6,834件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

神鋼商事(大阪市中央区)がトン当たり2万2750円で落札した。 関西鉄源が1月16日に行った前回の落札価格から同2900円の下落で、同10日に関東鉄源協同組合が実施した平均落札額から...

株式相場/続落 (2020/2/13 金融)

10日の日経平均株価は前営業日比142円安の2万3685円98銭、東証株価指数(TOPIX)は12・50ポイント安の1719・64と、いずれも続落。 ... 出来高は11億6146万...

株式相場/続落 (2020/2/11 金融)

10日の日経平均株価は前営業日比142円安の2万3685円98銭、東証株価指数(TOPIX)は12・50ポイント安の1719・64と、いずれも続落。 ... 出来高は11億6146万...

売上高は前回(19年11月)予想比1000億円増の15兆1500億円(前期比4.6%減)、営業利益は同400億円増の7300億円(同0.5%増)と前回の減益から一転し増益予想とした。日...

6日の東京株式市場は新型肺炎への警戒がやや後退し、為替相場が1ドル=110円近辺の円安に振れたことで、全面高となった。日経平均株価終値は前日比554円03銭高の2万3873円59銭...

為替の前提を円安に見直したことが大きな要因。... (「深層断面」に関連記事) 20年3月期の税引き前利益も同27・3%増の2兆9100億円(同2800億円増)に、当期利益も24・8...

中国政府は状況次第では補助金拡大や減税・歳出拡大なども視野にあるとされ、5日の東京市場は中国の対策を好感して円安・株高で推移した。... 日経平均株価終値は前日比234円97銭高の2万3319円56銭...

世界販売台数は前回見通しより5万台少ない150万台(前年比3・9%減)に下方修正するが、為替が想定より円安になることから売上高、利益とも据え置き減収減益を見込む。 ... ただ、これ...

コマツの19年4―12月期の地域別売上高は、中国が前年同期比20・7%減の941億円、アジア(日本・中国除く)が同40・0%減の1597億円、アフリカが同24・4%減の734億円。... 日立建機は地...

前回(19年10月15日)の落札価格からは同3600円高ながら、10日に実施した関東鉄源協同組合の平均落札額からは同1017円安。円安を材料に地場電炉買値と同水準の決着だったが「軟調な海外相場を受け天...

27日の東京市場は新型肺炎の拡散を警戒し、円高・株安で推移。... 日経平均株価終値は前週末比483円67銭安の2万3343円51銭。... 一方、市川氏は悪材料が解消されれば円安方向へ動きやすいとみ...

一方、22日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=110円前後とやや円安で推移。21日は同109円台に突入し、安全資産とされる円が買われる流れが強まった。「人から人にうつると明らかになった時点で相場がだ...

国内の鉄スクラップ市況は海外安への追随が遅れたものの、夏場からは本格的な下降トレンドに移行した。ただ秋季に入り海外の基調変化や円安環境を支えに反発基調で推移。... 会員企業を対象にダスト内不採用品の...

丸紅テツゲン(東京都新宿区)がトン当たり2万5650円で落札した。... 1月10日に実施した関東鉄源協同組合の平均落札額からは同1017円安だった。 堅調な国際相場と円安に振れる為...

2019年5月以来、およそ8カ月ぶりの円安水準。... 同調査では20年上期(1―6月)の平均為替レートをたずねたところ、大手企業の67%、中堅・中小企業の71%が「106―110円台」を予想、100...

株式相場/3日続伸 (2020/1/15 金融)

米中貿易協議の進展期待と円安進行を受け、買いが先行する展開が続いた。14日の日経平均株価は前営業日比174円60銭高の2万4025円17銭、東証株価指数(TOPIX)は5・37ポイント高の1740・5...

きょう米中「第1段階」署名 (2020/1/15 総合1)

円安・株高で推移 米大統領選後にリスク 14日の東京市場は米中貿易協議の先行き期待から、円安・株高基調で推移した。... 14日の東京外国為替市場は約8カ月ぶりの円安水準1ドル=11...

金融市場は“トランプ外交”に翻弄され、9日の東京市場は前日から一転、株高・円安が進んだ。... イランが米軍駐留のイラク基地を攻撃した8日に大幅下落した東京市場の株価と為替の円高が一転、9日の株価は終...

株式相場/4日ぶり反発 (2020/1/8 金融)

為替相場で円安が進んだことも好感された。7日の日経平均株価は前日比370円86銭高の2万3575円72銭と4営業日ぶりに急反発。... 出来高は11億5795万株、売買代金は2兆1251億円。 ...

本社定点観測/大手企業 社長100人に聞く (2020/1/6 景気アンケート(大手))

6月までの対ドル円相場は、「106―110円台」と回答した経営者が67%に達し、製造業を中心に、円安基調ながら業績は伸び悩む構図が鮮明になっている。

おすすめコンテンツ

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる