77件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

技術以外の研究テーマとして「リスクマネージメント」「リスクコミュニケーション」などが、産学連携の4分の1を占める点も目を引く。... 科学・学術の内容を正しく理解・判断し、適切にコミュニケーションでき...

日本リスク研究学会、日本信頼性学会、安全工学会および日本原子力学会と共同で、10―12月にシンポジウムや公開討論会を断続的に開催。多様な分野の専門家から安全やリスク制御に関する知見を得て、科学的な見地...

新基本計画はこうした事態を深刻に受け止め、「科学技術の可能性とリスクについて研究者らが連携し、国民に率直に説明する必要がある」と明記。 研究活動や成果を国民にわかりやすく伝える科学技...

計画策定に際しての基本認識として「原発事故により、国民は科学技術に対する期待と共に不安、不信を持つようになっている」として、危機管理やリスクコミュニケーションの充実も重要な政策課題だととらえている。

それがリスクコミュニケーションだ。

「想定外とは科学者にとって責任逃れの言葉」「原発の事故対応に専門家の能力すべてを結集する仕組みを早急に構築せねば」「リスクコミュニケーションでは、必ずしも事実をすべて伝えなくてはならない、ということで...

修士課程2年のコースで、原子力工学、原子力安全工学、リスクコミュニケーションなどの総合的な講義を行い、原子力専門技術者を養成するのが狙い。

リスクマネジメントやリスクコミュニケーション、異物混入対策など食の安全・安心にかかわる課題や解決方法を議論する。

消費者庁は2011年1月31日と2月17日、東京・一ツ橋の日本教育会館で「製品安全に関するリスクコミュニケーション推進の意見交換会」を開く。企業には消費者らとのリスクをめぐる円滑なコミュニケーションが...

この様な不始末にならないためにも、不断にリスクコミュニケーション(以下リスコミと略)という行為が重要である。 ... リスクメッセージの送り手の目線だけで発信していては、消費者(マス...

消費者庁は1月31日と2月17日に、東京都千代田区の日本教育会館で「製品安全に関するリスクコミュニケーション推進の意見交換会」を行う。リスクコミュニケーションの最新事情について、識者らが意見交換する。...

東京大学環境安全研究センターは22日13時―17時に、東京都文京区の東京大学弥生講堂・一条ホールで「リスクを見る」をテーマにシンポジウムを開催する。 ... 続いて、東大でリスクを研究する4人...

消費生活用製品の品種が日々増加し、製品単体では常識的で安全(社会が容認するリスクを持つ)な製品であるが、特定の製品と組み合わせて使用すると、途端に危険性が牙をむくものがある。... それは、ほんの少し...

危険な市場品に対するリコールも、社告などのリスクコミュニケーション・レベルでは定着したように見える。... リコールという、社会リスクを防ぐリスクアセスメントの基点としては甚だ心もとない感がある。&#...

リスクコミュニケーション(以下リスコミと略)という言葉が、先頃しきりとマスコミに登場し、その重要性が再認識されるようになった。 リスコミはリスク分析の1分野で、企業や組織が持つリスク...

「相互の理解と信頼のレベルを上げるリスクコミュニケーションを心がけよう」と説いている。

一方で製造側の「受け入れ可能なリスクは安全である」という考えは一般の人々には分かりにくく、リスクコミュニケーションの面で成熟社会といえる段階には程遠い。... 製造業など企業のリスクコミュニケーション...

1日目は「国際標準化機構(ISO)のリスクアセスメントの理論と理念と安全の仕組み」で、消費者向け製品、食品、機械の各安全の規格や仕組みを、2日目は「消費者・企業・行政の間のリスクコミュニケーションのあ...

土壌環境行政の最新動向や汚染の現状、汚染問題関係者間のリスクコミュニケーションのあり方などを説明する。

さらにリスクコミュニケーションの悪さも指摘できる。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる