129件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

だが、マルチマテリアル構造・接合研究室の槙井浩一室長は「自動車メーカーはダミー人形を乗せて安全性を調べる。... 衝突安全規制にかなった性能を発揮できたかなどを確認する。... 神戸総合技術研究所でも...

16年度の販売台数計画は前年度比60万台増の500万台超を見込むが、環境や安全規制の厳格化による市場影響が出るとみて増強ペースを遅らせる。... インドで20年までに2段階で実施される環境規制の厳格化...

関電、高浜4号機きょう再稼働 (2016/2/26 総合2)

厳格化した国の安全規制である新規制基準が施行されて以降、関電管内での原発再稼働は1月の高浜3号機(26日に営業運転を開始予定)に続き2基目。

厳格化した原子力施設の安全規制「新規制基準」運用下では九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)に続く3基目の稼働となる。 ... 関電として国の新規制基準に適合した原発の再稼...

保安検査を進めている原子力規制委員会に対して工程を提示した。福島第一原発事故を受けて導入した原発の安全規制「新規制基準」をクリアしての再稼働は、九州電力の川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)に続き...

■人間第一、秘密保持 ただ、ドローン(飛行ロボット)に関する法律改正や産業用ロボットの安全規制緩和など、個別の法規制見直しは進んでいる。... 「人間第一」「秘密保持」「安全保護」な...

これまで他国より厳しい安全規制によって海外製の日本参入がしづらい状況だったが、三和精機が国内規制に適応した仕様の製品づくりでBMIに協力。規制への適合が可能になったため国内市場の開拓に踏み込む。...

日本原子力研究開発機構安全研究センターは、軽水炉で炉心溶融などの過酷事故が起きた際に、格納容器の破損の原因となるガスがどう動くかなどを検証する実験を始めた。... 東京電力福島第一原子力発電所の事故が...

電気事業法に基づく安全規制から逃れるため、発電事業者が出力の小さい設備を複数設置する「分割案件」が発生している恐れがある。

新設する試験設備では衝突安全規制などの法規制への適合性を確認できるほか、製品設計や材料、接合技術などを検証し、結果をフィードバックすることで短期間で最適な提案が可能になる。 ...

安全規制や規格などのツールとして採用されれば一気に普及する」と期待する。 ... 中高層ビルにも導入され、震災時には、不動産管理会社の中央管理室から安全性の情報を各ビルに一斉配信する...

医薬品や医療機器、化粧品は厚生労働省などが定める品質・安全規制に対応し、苦情や有害事象に対する発生防止・再発防止に取り組まなければらならない。

高速道路並みの時速80キロメートル以上の衝突事故を模擬し、新素材の性能や安全性を検証することで自動車の軽量化技術の研究を促進する。... 世界的な環境規制を背景に車体材料に鉄やアルミニウム、炭素繊維強...

経済産業省 (7月11日)▽官房付(厚生労働省官房審議官)新原浩朗▽官房付(経済産業政策局地域経済産業政策課長)塩田康一▽経済産業政策局地域経済産業政策課長(復興庁統括官付参事官)星...

自動車の燃費規制や安全規制の厳格化を背景に、欧州車メーカーから米国勢に採用が広がり、日本では夜明け前といった様相だ。... 自動車のバンパーなどに利用すれば、衝突時の変形を制御し安全性を向上できるとい...

ブレーキ部品の日信工業は昨年末に開設したドイツ支店を基点に欧州の安全規制の動向などを把握し、開発に生かす。... こうした運転支援システムの開発は日本でも活発だが、欧州でも有力企業が取り組み、欧州の安...

ただ出力50キロワット時以上の場合に適用される安全規制が、50キロワット時未満では除外されるため、経済産業省は安全規制の実質的回避になるとして4月に省令を改正。

原子力規制委員会の安全審査に標準処理期間を設定し、終了時期の見通しを示すことを求めたのだ。... 澤主幹は福井地裁の判断を「安全規制は安全神話からの脱却を目指して厳格化されたのに、再びゼロリスクを求め...

茂木敏充経済産業相は15日の閣議後記者会見で、原子力発電所の再稼働について「政治判断は想定していない」と述べ、原子力規制委員会が規制基準に適合すると認めた場合は再稼働の手続きを進める政府方針をあらため...

軽く、さらに頑丈で安全な車を作る技術として注目されているのが「ホットスタンプ」だ。... 世界の燃費規制、安全規制の厳格化が主な理由という。

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる