68件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

理化学研究所植物科学研究センターの平井優美チームリーダー、川出健介基礎科学特別研究員らの研究グループは、植物の葉の表皮と内部組織にある細胞が特定のたんぱく質(AN3たんぱく質)を介して...

【名古屋】基礎生物学研究所は愛知県岡崎市の同研究所内に培養細胞や遺伝子などの生物遺伝資源の保存拠点「IBBPセンター」を開設した。... 種子は冷蔵保存し、培養細胞や遺伝子、微生物、受精卵などはマイナ...

自然科学研究機構基礎生物学研究所の渡我部昭哉准教授らは福島県立医科大学などと共同で、神経細胞の形状を鮮明に観察する技術を開発した。

ネットワンシステムズは5日、自然科学研究機構(東京都港区)が愛知県岡崎市に持つ基礎生物学研究所、生理学研究所、分子科学研究所を接続するネットワークシステムを構築し、稼働を始めたと発表し...

2013年2月をめどに同機構基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)に保管施設を建設し、全国の大学が生物資源の予備を保管できる体制を構築。

名古屋工業大学は自然科学研究機構の基礎生物学研究所、生理学研究所、分子科学研究所の3研究所と連携協定を結んだ。研究者同士のネットワークを強化し、基礎科学分野の共同研究を推進する。... 3研究所の研究...

【名古屋】基礎生物学研究所の渡辺英治准教授と奈良県立医科大学医学部の松永渉助教らのグループは、メダカはミジンコの運動パターンからミジンコを瞬時に見分けて捕食することを突き止めた。生物が出す特徴的な信号...

基礎生物学研究所は28日13時半から愛知県岡崎市の岡崎コンファレンスセンターで動物をテーマにした一般講演会を開く。... 問い合わせは同研究所の上野直人教授研究室(0564・55・7570&#...

【名古屋】名古屋大学高等研究院の安益公一郎特任助教と基礎生物学研究所の長谷部光泰教授らのグループは、植物の成長ホルモンであるジベレリンが出現する過程を解明した。

【名古屋】名古屋大学理学研究科の高木新准教授と基礎生物学研究所の糠塚明研究員らのグループは、動物細胞の形や運動を制御する分子のセマフォリンが、リン酸化酵素のTORとたんぱく質の複合体を通じて細胞内のた...

【名古屋】基礎生物学研究所の野田昌晴教授らの研究グループは、熱などの刺激に応答して無機イオンを通過させる分子の「TRPV1」が、温度上昇などにより血液などの浸透圧を感受する性能が高まることを発見した。

【名古屋】基礎生物学研究所の小林悟教授、林良樹助教、橋山一哉研究員らの研究グループは、生殖細胞の性別を決める遺伝子を発見した。

【名古屋】自然科学研究機構基礎生物学研究所の西村幹夫教授、真野昌二助教、後藤志野大学院生(総合研究大学院大学)らの研究グループは、植物細胞において発芽や光合成などに関わる細胞内小器官で...

【名古屋】自然科学研究機構基礎生物学研究所の長谷部光泰教授らの研究グループは、シダ植物のイヌカタヒバの全遺伝情報(ゲノム)を解読した。

基礎生物学研究所の井口泰泉教授や大阪大学の研究チームは、動物プランクトンである「オオミジンコ」で雄と雌を決める仕組みを解明した。

自然科学研究機構生理学研究所、同基礎生物学研究所との共同研究による成果。

【名古屋】自然科学研究機構基礎生物学研究所の田中実准教授らは、メダカを使った研究で、せきつい動物の卵巣に卵をつくる幹細胞が存在することを突き止めた。

【名古屋】自然科学研究機構基礎生物学研究所の吉田松生教授らは、マウスを使った研究で、精子の元である「As型精原細胞」が精子に変化し始めても、もとのAs型精原細胞や変化過程の前の段階に戻ることがあること...

理化学研究所や基礎生物学研究所などが参加する世界15カ国からなる「国際アブラムシゲノム解析コンソーシアム」は、農業害虫であるアブラムシの全遺伝子情報(ゲノム)を解読した。... 生物の...

京都大学と基礎生物学研究所のグループは、細菌に感染した植物が細胞の内側にある液胞の物質を放出して身を守る仕組みを分子レベルで解明した。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン