178件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

インドネシアのイスラム教徒は、17日から1カ月間の断食月に入る。

米国大使館のエルサレム移転の際、イスラム教徒の心情を逆なでするようなことをするだろう。... アジア大陸とアラビア半島を視野に入れたイスラム市場の拠点地を目指し、製造業やサービス業を中心にイランへ進出...

米テロ組織監視団体SITEによると、声明は「テルアビブもイスラム教徒の土地だ」と題された5分間の動画にまとめられている。... イスラエル軍はこれまでに戦闘機を使った空爆で、ガザを実効支配しているイス...

観光業の活性化はムハンマド皇太子が主導する脱石油依存の経済改革の一環で、今年中にも非イスラム教徒の外国人への観光ビザ発給が本格化するという見方が出ていた。  ... サウジは従来、イスラム教徒...

インドネシアは世界最多のイスラム教徒が暮らす国だが、比較的寛容で都市では酒も買える。

ミャンマーも、イスラム教徒のロヒンギャ虐待で、国際的に評判を落としている。

パレスチナ人のみならず、全てのアラブ人、イスラム教徒、キリスト教徒を挑発しようとしている」と非難した。

「テロ対策」を名目としたAIの利用が特に進んでいるのが、イスラム教徒の少数民族が多く暮らす新疆ウイグル自治区だ。

CAFは、ミャンマーがトップの理由は、国民の大半が仏教徒で喜捨が盛んなことを反映、としている。... 最近、世界で問題視されている、ミャンマー国内で少数民族として認知されていないイスラム教徒の「ロヒン...

「来られていない顧客」として次に着目したのがムスリム(イスラム教徒)の訪日旅行者だった。

売り上げが軌道に乗ったところで、イスラム教徒が多い同国の利点を生かし、中東やアフリカ諸国への輸出機会もうかがう。

訪日イスラム教徒の増加に伴ってハラール市場の拡大が見込まれるという。... ハラールでないものは成分や存在が不浄なものとされ、イスラム教徒は口にすることができない。

ハラール対応、認証は不要? 食材の情報開示が重要に (2017/9/14 建設・エネルギー・生活2)

(大城麻木乃) 7月下旬に、都内で開かれた日本・東京商工会議所主催のムスリム(イスラム教徒)観光客対応セミナー。

トランプ政権が進めようとしたイスラム教徒の入国禁止措置を強く非難するなど、強硬なアンチ・トランプ派としても知られる。

大統領によるトランスジェンダーの軍入隊禁止提案やパリ協定からの離脱、イスラム教徒が多数を占める国々からの入国制限を受け、グーグルやアップル、フェイスブックはそれを批判する声明を出した。

イスラム教徒が多いマレーシアでは食品のハラール認証が厳しい一方、「きっちり認証がとれれば、アジア展開しやすい」(三田村執行役員)という利点がある。

日本にとって最大のライバルはフランスとみられるが、万博初開催を目指すロシアや、イスラム教徒を多く抱えるアゼルバイジャンにどこまで支持が集まるか予断を許さない。

(2回掲載) 多くの出展企業がアピールしたのは、イスラム法に則したハラール認証への取り組み。... タイは仏教徒が多いが、マレーシアとの国境に近い南部を中心にイスラム教徒がいる。

郵船ロジスティクス、タイ国内倉庫で初のハラール認証 (2017/5/16 建設・エネルギー・生活2)

郵船ロジスティクスはタイ・レムチャバンの倉庫で、同国の物流業界では初めてとなるイスラム法に則したハラール認証を取得した。タイでは、東南アジアの食品市場のハブとしてイスラム教徒向けハラール食品の生産、輸...

イスラム教徒(ムスリム)向けなどの祈祷室は、6月5日の開設予定。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる