電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,198件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

東北大の電解触媒技術と東大の多孔質体合成技術などと東京都立大のアミン修飾シリカ技術を組み合わせる。

【浜松】光科学技術研究振興財団(浜松市中央区、晝馬明理事長=浜松ホトニクス会長)は、光科学分野の研究者の表彰制度「晝馬輝夫 光科学賞」の第6回受賞者を決定した。受賞者は...

(第1・3金曜日に掲載) エネルギー・金属鉱物資源機構(J...

東北大学はオンライン窓口対応チャットボット「HAGIBO」に米オープンAIの大規模言語モデル(LLM)「GPT―4」を導入する。従来は問いと答えの受け答え文を学習さ...

ブリヂストンは東北大の現地拠点内に研究開発チームを結成。... ナノテラスを研究開発に活用するため、23年12月に東北大の産学共創イノベーション拠点「グリーンクロステック研究センター」内に研究開発チー...

東北大学の鬼沢直哉准教授と羽生貴弘教授は、確率論的コンピューティングの性能を向上させる計算法を開発した。計算の基本単位となる確率ビットの発振を制限する。組み合わせ最適化問題を解くと、計算エラーを従来法...

この構造に着目し、東北大が2018年に樹立に成功したヒト胎盤幹細胞を3D的に培養して球状の胎盤オルガノイドを作製した。

さらに東北大と共同で2次元(2D)の壁面だけでなく、柱など構造物の状況を3次元(3D)表示できる技術も開発中。

07年東北大金属材料研究所助教、13年NIMS磁性材料グループ主任研究員、18年より現職。

東北大学災害科学国際研究所と九州大学データ駆動イノベーション推進本部、イオン、イオンモール、福島県いわき市は6日、対話型人工知能(AI)などを用いたデジタル避難訓練の実証実験に取り組む...

東北大学の森井雄飛助教らは5日、音速前後の炎の広がり方をつなぐ理論を構築したと発表した。同理論に基づいて数値計算すると、燃焼速度が音速を超えても衝撃波を生まずに安定した燃焼形態をとる条件がみつかった。...

東北大学は5日、「医療データ利活用推進センター」を設置したと発表した。患者の氏名などが分からないように加工し、ビッグデータ(大量データ)として大学や企業に提供する。薬や治療法、医療分野...

東北大学の小野円佳教授とAGCの安間伸一博士、伊藤節郎博士らは、省エネルギーなガラス強化技術を開発した。高温と低温で膨張率が大きく変わるガラス組成を特定した。急冷するとガラスが急激に縮んで大きな圧縮応...

「経営体としての東北大を高めていく」という。

デジタルサイネージやコミュニケーションなどの領域で生かせそうだ」(下氏香菜子) ◇笠原亮介氏(かさはら・りょうすけ)氏 ブライトヴォックス取締...

東北大総長に冨永悌二氏 (2024/1/25 総合3)

冨永氏は前東北大病院長でコロナ禍の指揮を執り、病院運営などで指導力に高い評価を受けた。同日、同大片平キャンパスで会見した冨永氏は「挑戦する東北大を先導していきたい」と抱負を述べた。... 【略歴】冨永...

【奈良】奈良先端科学技術大学院大学の西村明助教や東北大学の赤池孝章教授らは、硫黄原子が連なった構造を持つ化合物で生体機能を制御する「超硫黄分子」が酵母の寿命を延ばす効果があることを発見した。こうした寿...

23年東北大特任准教授(客員)コミュニケーションアドバイザー。

東北大と北大はルーツが東北帝国大学と同じで関係が深い。東北大は半導体関連の教員が約150人で、総面積約8500平方メートルのクリーンルームや、大学で唯一の300ミリメートルウエハーラインを持つ。......

東北大グリーン未来創造機構を窓口に、大学の「知」を地域課題解決に活用する取り組みで相互に協力する。東北大は2023年9月に福島県浪江町と同協定を結んでおり、福島県の「浜通り地域」自治体との協定締結は今...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン