電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

3,028件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

しかし、第1相臨床試験であまり効果が見られず、開発を中止すると判断した。被験者から余剰の試験薬を回収しようとしたが、なかなか返してもらえない。... 臨床試験に際しては、狭心症の場合は循環器内科の医師...

他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った心筋細胞をシート状にして拡張型心筋症の患者に移植し、心機能の回復を目指す国内初の臨床試験(治験)を大阪大学の研究チームが始...

塩野義と長崎大、28年までにマラリア治療薬・ワクチンの臨床試験 (2024/3/13 生活インフラ・医療・くらし2)

塩野義製薬と長崎大学は2028年までにマラリア予防・治療薬とワクチンの臨床試験を始める。... 低分子予防・治療薬では複数発見した創薬ターゲット候補から臨床開発候補を選定、化合物の作用機序の有効性や安...

塩野義、ファンヘップと提携 花粉症治療薬で (2024/3/12 生活インフラ・医療・くらし)

ファンヘップが前臨床試験中の花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)向け抗IgE交代誘導ペプチド「FPP004X」の全世界での独占的研究開発、商業化権を取得するオプション権を得る。

製薬企業 変革の道筋(3)住友ファーマ社長・野村博氏 (2024/3/11 生活インフラ・医療・くらし)

パーキンソン病向けの他家人工多能性幹細胞(iPS細胞)由来ドパミン前駆細胞で世界初の治療技術としての臨床試験を日本で行い、プレゼンスを作る」 ―海外では北米市場がカギ...

調達した資金は楽天メディカルが手がける光を用いたがん治療法「アルミノックス治療(光免疫療法)」の第3相臨床試験に活用し、米国など複数の国や地域での承認取得を目指す。

日本の薬価算定制度や臨床試験の規定が海外の製薬企業の障壁となり、開発の遅れを招く。... (安川結野) 日本の薬価・臨床試験規定が障壁に ...

ニュース拡大鏡/塩野義、感染症薬開発を拡充 (2024/3/8 生活インフラ・医療・くらし2)

侵襲性アスペルギルス症やRSウイルス感染症向け、薬剤耐性(AMR)対策の臨床試験も進める。... グローバルでの開発を進めるRSウイルス感染症向けはフェーズ2臨床試験を始めた。AMR関...

日本、韓国、ベトナムでの軽症・中等症患者への第2・第3相臨床試験の結果が良好で、有効性や安全性が確認された。

「技術の目利き」やデータ解析、試験設計や研究そのものなど幅広く対応することが可能だ。 ... 目的に応じて社内外のデータを活用して「あたり」を付け、そこから製品開発や臨床試験といった...

塩野義と阪大、コロナ後遺症の予防法研究で連携 (2024/3/6 生活インフラ・医療・くらし2)

塩野義製薬と大阪大学は新型コロナウイルス感染症罹患(りかん)後の後遺症の予防法確立に向け臨床研究する。... 臨床研究のパートナー医療機関数は150機関の予定。 .....

ニュース拡大鏡/住友ファーマ、がん新薬照準 国内外で治験相次ぐ (2024/3/6 生活インフラ・医療・くらし2)

日本と米国、カナダ、韓国、台湾、シンガポールで単剤での試験を進めており、24年度上期にフェーズ2試験を始める予定。... TP―3654は非臨床試験で脾(ひ)腫や骨髄線維化、生存期間の...

塩野義、ADHD治療アプリで製販承認申請 (2024/3/4 生活インフラ・医療・くらし)

国内で6―17歳の患者164人を対象に行った第3相臨床試験で有効性や安全性の良好な結果を確認しており、申請できると判断した。 ... 臨床試験では治療開始6週時点で、不注意や多動・衝...

ニュース拡大鏡/キユーピー・広島大、アレルギー低減卵で臨床 (2024/3/4 生活インフラ・医療・くらし)

ゲノム編集、安全性確認・調理法模索 キユーピーは広島大学と共同研究しているアレルギー低減卵について、国立病院機構・相模原病院(相模原市南区)で臨床試験を4日に始める。...

新薬の非臨床試験での採用を見込み、製薬企業との協業で同技術の1年以内の実装を目指す。 新薬開発は1000億円以上のコストがかかると言われており、マウスなどの動物を使った非臨床試験の壁...

住友ファーマ、再生・細胞医療で日米拡充 (2024/2/26 生活インフラ・医療・くらし)

米国でも研究開発を進めており、23年にカリフォルニア大学サンディエゴ校で臨床試験を始めた。 ... 神戸アイセンター病院(神戸市中央区)で臨床研究に着手した。さらに、...

23年9月に人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製した心筋シートの重症心不全に対する臨床試験の最終結果が薬事規制当局に提出され、パーキンソン病や脊髄損傷に対する臨床試験も進行中である。...

2030年にも同デバイスの臨床試験を実施する予定。

経営ひと言/リンクメッド・吉井幸恵社長「千葉産の治療薬」 (2024/2/21 生活インフラ・医療・くらし2)

薬事承認取得を目指し、臨床試験を進める。

小野薬、海外で提携加速 機能たんぱく質・がん治療薬 (2024/2/19 生活インフラ・医療・くらし)

シャタックのたんぱく質は疾患関連の2種類の標的を制御する二価機能性融合たんぱく質で、非臨床試験で免疫制御作用を確認した。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン