1,054件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

オランダを走る全自動車(化石燃料車やエコカーを含む)の数と充電設備の数を対比させると1基につき109台となる計算で、この数値が低いほど消費者にとって電気自動車(EV)へのシフトが魅力的となる。

化石燃料の需要が残る東南アジアでCCUSの役割は大きく、30年には3500万トン、50年に2億トン以上のCO2回収が必要となる見込み。... このため各社は、ガスタービンの燃料転換を脱炭素化の切り札に...

その脱炭素化の特徴は、大量に消費されてきた化石燃料から再生可能エネルギーへの代替が生じ、変化が非常に大きく早いことだ。... 【制約多い鉱山開発】 大規模な代替が生じる脱炭素化は、膨...

アンモニアは水素のキャリアや燃料などの用途も期待されており、技術の早期実用化を目指す。 ... そのためエネルギーや化石燃料を大量に消費し、温室効果ガスを排出している。

同ネットワークは、日本が注力するCCUSの技術確立へ各国と協力関係を構築し、今後も化石燃料需要が残るASEAN地域を中心に世界的な動きを加速させる。

化石燃料の電源構成割合、10年前と同水準 需要は減少せず (2021/6/16 建設・生活・環境・エネルギー1)

【ロンドン=ロイター時事】21世紀のための自然エネルギー政策ネットワーク(REN21)は15日、世界の再生可能エネルギー動向に関する2021年版のリポートで、19年に化石燃料が世界全体のエネルギーミッ...

炭素排出削減を求める圧力の高まりに直面する中、シェルは化石燃料からの転換で重要局面を迎えている。

液化天然ガス(LNG)は二酸化炭素(CO2)排出量が他の化石燃料よりも少なく、大気汚染の原因となる硫黄酸化物(SOx)の排出量はゼロ、窒素酸化物(NOx)も少ないといった特徴を持つなど、今後も中心的な...

ガス協会、カーボンニュートラル実行計画策定 (2021/6/11 建設・生活・環境・エネルギー)

実行計画は3段階あり、まずは即効性のある化石燃料から天然ガスへの転換や燃料電池(FC)などのガスの高度利用、次に二酸化炭素(CO2)とCO2フリー水素からメタンを生成するメタネーションの商用化、さらに...

化石燃料を使用しつつ温室効果ガスを有効活用したり、閉じ込めたりするところから技術開発が進み、燃料転換が実現する」 《環境ビジネスでは蓄電池分野に注力。

横河電機、圧力・温度伝送器をサウジで生産能力倍増 (2021/6/10 機械・ロボット・航空機2)

二酸化炭素(CO2)排出量を削減する「脱炭素」の動きが世界で進んでいるが、化石燃料からの脱却には時間を要し、中期的に石油・ガス産業は堅調に推移する見通し。

「当面は、再生可能エネルギーを増やしながら、石炭や石油、ガスといった化石燃料、原子力が一定の役割を担う。

脱炭素化が進む中でも臨海部の産業が発展を続ける方法、水素を軸とした非化石燃料への転換を図る方法などで具体策を練る。... 同市は横浜市などと合同で開催した専門家会合を通じ、川崎港と横浜港の将来について...

同時に白書では、水素や燃料アンモニア、蓄電池、資源循環などグリーン成長に向けた14分野で日本の特許競争力を調査した。... しかし、それを事業計画に移す大前提となるのは燃料の製造コストだ。... 化石...

また、1・5度目標と整合するように、炭素排出の多い化石燃料に対する新規の政府対外支援を段階的に廃止するとしている。

貨物自動車のCO2排出ゼロ化、環境省に要望 JCLP (2021/5/31 建設・生活・環境・エネルギー)

貨物自動車からの排出削減が日本社会全体の脱炭素化に不可欠とし、排出ゼロでの走行が可能な電気・燃料電池車の普及や化石燃料車を前提とした関連法制度の改正などを訴えた。 企業は再生可能エネ...

顧客となる自治体でCO2排出量の実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」の宣言が相次ぐ中、化石燃料を扱う炉のメーカーとして、CO2排出削減の取り組みを強化する必要があると判断した。

化石燃料を使う生産設備の電動化なども進め、50年までに製造時のCO2排出量をゼロにし、車のライフサイクル全体でのカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)につなげる」

三菱電、トルコで空調機増産 (2021/5/28 電機・電子部品・情報・通信)

欧州やトルコでは脱炭素政策により、化石燃料を使うボイラー式に代わりヒートポンプ式の暖房・給湯機の需要が急増している。

化石燃料の縮小で余剰となる施設は脱炭素化の拠点に再編する。... コスモエネルギーHDは「化石燃料から再生エネにどうバランスを取りながら入れ替えるか」(植松孝之専務)と慎重な姿勢をみせる。... 石油...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる