電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,065件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

従来、タイヤの摩耗状態は専用の器具や目視で判断していた。

日東工器、低流量モニター投入 配管の流れ目視 (2024/4/12 機械・ロボット・航空機)

日東工器は樹脂金型などの水配管内の流れを目視するための機器で、流量が毎分6リットル以下の低流量タイプを15日に発売する。

富士通、品質管理を独で実証 不良検出精度99%以上に (2024/4/10 電機・電子部品・情報・通信1)

品質管理については、これまで生産ラインの作業者による目視で確認していたが、全行程の確認作業は長時間に渡るため、一つの束の最初と最後や生産途中などランダムでの確認しか実施できないという課題があった。安定...

エアロセンス、ドローン港湾点検実証 国交省から事業採択 (2024/4/10 機械・ロボット・航空機1)

災害発生時や夜間など、人による目視が困難な場合の対応も必要とされ、ドローン点検でこれらの課題解決を図る。

富士通フロンテック、ATMの外観検査を自動化 画像認識AIで正確判定 (2024/4/9 電機・電子部品・情報・通信1)

これまで、人の目視による判定ではエビデンスを残せないため、個人によるバラつきが生じるといった課題があった。

これにより目視外飛行による「空の物流」事業を加速させる。 第二種型式認証を取得すると、通常は許可・承認申請が必要な人口集中地区の上空飛行、夜間の目視内飛行、人または物件から30メート...

ドコモなど、自動運転型の草刈り機実証 衛星通信活用 (2024/4/9 電機・電子部品・情報・通信2)

機体の四方に設置したカメラから映像や機体の位置情報、自動運転走行ルート情報などを複合的に目視で確認することで、遠隔地からでも機体の状態をリアルタイムに把握可能。

例えば、自動計測した加工結果を目視で確認した上で次の工程に進めていた業務をアプリに置き換えることで、加工と計測工程の自動化や効率化などを実現する。

ネクストデリバリー(山梨県小菅村、田路圭輔社長)は、KDDIスマートドローン(東京都港区)、コミュニティメディカル(同)と共同で、奈良市で無人航空機によ...

不断 デジタル人財育成(40)オムロン 生成AIを自主的に使う (2024/4/3 電機・電子部品・情報・通信2)

現状、担当者が目視で確認して仕分けている作業を生成AIに置き換えるというもの。

ACSL、兵庫・豊岡市でドローン配送実験 (2024/4/2 機械・ロボット・航空機2)

ACSLは日本郵便と共同開発した新型飛行ロボット(ドローン)「JP2」を用いて、兵庫県豊岡市でレベル3・5飛行(過疎地上空などでの補助者なし目視外飛行)による荷物配送実...

連休を中心に目視で確認したところ、発行所の列が解消する時間は「(導入前は)多い時は15分ぐらい並んでいたが、5―6分になった」と東山動植物園を運営する名古屋市緑政土木局東山総合公園管理...

近鉄、車両側面カメラで発車安全確認 来月から検証試験 (2024/3/28 生活インフラ・医療・くらし)

運転室に設けるモニターで車両側面カメラの映像の視認性を検証し、現在乗務員が目視している車両側面とホーム間の安全確認の安全レベル向上につなげる。

エアロネクスト、下田でレベル3.5実証 (2024/3/28 機械・ロボット・航空機2)

エアロネクスト(東京都渋谷区、田路圭輔社長)は、子会社のネクストデリバリー(山梨県小菅村)、KDDIスマートドローン(東京都港区)と共同で、静岡県下田市...

トヨタ紡織、DX推進で業務倍速 社内事例共有し横展開 (2024/3/27 自動車・モビリティー)

従来は棚卸しの際、紙のリストを持ち歩き、目視で確認、手書きでチェックを入れた後、結果をデータ入力し直していた。

ロボでプラント保守 横河電が導入支援ソフト (2024/3/27 機械・ロボット・航空機2)

新開発の画像分析製品により現場計器の画像を人工知能(AI)で分析し、プロセス値データとして記録できるため、目視に比べて効率化できる。

キヤノンITS、画像解析AIシステムの開発効率化 (2024/3/27 電機・電子部品・情報・通信1)

ダッシュボードを通じて平時からの変化を目視で確認しやすくなる。

エアロネクスト、レベル3.5で配送実証 (2024/3/26 機械・ロボット・航空機2)

エアロネクスト(東京都渋谷区、田路圭輔社長)は、KDDIスマートドローン(東京都港区)、電通北海道(札幌市中央区)と、北海道新十津川町で過疎地上空などで...

同システムは異機種・複数機のドローンを活用した目視外・全自動のドローン運航管理システム。

南海電鉄、異常警告システム導入試験 AIで踏切内の人検知 (2024/3/15 生活インフラ・医療・くらし2)

特殊信号発光機の動作を目視確認した運転士は列車を停止させる。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン