出 島津と大日本塗料、キット共同開発 (2023/7/4 生活インフラ・医療・くらし)

がん早期発見に期待 【京都】島津製作所と大日本塗料は3日、細胞外小胞の一種であるエクソソームについて、コストを抑えて簡単に検出できるキットを共同開発したと発表した。... エクソソー...

実験動物の保護につながり、インスリン産生細胞を増やす糖尿病再生治療やがん細胞の増殖を抑える薬剤の開発などへの利用が期待される。 ... 体内で非常に数が少ないインスリン産生細胞の膵臓...

また、がん治療に効果的な医療用放射性同位体(RI)の開発など産業利用でも注目される。... がん治療に応用 産業利用にも期待 常陽が取り扱う高速中性子はがん治...

ストレスを受けて死んだがん細胞から放出される「スペルミジン」に注目。... がん死細胞の分泌物から新規のT細胞抑制因子を探索。... がん組織では不完全な血管形成に伴って低酸素・低栄養の過酷なストレス...

がんの患部へ粒子線を正確に照射するには、粒子線の位置特定が重要だ。... 正常な細胞を極力傷つけず、がん細胞だけを狙い撃ちして治療できる。 同モニターは照射ノズルと人体のがん照射部の...

小野薬、たんぱく質阻害剤の併用療法 甲状腺がん向け追加申請 (2023/6/7 生活インフラ・医療・くらし1)

小野薬品工業は細胞増殖の指令伝達に関わるBRAFたんぱく質の阻害剤「ビラフトビ(一般名エンコラフェニブ)」とがん細胞の増殖関連のMEKたんぱく質阻害剤「メクトビ(一般名ビニメチ...

新型コロナの治療薬として有望だと見込んでおり、細胞実験やマウスを使った生体実験でヒトへの効果を実証した。... 膵臓(すいぞう)がんの転移に関わる因子を抑制する人工核酸も設計した。.....

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン