1,082件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.024秒)

米株式市場でダウ工業株30種平均は前週、5日続落して週間での下落幅は1189ドルとなったが、今週は景気敏感セクターを中心に持ち直す動きをみせ、東京市場もその流れを引き継いだ。 市場想...

株式相場/4日続落 (2021/6/22 金融)

米連邦準備制度理事会(FRB)高官の発言をきっかけに米国で利上げ前倒しを警戒する見方が広がり、米国株が下落した流れが東京市場に及んだ。

また、直近では欧州中央銀行(ECB)が金融緩和の継続姿勢を示す一方、米連邦準備制度理事会(FRB)はゼロ金利政策の前倒し解除の見通しを示したことで、ユーロ安・ドル高が進行。「FRB全体は、物価高騰を抑...

NY金、弱含み 値位置探る展開 (2021/6/16 商品市況)

15―16日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、売買双方のポジション調整で、値位置を探る展開が続きそうだ。 ... 米連邦準備制度理事会(FRB)の量的緩和縮小前倒し...

6月15―16日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和縮小の検討開始が先送りされるとの見方も、金相場の強材料となっている。 ... 市中では、米連邦準備制度理事会(FR...

【ワシントン=時事】米連邦準備制度理事会(FRB)は2日公表した全米12地区の連銀景況報告(ベージュブック)で、5月下旬までの景気は「前回報告(4月)から幾分速いペースで緩やかに拡大した」と判断を引き...

米国の量的緩和の早期縮小観測が後退し、米長期金利の上昇が一服したこともドル安に寄与し、金相場への下押し圧力が和らいでいる。 ... 米国では資源高や材料供給不足などを背景に物価上昇が...

米金融緩和の早期縮小観測が後退していることが支えだ。... 米長期金利の指標である10年債利回りは25日、一時1・564%まで低下した。米連邦準備制度理事会(FRB)当局者のハト派な発言が続いているの...

THIS WEEK (2021/5/24 総合2)

24日(月)仏滅 ■政治・経済 ▽20日現在の日銀営業毎旬報告 ▽20日現在の日銀保有国債銘柄別残高、国庫短期証券銘柄別買い入れ額 ▽黒田東彦日銀総裁がオンラ...

【ワシントン=時事】米連邦準備制度理事会(FRB)は19日(現地時間)、4月27、28両日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を公表した。... パウエルFRB議長はFOMC後の記者会見で、米国債...

12日に発表された4月の米消費者物価指数(CPI)が予想を大幅に上回り、米長期金利が上昇したことで、金利を生まない金を圧迫している。... 4月の米CPIは、前年同月比で4・2%上昇と、2008年9月...

【ニューヨーク=時事】ロイター通信は12日、米連邦準備制度理事会(FRB)が、金融機関に対し、気候変動リスクがバランスシートに与える影響の軽減策に関する情報を提供するよう要請したと報じた。... 報道...

米国では景気回復に伴い、米連邦準備制度理事会(FRB)がいつ量的緩和の縮小を示唆するかに関心が集まり、引き続き米相場変動への警戒感は強い。 米株式市場は金融相場から業績相場に移行しつ...

米連邦準備制度理事会(FRB)の要人らが金融緩和の長期化を示唆する姿勢を崩さず、米長期金利の上昇が一服していることに加え、4月の米国の雇用者数の増加が鈍化したことでドル安が進行。... 2月に入り、新...

米中経済の復調に加え、脱炭素化の流れを受けて銅の使用量が多い電気自動車(EV)の普及観測が広がり、相場が押し上げられた。... また、米国は新型コロナワクチン接種の進展や個人への現金給付の効果で経済が...

NY金、堅調 3カ月ぶり高値 (2021/5/11 商品市況)

7日に発表された4月の米雇用統計がさえない内容となり、外為市場でドル安が進む中で水準を切り上げ、一時は1844・60ドルと2月上旬以来約3カ月ぶりの高値を付けた。... 弱い米雇用統計によって、米連邦...

【ワシントン=時事】米連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長は5日(現地時間)、2021年の米経済成長率が7%近くの高水準に達する可能性があると予測した。... 副議長は米CNBCテレビのインタ...

米サプライ管理協会(ISM)の4月の製造業購買担当者景況感指数は60・7、非製造業の同指数は62・7となり、いずれも市場予想を下回ったが好・不況判断の境界の50を大きく上回った。... 4日にはイエレ...

THIS WEEK (2021/5/3 総合2)

3日(月)赤口 憲法記念日 ■国際 ▽4月の豪求人広告件数(オーストラリア・ニュージーランド銀行) ▽3月の独小売売上高(統計局) ...

第一生命保険も責任準備金対応債券やプロジェクトファイナンスへの投資などで円債の残高を増やすが、国内株式はリスクコントロールを目的とする売却などで残高は減少する見込み。... ただ、経済正常化に伴う米連...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる