電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

8,041件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

実験では、ヒト末梢血中のTリンパ球や肺がん患者のがん組織内のTリンパ球で、テトラサイクリン系抗菌薬を加えるとがん細胞傷害活性が増強した。またマウスにがん細胞を移植する実験で、がん細胞移植後にテトラサイ...

環境汚染に直面する住民の安全性確保とがん予防というバイデン大統領の主要政策が反映されている。... これらの工場では合成有機化学品、ネオプレン(クロロプレンから作られる合成ゴム)などの...

がん検診や特定健診の受診率向上を図るための内容の広報媒体の作成でも協力する。

第一三共、米で一部変更承認 抗がん剤「エンハーツ」 (2024/4/10 生活インフラ・医療・くらし1)

第一三共は抗体薬物複合体(ADC)の抗がん剤「エンハーツ」について、がん組織のたんぱく質「HER2」陽性の複数の固形がんの治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)から一...

東レ、ポリマー結合型抗がん剤の心毒性低減を確認 (2024/4/10 生活インフラ・医療・くらし1)

東レは研究開発中のポリマー結合型抗がん剤「TXB―001」が複数の固形がん種に対して強い抗がん作用を示し、既存のアンスラサイクリン系抗がん剤に認められる心毒性などが低減することを確認した。... TX...

奈良県立医科大学は、がん細胞増殖などに関わるマルチキナーゼの阻害剤である「カボザンチニブ」において、MET阻害剤に獲得耐性を示したMET遺伝子変異陽性進行非小細胞肺がん(NSCLC)を...

量子コンピューターと創薬の未来(上)「顔合わせ」イベント (2024/4/8 電機・電子部品・情報・通信)

講演には国立がん研究センター東病院の吉野孝之副院長(日本癌治療学会理事長)と医薬品開発部門担当の今井光穂医員も登壇し、がん研究の現状や量子コンピューター活用への期待などを語った。...

キヤノンメディカル、米で次世代CT開発 日蘭に続き臨床研究 (2024/4/5 生活インフラ・医療・くらし1)

キヤノンメディカルシステムズは23年に国立がん研究センター、国立がん研究センター東病院と連携し、がん領域における臨床研究を開始。... 滝口社長は「がんや循環器は重要な領域。

最近は、アートを非代替性トークン(NFT)にして、ウェブを通じてグループ社員に販売し、売り上げを小児がんの子どもたちの支援事業に寄付する取り組みも実施した。

住友化学、短期集中で業績改善 株売却でキャッシュ創出 (2024/4/4 素材・建設・環境・エネルギー2)

抗精神病薬「ラツーダ」の米国での特許切れや、前立腺がん治療薬など基幹3製品の販売が想定を下回るなど収益は厳しい。

エーザイ、2剤を38億円で売却 (2024/4/3 生活インフラ・医療・くらし2)

エーザイはアルツハイマー病治療薬「レカネマブ」や抗がん剤「レンビマ」などを展開する。譲渡により、神経領域やがん領域といった戦略的重要領域の開発に集中する。

陽子線治療とは放射線の一種である陽子線をがん組織に照射する治療法。がん組織に放射線を集中できるため、X線よりも他の臓器を傷つけずにより効果的に当てられる。 ... 陽子線治療では、が...

企業信用情報/29日・1日 (2024/4/2 総合2)

【数字の見方】 ①業種②所在地③資本金④代表者⑤負債額⑥事由 【29日】 ◎小澤 ①雑貨販売②山口県下関市③4000万円④片岡牧⑤14億4...

患者ががんの治療方針を検討できる検査手法の確立につながる。 免疫細胞の表面に存在するたんぱく質「PD―1」に、がん細胞が作るPD―L1が結合することで免疫が抑制されてがん細胞が増える...

富士通Japanなど、がんゲノム医療DB化 統合システム開発 (2024/4/1 電機・電子部品・情報・通信)

富士通Japan(東京都港区、長堀泉社長)は、静岡県立静岡がんセンターと共同で、全遺伝情報(ゲノム)の解析と、リボ核酸(RNA)の配...

ニュース拡大鏡/TXP、生成AIで医療現場支援 患者ごとに最適創薬 (2024/3/29 生活インフラ・医療・くらし2)

がん臨床・研究同時に TXPメディカル(東京都千代田区、園生智弘社長)は、生成人工知能(AI)を活用した医療現場支援を進める。医療基盤・健康・栄養研究...

がんや認知症は免疫機能の衰えから起こることが多く、生活習慣の整備で免疫機能の低下を抑えればある程度の予防になる。

エーザイは25日、抗がん剤「レンビマ」の米国における特許侵害訴訟について、インド製薬企業のサン・ファーマシューティカル・インダストリーズと和解契約を結んだと発表した。

住友ファーマと大塚薬、新薬候補化合物でライセンス契約改定 (2024/3/26 生活インフラ・医療・くらし)

住友ファーマは開発優先品目を見直し、がん領域や再生・細胞医薬事業に注力することにした。

「簡易検査が可能なマイクロ波マンモグラフィーの登場で、(女性の)がん罹患(りかん)率トップの乳がん検診の受診率が高まるだろう」と期待するのは、電気通...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン