1,000件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

9月4日に宇宙航空研究開発機構(JAXA)とリモート方式で共催した企業交流会では、JAXAが品質工学で宇宙開発の信頼性や効率を改善した事例を公開した。... JAXAは宇宙開発事業団だった1998年の...

内閣府宇宙開発戦略推進事務局がまとめた。... 宇宙安全保障は、内閣府が準天頂衛星システムの開発や整備に305億円、防衛省が宇宙状況監視(SSA)の強化に104億円を充てた。 ......

内閣府宇宙開発戦略推進事務局は9日、2021年度の政府全体の予算概算要求のうち宇宙開発関係分野をとりまとめ、20年度比49%増の5440億円になると発表した。... 文科省は、24年に宇宙飛行士の月面...

5年ぶりに改定された宇宙基本計画のキャッチフレーズである「独立した宇宙大国」を目指し、宇宙開発の促進が期待される。 文科省は、24年に宇宙飛行士の月面着陸を目指す米国の「アルテミス計...

宇宙船地球号の持続可能性 アフリカの多くの国々が独立し、世界人口が年率2%で指数関数的に増加した1960年代は、一方で、米ソ冷戦下における宇宙開発競争の時代であった。... フラーの...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の野口聡一さん(写真)が搭乗する米国宇宙船の打ち上げが、10月31日に決定した。... 野口さんを乗せた米スペースXの宇宙船「クルードラゴン」初号機は、同社の...

JAXAでは効率的(燃費消費が少ない)な高速ヘリコプターの開発と欧米の同種類の開発中の機体よりも高速な時速500キロメートルを目指して、主翼の両端に電動駆動の「アンチトルク」用プロペラを取り付けた独自...

開発の主眼は宇宙。... これらを目標にした同社技術が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「革新的衛星技術実証3号機」に搭載が6月に決まった。 ... 宇宙開発で先行する欧米は20―...

日本の宇宙産業は、政府を中心に大学や研究機関、大企業などで研究開発が行われてきた。... 海外の宇宙開発に目を向けると競争が激化しており、特に中国が急激に発展している。... 宇宙活動を支える産業・科...

政府は今後10年間の宇宙政策を示した「宇宙基本計画」を策定した。... 加えて衛星データの利用促進策として、サプライチェーン強化のための技術開発・実証事業に取り組む。... 同時にアジアなどこれから宇...

宇宙領域では、米国が第6の軍種として「宇宙軍」を創設したことを紹介。... 主要国が、厳しい電子戦環境下で使用できる装備品の開発を進めているとしている。 一般に日本は、宇宙開発やIT...

政府の宇宙開発戦略本部(本部長=安倍晋三首相)は29日、今後20年を見据えた10年間の国の宇宙政策の基本方針「次期宇宙基本計画」改定案を決定した。... 宇宙開発が進む米国や中国などに引けを取らない「...

トヨタ自動車は29日、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行とともに、宇宙開発ビジネスに投資するファンドに出資したと発表した。... 宇宙開発事業のベンチャー企業などを出資対象とし、日本の宇宙関連技...

日本原子力研究開発機構は、香港城市大学などと共同で、低温用構造材料として期待される「ハイエントロピー合金」の極低温における特異な変形メカニズムを解明した。... 宇宙開発などで求められる高性能な低温用...

スカパーJSATは11日、理化学研究所や宇宙航空研究開発機構(JAXA)などと連携し、スペースデブリ(宇宙ゴミ)を除去する小型衛星の開発に着手すると発表した。... スカパーJSATと理研は、宇宙で使...

産業春秋/宇宙開発の精華 (2020/6/2 総合1)

従来のロシアの宇宙船に比べて「情報が得やすくなった」と宇宙航空研究開発機構の担当者。 ... 新型宇宙船を打ち上げた米スペースXの『ファルコン9』ロケットは、こなれた技術で小型エンジ...

宇宙開発の裾野を広げられた」と話す。 ... 宇宙輸送の基盤強化 JAXAの山川宏理事長はHTV―XとH3ロケットについて「両者の開発が進むことで日本の自在な宇宙輸...

米航空宇宙局(NASA)は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙飛行士、野口聡一さんが搭乗予定の米スペースXの宇宙船「クルードラゴン」初号機を8月30日にも打ち上げると明らかにした。... クルード...

一方、中国やロシアは故意に相手国の衛星に衝突・破壊するキラー衛星や、衛星機能を失わせる高出力レーザー兵器を開発中と言われています。 ... 国際規制の実現前に各国が自国衛星の既成事実...

月には資源となる水が豊富に存在していると考えられており、それらを利用した「深宇宙開発ビジネス」への展開が期待される。 ... 自然エネルギーを使い大容量の電気が作れる未来技術の一つと...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる