電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

360件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

重水素は陽子に加えて中性子が一つ原子核に含まれる。

核融合発電 重水素と三重水素の原子核をプラズマでぶつけて核融合反応を起こし、生じた熱を使い発電する。

原子の磁気を原子核の磁気と比較することで磁気の強さを求める。... 新手法は原子核が磁性を持つ場合に使え、ネオジムのほか、コバルトやバナジウムなどさまざまな磁性元素に適用できる。

ごく短い寿命の同位体(RI)の一つで通常の原子核に比べ中性子が多い「パラジウム123」の質量を決め、太陽系で観測される現象を説明できた。... 原子核を構成する陽子と中性子の合計が12...

原子核がアルファ粒子を出して別の原子核に変わるアルファ崩壊のメカニズム解明などにもつながると期待される。 ... ホイル状態のC12原子核の一部が、安定な基底状態のC12原...

同じ元素でも原子核に含まれる中性子の数が異なり質量が変わる「同位体」に注目。

水素の原子核や炭素イオンを、加速器で光速の約70%まで加速して腫瘍に集中して照射し、治療する。

原子核反応で放出された高速粒子の検出材への衝突を利用する飛跡法を改良し、試料を変えずに検出材交換のみで核物質粒子の種類と位置を正確に特定する。

特殊なクォークを含むK中間子原子は、原子核の周りを電子の代わりに負電荷を持つ中間子が回り、中間子と原子核間に強い相互作用が働く。この相互作用は原子核を作る力となるため、その定量的な解明が求められている...

原子核の中性子一つの違いを3オングストローム(オングストロームは100億分の1メートル)の空間分解能で可視化した。

1930年代になると重粒子線が原子核物理研究に使われ始めたが、医学利用には大型加速器が必要となるため70年代まで待つ必要があった。その後も、原子核物理以外の研究に重粒子線を供する施設がほとんどない状態...

日本原子力研究開発機構の西尾勝久研究主席、田中翔也学生実習生(近畿大学大学院生)と近畿大学の有友嘉浩教授らは、原子核が極度に安定した「安定の島」と呼ばれる原子核生成...

(木曜日に掲載) ◇量子科学技術研究開発機構(QST)量子生命・医学部門 量子医科学研究所 物理工学部 重...

日本原子力研究開発機構の岩本修グループリーダーらは、原子力や放射線利用の高度化に向け、原子核の基盤データベースを拡充、高精度化した。... 原子核の基盤データは、原子炉や加速器の開発・運用な...

その状態で原子核を高速でぶつけ合い、ヘリウムと中性子が合成される際に石油の8000万倍もの熱が得られる。

原子核融合で膨大なエネルギーを取り出す「核融合炉」の部材としてだ。

現在、超伝導回路やトポロジカル量子ビット以外にも電子や光、イオン、原子核などを量子コンピューターの情報担体とする手法が模索されており、百花繚乱(りょうらん)と言える状況である。

核融合実験炉イーターや原型炉で取り組む燃焼プラズマでは、核融合反応で生じたヘリウムの原子核がプラズマ自体を加熱し、その加熱が約70%、外部からの加熱の寄与は約30%とさらに複雑になる。

東京大学の吉川貴史助教と斉藤英治教授らは、原子核のスピンを利用した熱電変換現象「核スピンゼーベック効果」を世界で初めて実証した。... これによりマンガンの原子核の熱揺らぎによって白金との界面にスピン...

核融合は、軽い原子核同士が結合して重い原子核となる反応だ。核融合を起こすには、正の電荷による斥力に逆らって原子核同士を近づけるために、原子核を高エネルギー状態にする必要がある。高エネルギー状態の原子核...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン