電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

766件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

また、新たな取り組みとして4輪車メーカーにも外販できる高出力の駆動モーターを開発中だ。... (昨年開催の)『東京モーターショー』に出品した前2輪後1輪の“転ばないバイク”も数年内に世...

e―フォースは前後に計二つのモーターを搭載する。... 日産は19年の「第46回東京モーターショー」で、e―フォースを搭載したEVのコンセプトカー「アリア」を世界初披露した。

19年の「東京モーターショー」で公開した電気自動車「MX―30」については、20年度上半期に宇品第1工場(広島市南区)で量産開始し、日本でも20年度内に発売することを明らかにした。&#...

令和も多彩 国内新型車 (2020/1/3 自動車)

ホンダ 小型車「フィット」 2モーター式HV ホンダは主力小型車「フィット」を6年ぶりに全面改良して2月に発売する。HVモデルには、2モーター式システムをホンダの小型...

東京五輪・パラリンピックは日本の自動車関連技術を世界にアピールする絶好の機会となりそうだ。... 1964年の東京五輪以来、国内で開かれた全ての大会に車両を提供してきた。... ト...

レンズ越しに見た産業界の1年 (2019/12/27 産業界今年の一枚)

日本中の人々が2020東京五輪・パラリンピックや、新しい時代に夢と期待に胸を膨らませた年でもあった。... 久美子夫人(右)と仲睦まじくリチウムイオン電池の模型を手に笑みを浮かべた&#...

(総合1参照) ◇ ◇ 来場者130万人を達成した「第46回東京モーターショー」について振り返り「異業種との連携で新たな...

システムは「青空ワイヤレスチャージングシステム」の名称で、2019年10―11月の東京モーターショーで初公開した。

その象徴的な事例が、トヨタ紡織が今年の東京モーターショーで発表した次世代車室空間「MX191」だ。

NOKとグループ会社の日本メクトロン(東京都港区)が、触覚技術の開発を進めている。... まず10―11月に開催した「第46回東京モーターショー」に出展。... 3原触グローブは18―...

DX 変革を迫られる日本の産業(中)自動車の新たな事業機会 (2019/11/20 電機・電子部品・情報・通信2)

米国で開催された世界有数の技術展示会である「CES2019」や、先日開催された「東京モーターショー2019」では、サービスを意識した箱型の電動車両が多く展示され、そのコンセプトが示された。 &...

5G体感!プレサービス続々 KDDI、ドローンレースを中継 (2019/11/13 電機・電子部品・情報・通信1)

KDDIは2日に東京モーターショーで開催した飛行ロボット(ドローン)レースで、5Gを使ってレースの様子をリアルタイムに大型モニターへ中継した。

大手自動車部品メーカーの仏ヴァレオは「第46回東京モーターショー」でNTTドコモと協業し、5Gを使って自動運転車を遠隔操作するデモを世界で初めて披露した。

「第46回東京モーターショー」で、自動運転トラックの試作車や大型トラックの進化形などを展示。

第46回東京モーターショーが閉幕した。ショーの地盤沈下が指摘される中「未来のモビリティー社会」に焦点を当て、体験型展示を増やすなど内容を大きく変えた。... ショーを商談の場ととらえる部品メーカーから...

無料ブースに成功のカギ 異業種と連携、未来示す 日本自動車工業会(自工会)は5日、4日に閉幕した「第46回東京モーターショー」の総来場者数が130万900人に...

THIS WEEK (2019/11/4 総合2)

4日(月)大安 振替休日 ■産業・企業 ▽東京モーターショー閉幕 ■国 際 ▽9月の米製造業受注(5日0時、商務省)&#...

日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は、4日まで開催中の「第46回東京モーターショー」の来場者が100万人(前回は77万人)に到達する見通しを示した。来場...

残すところあと1日となった「第46回東京モーターショー」。... 一方、電動バイクといった次世代車もショーで示されている。

「第46回東京モーターショー」で、トヨタ紡織の沼毅社長が高らかに宣言し披露したのが、次世代車室空間「MX191」だ。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン