電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

130件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.039秒)

次期中計、連携の成果示す ―スウェーデン・ボルボグループとの包括提携やホンダとの燃料電池(FC)トラックの共同研究など他社との連携を広げています。 ...

いすゞ自動車の片山正則社長は21日、日刊工業新聞社のインタビューに応じ、スウェーデン・ボルボグループとの包括提携について「モノづくりは合理化していきたい。... いすゞは提携の一環...

スウェーデンのボルボグループとの包括提携を発表したいすゞ自動車。... 「その手前でまず設計面の共通化などから始めたい」と買収予定のボルボ傘下のUDトラックスを含めた相乗効果を狙う。

ボルボグループは先進分野で、韓国サムスンや米エヌビディアと戦略的な提携を結んだ。... ボルボグループはオープンな対話をしている。... だが、ボルボグループのUDトラックスに良い品質で納入しているサ...

運転手不足・CO2削減、物流課題解決目指す いすゞ自動車とスウェーデンのボルボグループが商用車分野で包括提携を決めた。... いすゞ自動車の片山正則社長はボルボとの包括提携の経緯につ...

いすゞ自動車は18日、スウェーデンのボルボグループと商用車分野で包括提携すると発表した。... いすゞは中小型トラック、ボルボは大型トラックとそれぞれの強みによる事業の補完関係が見...

いすゞ自動車がボルボグループと包括提携に乗りだした狙いは、自動運転などの先進技術開発のテコ入れだけでなく、グローバル市場での事業体制の強化もある。いすゞとボルボでは得意とする車型が...

一方、UDトラックスはスウェーデン・ボルボグループの人材を生かすなど、19年に整備士を海外から約130人採用する計画だ。 ...

親会社のスウェーデン・ボルボがノルウェーの鉱山などでレベル4の実証実験を実施しており、ノウハウを共有する。 ... 酒巻社長が「ボルボグループは独ダイムラーの動きを意識している」と明...

最近では、同じボルボグループでUDブランドの新興国向けトラックを扱う『グループ・トラックス・アジア&JV』のアジア事業の経営判断を当社に一本化した。... 親会社のボルボと同じ基盤を持っていて...

親会社のスウェーデンのボルボ傘下として、アジアでのトラックの生産や販売のマネジメントをUDトラックスに統合し、迅速な判断ができるようにする。... ボルボグループでのアジア向けトラックの生産や販売につ...

「(親会社の)ボルボグループで言うと、運転席のない自動運転EVトラックコンセプトカー『ベラ』を発表したが、あれが究極の電動化、自動化のトラックなのかもしれない。... この目標を下支え...

エンジンや変速機などはUDトラックス親会社のスウェーデン・ボルボグループで開発した共通技術を活用した。

スウェーデン・ボルボグループ傘下のUDトラックスもグループの開発力を生かし30年までに大型電気トラックの実用化を目指す。

UDトラックスは14日、大型トラックの国内販売シェアを数年内に25%へ引き上げ、スウェーデンのボルボグループで同社の強みを生かしたトラックの開発体制を強化すると発表した。... 大型トラックの...

同社のダグラス・ナカノ開発部門統括責任者はボルボ・グループの自動運転技術について「世界各地で実証走行している。

ボルボグループCEOのHakan Samuelsson氏(左)とバイドゥでインテリジェントドライビンググループなどを統括するYa-Qin Zhang氏(...

これらのシステムを素早く導入できる背景には同社がスウェーデン・ボルボグループの傘下にあることが関係する。ボルボグループが構築したスマート工場化に必要なシステムにアクセスできるようになっているためだ。&...

トヨタ自動車グループの日野自動車が独フォルクスワーゲン(VW)と商用車分野で包括提携を進めることで合意した。... 日野自の下義生社長は「商用車が直面する課題について、トヨタグループに...

グループの枠組み超える 商用車業界でグループの枠組みを超えた提携が動きだす。... 三菱ふそうトラック・バスが独ダイムラーの傘下に入ったのは04年で、UDトラックスがスウェーデン・ボ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン