電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

549件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

生成AI×電子教科書 同志社大など来春実証 (2023/11/30 科学技術・大学2)

同志社大は22年度から「同志社データサイエンス・AI教育プログラム(DDASH)」を実施しており、今回の実証事業はその一環。

滋賀大学はデータサイエンス(DS)学部・大学院DS研究科を増強する。

研究室の学生はデータサイエンスを学び、眼科研究にAIを取り入れる。

JX金属、攻めのIT推進 事業部横串でデータ連携 (2023/11/9 素材・建設・環境・エネルギー2)

収集したデータの連携・活用にも本腰を入れる。... 数年前には、事務系を含む新入社員を対象に入門編のデータサイエンス研修も始動。... 中村常務執行役員は「データを用いた現場の改善事例も出てきた。

横浜市大、データ分析人材育成の参加者募集 (2023/11/9 科学技術・大学2)

横浜市立大学はデータサイエンス分野の人材を育てる活動「WiDS TOKYO @ Yokohama City University」で、短時間でのプレゼン...

「AI(人工知能)時代の人に寄り添う力」をテーマに、同大の研究など連携のシーズやデータサイエンスへの取り組みなどを紹介する。

武蔵野大学データサイエンス学部の武藤(たけふじ)佳恭教授の研究室は、データサイエンス(DS)を武器に切り込む対象が多岐にわたる。... 「公的データ...

生成人工知能(AI)や量子コンピューターの登場などでデータセンター向け半導体の需要は急増している。 ... 戦略の一つ、データ処理の中枢を担う先端ロジック半導体では、...

このほか、全国に会員を持つ団体、ものづくりなでしこと災害時の連携・支援協定を締結、岡山大学DS(データサイエンス)部の学生との定期的な交流懇談会などを行った。

東洋大、12月にデータサイエンスセミナー (2023/10/30 科学技術・大学)

東洋大学産学協同教育センターは2023年度中核人材育成ウェブセミナー「明日からできるデータサイエンス―失敗しない意思決定に向けて」を12月13日15時から開く。情報通信技術(ICT)の...

シミュレーションよりは実験装置を使ってデータを取って評価する研究室が多い」 ―大学を取り巻く環境をどう見ますか。 ... 【記者の目/人材の輩出、総合力問...

「リアルワールドデータと呼ばれる医療の実診療データを使って、適切な医療を普及していく活動をしている。リアルワールドデータには医療機関での診療報酬明細書(レセプト)や電子カルテなどのデー...

25年4月開設、吹田みらいキャンパスに 関西大学は11日、2025年4月開設のデータサイエンスを専門とする新学部を「ビジネスデータサイエンス学部(構想中&...

学生は人工知能(AI)の場合は情報、統計・解析、データサイエンスなど、量子コンピューターの場合は量子力学から学んでいる。

不断 デジタル人財育成(23)AGC 専門性との“二刀流”重視 (2023/10/11 電機・電子部品・情報・通信)

2018年からは素材開発や生産、販売、物流などの業務知識を持つ社員がデータ解析技能を有する二刀流人財となるよう、データサイエンス教育を展開している。... 一般教養を身に付けた入門レベル、データサイエ...

AI新時代/THK 機械部品の異常を予測 (2023/10/6 モノづくり)

エッジコンピューティングやクラウドに送られたデータをAIが即座に分析する。... データと一言に言っても、その受け手によって捉え方は大きく変わる。勝又育秀IOTイノベーション本部ソリューション開発部部...

ほしい人材×育てる人材(127) (2023/10/3 マネジメント)

(編集委員・山本佳世子) ―3年次からのコース制で、滋賀大学との連携による「音楽データサイエンス・コース」を設置しました。

不断 デジタル人財育成(21)キヤノンMJ グループ全社でDX検定 (2023/9/27 電機・電子部品・情報・通信2)

また、人工知能(AI)やデータサイエンスを学ぶオンライン学習ツール「Aidemy Business」の導入などで基礎教育も拡充する。

不断 デジタル人財育成(20)京葉銀行 企業内大学、知識底上げ (2023/9/20 電機・電子部品・情報・通信)

また、情報処理推進機構(IPA)のデジタルスキル標準を参考に、銀行業務に必要なスキルとしてビジネスデザイン、データサイエンス、テクノロジーの3分野を定義した。

関西大学は14日、2025年4月にデータサイエンスを軸に据えた新学部を設置する構想を発表した。... ビジネスの知識を得ながら、データサイエンスに関連する学びや技術の取得を目指すカリキュラムを整える。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン