電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

4,404件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

内閣府に出向し「経済財政諮問会議で消費増税や最低賃金の引き上げ、学校の情報通信技術(ICT)化など霞が関の政策をマルチにこなした」(政府関係者)。

消費増税による駆け込み需要の反動減など一過性要因により19―20年度は減少したが、新車需要は堅調。

前年度は台風被害や消費増税などがあり、新車購入が落ち込んだ。

産業春秋/消費税の総額表示 (2021/3/31 総合1)

小売り価格の表示が消費税込みになる。... 消費者へのアピール効果も絶大だ。 ... いつかやってくる次の消費増税時に、国民に痛税感を意識させないため―という思惑も透けてみえる。

医療機器については、19年10月の消費増税後の反動減から持ち直したと言えそうだ。

当初の出荷計画は年150万トンだったが、米中貿易摩擦や消費増税にコロナ禍が加わり、21年3月期は当期赤字を予想する。

ただ、足元では19年10月の消費増税などの反動増が続く。

消費増税前の駆け込み需要の反動減とコロナ禍で国内売り上げが減少した。

19年は主力の情報通信機器で基本ソフト(OS)の更新特需があったほか、消費増税前の駆け込み需要があった。

消費増税のあった14年以来の下げ幅。

経営ひと言/日鉄鋼板・丸山孝執行役員「まだら模様」 (2021/2/2 素材・医療・ヘルスケア)

「消費増税の影響かコロナ禍の落ち込みか、どちらがどの程度か見極めがつかない」。

国内向けは前年の消費増税前の駆け込み注文の反動減が重しになったほか、新型コロナの緊急事態宣言で春先の工事がストップしたことも影響した。

粗鋼51年ぶり低水準、昨年16%減8319万トン (2021/1/25 素材・医療・ヘルスケア)

米中摩擦や消費増税の影響にコロナ禍が追い打ちをかけた。

19年9月に適用された車載式故障診断装置の搭載を義務付ける法規制や、同年10月の消費増税実施前の駆け込み需要による反動減が主な要因。... 法規制や消費増税に伴い、前年同期の販売台数が例年より低水準だ...

一方、6月以降は、前年の消費増税の駆け込み需要から反動減となった9月以外は前年同月を上回り、回復基調が続く。

10月同様、19年は消費増税の反動で大幅に落ち込んだため、前年比では減少幅が比較的小さい。... 12月は前年の消費増税に伴う反動減がなく、前年の80%程度の見込み。

「消費増税による購買力低下などの影響で厳しい経営環境が続く中で、新型コロナという新たな脅威が直撃した。... だが、19年10月の消費増税時のマイナス34・1と比較しても落ち込みは大きい。

新型車効果に加え、前年が消費増税の実施で需要が低水準だったため反動増となった。

20年度は新型コロナウイルス感染症と前年からの消費増税の影響により、19年度実績比7・0%減での着地を見込む。... 消費関連貨物は同3・3%増の13億100万トンと想定。消費増税の影...

新型コロナウイルス感染拡大による“巣ごもり消費”は根強く、白物家電は清潔意識の高まりという追い風もある。... 前年同月が消費増税の反動減で低調だった影響もあり、軒並み2ケタ増となった。 &#...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン