電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

74件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

国土技術政策総合研究所は、建築物が地震の揺れと火災の被害を同時に受けた際、倒壊せずに継続使用できるかどうかの判定基準を作成する。

国土技術政策総合研究所は、高度経済成長期に整備された道路構造物の老朽化に対応するため、維持・管理業務に従事する人材を育成する。国土交通省地方整備局から人員を受け入れ、災害発生時の現地調査や道路構造物の...

国土技術政策総合研究所は、地盤データの入力によって宅地の液状化マップを作成できるソフトウエアを開発した。

三菱化工機や豊田通商、九州大学、福岡市の研究グループは、下水汚泥から水素を作り出す技術を開発した。... 国土技術政策総合研究所の研究委託を受けて福岡市中央区の福岡市中部水処理センターに実証施設を構築...

国土技術政策総合研究所は、過去の大規模地震で下水道管に生じた被害に関するデータベースを構築した。

国土技術政策総合研究所はこうした事故を防ぐため、1―2時間にわたって集中的に降るゲリラ豪雨が引き起こす浸水被害について、リアルタイムで予測可能なシステムの開発に挑戦している。 ...

防災科学技術研究所は省庁横断的な情報共有システムの構築に着手した。厚生労働省の災害派遣医療チーム(DMAT)の出動時に、国土交通省の道路被害情報があれば、最適な経路を選択できるなど、リ...

国土技術政策総合研究所防災・メンテナンス基盤研究センター国土防災研究室の片岡正次郎主任研究官らは電気や水道、道路などのインフラについて、災害復旧時の関係性を把握できるシミュレーション技術を開発した。

【さいたま】埼玉県下水道局が前澤工業、石垣(東京都中央区)、日本下水道事業団と共同で取り組んでいる「省エネ型水処理技術」の実証施設が小山川水循環センター(埼玉県本庄市)...

国土技術政策総合研究所は、土砂災害の発生を予測する手法の開発に着手する。... 国土交通省地方整備局が持つ観測機器からの情報伝送の可否などを把握した上で、土砂災害の危険性を判断する手法を構築する。

共同研究では、新技術を用いて既存の水処理施設を省エネ型に改造し、低コストで高効率な下水処理技術の開発を目指す。 ... 国土交通省国土技術政策総合研究所の委託研究として実施する。.....

国土交通省国土技術政策総合研究所は下水道の新設と同等の性能を確保しつつコスト削減を実現する「管きょ更正工法」が初めてJIS認定された。

国土交通省国土技術政策総合研究所は、ツイッターの書き込みをリアルタイム分析し土砂災害の発生検知に役立てる研究をスタートした。

国土交通省国土技術政策総合研究所からの委託研究事業である「下水道革新的技術実証事業(B―DASHプロジェクト)」として、和歌山市の中央終末処理場内にプラントを建設、2013年6月末から...

関西総合情報研究所は、関西大学総合情報学部発のベンチャー企業として2000年に設立された。... 研究と事業の歯車がかみ合い、ビジネスに直結する柱を見いだした関西総合情報研の成功は、後に続くVBにとっ...

中国地方整備局は11月1日14時から広島市中区の広島YMCA国際文化センターで「港湾空港技術特別講演会in広島2012」を開く。国土技術政策総合研究所や港湾空港技術研究所などの研究成果の普及などが目的...

国土交通省は下水道建設や維持管理の新しい経営モデル「コストキャップ型下水道」の適用可能性を探るため、愛知県美浜町をケーススタディーに選び、近く調査を始める。8月末に同町と国土技術政策総合研究所の間で協...

土木研究所(茨城県つくば市、029・879・6800)は11日10時から東京・神田駿河台の連合会館でインフラ関連技術者を対象に開発技術を紹介する講演・展示会「土研 新技術ショー...

国土交通省国土技術政策総合研究所から受託した実証事業「下水道革新的技術実証研究」として実施する。... JFEエンジの下水汚泥表面固化乾燥技術を用いて、焼却炉の廃熱で下水汚泥の一部を乾燥させて固形燃料...

東京都内やつくばエクスプレス(TX)沿線の企業との産学連携を促進し、相互の技術力の向上などが目的。... 基調講演は国土技術政策総合研究所が行い、研究事例発表は産業技術総合研究所と防災...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン