電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

57件中、3ページ目 41〜57件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

東日本大震災の復旧・復興対応のほか、海上輸送での二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献するエコシップ開発、タイでの学校支援活動、国内教育現場のモノづくり魅力向上活動を紹介している。...

エコシップ・モーダルシフト事業実行委員会は、2010年度の「第2回エコシップマーク」認定事業者を決定した。

概念設計を完了したタンカーとバラ積み船はエコシップとして開発している「eFuture」の第2弾。

造船各社が燃料消費量を大幅に削減できる船舶「エコシップ」の実用化に本腰を入れている。... 円高基調の中、国内造船業は燃費改善技術を核にしたエコシップで発注元となる海運会社に訴求する考え。... 各社...

【エコシップ】 三井造船では環境負荷を低減する“エコシップ”として、二酸化炭素(CO2)排出量を現状に比べて23%削減する手法を検証した。

寺崎電気産業はエコシップ改造事業に本格参入する。... 需要が見込まれるエコシップ改造を軸にしたエンジニアリングを新たな柱として育てる。... エコシップ改造で年間2隻程度の受注を見込む。

こうした認識を持って造船業界は環境負荷を軽減する“エコシップ”の技術開発に力を入れる。エコシップ開発を迫られる背景にあるのは、国際連合の専門機関の国際海事機関(IMO)による有害物質排...

排出増加に歯止めをかけようと自動車メーカーはエコカー、造船メーカーはエコシップの開発に力を注ぐ。

「エコシップ」と呼ばれる環境に優しい船の開発が活発化している。... 日本の造船各社は相次いで開発に乗り出しており、エコシップ市場が芽吹き始めた。... エコシップが次代の造船市場における主戦場になる...

商船市場が停滞する中、省エネ・環境性能を高めた「エコシップ」の開発に力を注ぎ、受注につなげる。(最終面に「深層断面」) ユニバーサル造船は4月に次世代船開発部を新設し、環境負荷...

ITで地球をより“賢く”し、社会問題の解決を目指す ○クラウドコンピューティング、ビジネス分析・予測サービスによる新市場開拓をリード ◆NTT ○光回線と携帯電話の新...

電気推進船は推進用動力源をディーゼルエンジンから電動機に置き換えて操作性能を高めるとともに、低振動・低騒音などを追求する「次世代内航船スーパーエコシップ」。

中国総合通信局、情報通信研究機構などとの共催で電気推進船のスーパーエコシップの建造から環境負荷低減技術、高度船舶安全管理システム技術の課題と可能性を探る。 アイ・エイチ・アイ マリンユ...

【動力に燃料電池】 一方の日本郵船は今年4月に2030年を開発目標とする未来のコンテナ船「スーパーエコシップ2030」を発表している。

(小川淳) 日本郵船は2030年を目標にCO2排出量を大幅に削減する省エネコンテナ船「スーパーエコシップ2030」を考案した。太陽光や風力、燃料電池を組み合わせて動力にするうえ...

同機構は環境に優しい次世代内航船「スーパーエコシップ(SES)」の導入を推進する。

エコシップが“七つの海”を疾走する時代が、そこまで来ているようだ。 ... ≪ひとくちメモ≫ 鉄道建設・運輸施設整備支援機構は環境に優しい次世代内航船「スーパーエコシップ(SE...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン