電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

797件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

市村清新技術財団、植物研究助成 継続含め24件 (2023/4/20 科学技術・大学2)

▽異なる常緑林タイプの樹木肥大成長の季節性および温暖化影響評価(石田厚・京都大学生態学研究センター教授)▽伊豆・三浦・房総に着目した高感度景観遺伝解析による海浜植物の海流分散機構の解明...

千葉大学の青木大輔准教授と東京工業大学の大塚英幸教授らは、植物由来プラスチックをアンモニア水で分解し肥料化することに成功した。

京葉銀行は千葉大学と地域の環境意識向上促進などを目指した活動「千葉大学×京葉銀行ecoプロジェクト」の2022年度実施報告会を開いた。報告会には京葉銀の熊谷俊行頭取、千葉...

関西圏では大阪工業大学などが、微生物の培養など生産プロセス開発を目的に、30リットル規模の拠点構築を進める。加えて神戸大学では、より高効率のスマートセル開発を担う。... 米中との競争激化確実 ...

【千葉】千葉興業銀行はフレスコ(千葉市中央区)が発行した「ちば興銀SDGs私募債」の依頼を受け、千葉大学医学部付属病院(同)に40万円を寄...

千葉大学は、西千葉キャンパス(千葉市稲毛区)に隣接する東京大学西千葉キャンパス跡地を産学・地域連携拠点として整備する「西千葉well―beingリサーチパ...

東京大学の河岡義裕特任教授らは、新型コロナウイルスが死体から生体に伝播するのを防ぐ方法を示した。... 国立国際医療研究センターと千葉大学、国立感染症研究所などとの共同研究。

昭和電工と日本製鉄は22日、6大学と共同で、工場排ガスに含まれる低圧・低濃度の二酸化炭素(CO2)を効率的に分離回収する技術開発に着手したと発表した。... 両社と大分大学と大阪大学、...

広告は千葉大学の宮崎良文名誉教授の監修を受けて作成した。

優勝したスタンフォード大学チームは、現在のグーグルカー、ウェイモのプロジェクトにつながり、自動運転車の最先端にいる。 ... 世界を震撼(しんかん)させた原...

「北陸未来共創フォーラム」では金沢大、富山大学、福井大学、北陸先端科学技術大学院大学が連携する。他は新潟大学、長岡技術科学大学と豊橋技術科学大学、山梨大学、岡山大学だ。 ... 他に...

ヤンマー、園芸分野を“深耕” トマトやイチゴの栽培支援 (2022/11/22 建設・生活・環境・エネルギー2)

(大阪・大川藍) 11月上旬、千葉大学内の試験栽培場では整然と並んだミニトマトの苗につややかな実が色づいていた。

最大の課題である姿勢制御技術の確立では、千葉大学の野波健蔵名誉教授らの支援で開発を本格化。さらに京都工芸繊維大学の山川勝史教授と連携し、スーパーコンピューターによる解析シミュレーションも実施中だ。

千葉大学の平原潔教授らと順天堂大学の海老原伸行教授らの研究グループは、アレルギー性結膜炎における目のつらいかゆみに関わるたんぱく質を突き止め、かゆみのメカニズムを解明した。

千葉大、災害治療学でシンポ 来月19日開催 (2022/10/27 大学・産学連携)

千葉大学災害治療学研究所は11月19日13時半から、同大の西千葉キャンパス(千葉市稲毛区)で「災害治療学シンポジウムin千葉2022 災害につよい社会づくりに向けて」を開く。災...

横浜銀行と千葉銀行は業務提携「千葉・横浜パートナーシップ」の施策としてそれぞれの連携校、横浜国立大学および千葉大学の大学発ベンチャーによるビジネスモデル発表会「千葉大学・...

現在は発達障がいを持つ人たちに対して木材セラピーがどのような効果をもたらすのかを調査している」(伊藤快) ◇宮崎良文(みやざき・よしふみ)氏 ...

米航空宇宙局(NASA)研究員などを経て94年千葉大学教授。

Smart119、札幌で救急隊支援サービス実証 搬送時間短縮など検証 (2022/10/21 中小・ベンチャー・中小政策)

Smart119(千葉市中央区、中田孝明最高経営責任者〈CEO〉)は、札幌市で救急隊の現場活動を支援するサービス「Smart119」の実証実験を始めた。... 同社は千葉大学発医療スタ...

千葉大学と海洋研究開発機構の研究グループは、温室効果ガスのメタンが主な発生源である北半球から南半球へどのように輸送されるかを解明した。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン