63件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

大阪府立大学や大阪産業技術研究所の技術協力も得て開発する。... 新型ネジについて、大阪府立大と刃先形状ごとの切削量を計算するための解析や、ネジに施す熱処理条件の選定を進める。大阪技術研とは専用検査装...

関西の産学官、「イノベーション推進協議会」発足 (2018/3/8 中小企業・地域経済2)

関西地域の産学官が協力し、中堅・中小企業の技術開発や人材育成を支援する「イノベーション推進協議会=写真」が発足し、第1回会合を大阪市北区の池田泉州銀行で開いた。... 東会長は「技術のある中小が連携し...

天田財団、今年度前期の助成テーマ決定(下) (2017/11/9 機械・ロボット・航空機2)

【奨励研究助成A 若手研究者(塑性加工)】▽釧路工業高等専門学校福地孝平助教「熱輸送制御を目的とする局所発泡金属とAl基複合材料の接合に関する研究」▽香川大学松田伸也講師「CF...

【一般研究開発助成(レーザプロセッシング)】▽九州工業大学大学院秋山哲也教授「レーザフォーミングを用いた意匠面の作成技術の開発」▽東洋大学尼子淳教授「精密加工へ用いる時空間波形歪が補償された超短パルス...

天田財団、今年度前期の助成テーマ決定(上) (2017/11/7 機械・ロボット・航空機2)

【重点研究開発助成A グループ研究(塑性加工)】▽首都大学東京楊明教授、日本大学高橋進教授、職業能力開発総合大学校村上智広准教授「デジタルプレス加工のプロセス見える化・知能化技術開発」 ...

大阪産技研、17日から海外展開支援セミナー (2017/11/7 中小企業・地域経済2)

大阪産業技術研究所は海外展開支援セミナーを始めた。モノづくり企業が海外展開する際に必要な技術的課題などを共催するりそな銀行、近畿大阪銀行、日本貿易振興機構(ジェトロ)などの各専門家が解説する。... ...

大阪工大、14日に地域連携公開セミナー (2017/11/1 中小企業・地域経済2)

大阪工業大学は14日13―15時、大阪市北区の梅田キャンパスで「第1回地域産業技術プラットフォーム公開セミナー」を開く。コニカミノルタと共同開発したにおいの可視化チェッカーの事例や大阪産業技術研究所と...

官公庁や企業で活躍し、日本の発展や産業に役立っていると自負している」 ―高い就職率が注目されています。 ... その一環として、大阪商工会議所や大阪産業技術研究所と...

中小の支援充実カギ 大阪府立産業技術総合研究所(産技研、大阪府和泉市)と大阪市立工業研究所(市工研=大阪市城東区)が、2017年4月に統合し、大阪産業技術研究所(...

日本特殊陶業、SOFCを業務用で事業化へ 出力20kW級セル供給 (2017/8/8 電機・電子部品・情報・通信1)

6月に日立造船が大阪産業技術研究所(大阪府和泉市)と共同で出力20キロワット級SOFCの実証実験を始めているが、日本特殊陶業は業務・産業用での事業化に向けて同SOFCに使う大型の平板形セルスタックを供...

日立造船は25日、大阪産業技術研究所(大阪府和泉市)と共同で、固体酸化型燃料電池(SOFC)を用いる出力20キロワット級の業務・産業用発電装置の実証実験を始めたと発表した。... 同研究所内に設置(写...

大阪産技研が設立記念式典 「府市一体で中小支援」 (2017/7/5 中小企業・地域経済2)

大阪産業技術研究所は4日、同研究所本部・和泉センター(大阪府和泉市)で設立記念式典を開催した(写真)。同研究所は4月1日に大阪府立産業技術総合研究所と大阪市立工業研究所が統合して発足。... 府市の二...

大阪産業技術研究所(大阪府和泉市)と大阪工業大学は、産業振興などを通じた地域経済の発展のための連携協定を結んだ。... IoT(モノのインターネット)やロボット技術など次世代産業分野の共同研究や地元企...

■専用ミドルウエア実証 西日本プラスチック製品工業協会(西プラ)は2016年5月にIoT特別部会を立ち上げ、6月には経済産業省から「IoT推進のための社会システム推進事業」の採択を受...

大阪府立産業技術総合研究所(大阪府和泉市)と大阪市立工業研究所(大阪市城東区森之宮)が合併し、大阪産業技術研究所が1日に発足した。所員は約240人となり、東京都立産業技術研究センターの約330人に次ぐ...

新「大阪産技研」始動 スーパー公設試へ5年計画 (2017/4/6 中小企業・地域経済2)

大阪産業技術研究所(大阪府和泉市)は、多様な技術支援や研究開発の戦略的展開など5重点項目14案件からなる2017年度の事業計画をまとめた。同研究所は4月に大阪府と大阪市の公設試が統合して発足。21年度...

大阪府は世界的なライフサイエンスクラスターの形成に向け、新規事業として健康産業の創出支援や再生医療国際拠点の形成推進などを盛り込んだ2017年度当初予算案をまとめた。健康産業の創出・拡大に1152万円...

2017予算/大阪市、万博誘致に1.1億円 (2017/2/17 中小企業・地域経済2)

大阪市は16日、2025年の万国博覧会と統合型リゾート(IR)の誘致に向け、それぞれ1億1000万円と2500万円を新たに計上した17年度の当初予算案をまとめた。産業振興策では、オープンイノベーション...

大阪府は2017年4月1日に設立する「大阪産業技術研究所」の理事長に大阪市立工業研究所理事長の中許昌美氏(63)を決めた。... 大阪産業技術研究所は、大阪府立産業技術総合研究所(大阪府和泉市)と大阪...

大阪の二つの公設試験研究機関、大阪市立工業研究所(大阪市城東区)と大阪府立産業技術総合研究所(大阪府和泉市)の統合が決まった。... ゴーサインが出たことで、両組織の経営資源を融合した統合組織としてス...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる