電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,730件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

薄膜高断熱材『ファインシュライト』は社内だけでなく他社にも提案している。

有機半導体は大型ディスプレーやデジタルサイネージのほか、低コストのセンサーネットワーク、薄膜太陽電池など幅広い用途が見込まれる。

組成が徐々に変化する薄膜を繰り返し作製して、その性質を検討することで、未知の性質を有する材料の探索を進めている。

接着テープに貼り付けた2D半導体結晶に対して剥離を繰り返して薄くした後、基板上へと転写する簡単な方法により、良質な結晶性の極薄膜が得られる。

フラーレンを用いた通常のペロブスカイト太陽電池はフラーレンの結晶化のため薄膜形態が変化し、性能が低下する課題があった。 ... このフラーレン誘導体の薄膜は真空蒸着直後も150度Cに...

リンテックが薄膜ラベル開発 直接印刷並み透明感 (2024/1/9 素材・建設・環境・エネルギー)

厚さ12マイクロメートル、貼り付け機も開発 リンテックは厚さ12マイクロメートル(マイクロは100万分の1)の薄膜ラベル素材「PET12マイクロメートルラベル」と、専...

2024年に周年記念を迎える企業 (2024/1/9 編集特集)

2024年に周年記念を迎える企業(順不同) 100年/創業・設立1924年 社名所在地主な事業内容または業種 ...

ニッケル・コバルト酸化物薄膜に電流を流して性質を調べた。

HDDでは、ナノサイズの磁性体が薄膜状に塗布された円盤状のデバイスに、磁気的に情報を格納する(図1a)。... NIMSではHDD高密度化の鍵となる熱アシスト磁気記録媒体のプロトタイプ...

薄膜太陽電池用レーザーパターニング装置の技術を用いた研究開発用装置は展開済みで、量産用装置も開発中。

復権 半導体/JX金属執行役員・諏訪邉武史氏 スパッタ材新工場急ぐ (2023/12/15 素材・建設・環境・エネルギー)

成膜方法の一つであるスパッタリングにおいて、薄膜を形成するために用いられるスパッタリングターゲットの最大手であるJX金属。... 今後の需要見通しや戦略などについて、諏訪邉武史執行役員薄膜材料事業部長...

MOSFETのゲート電極など、ダイヤモンド表面を酸化ケイ素薄膜で絶縁する。

低温焼結に適したターゲット材を新たに作製し、スパッタ成膜法により薄膜形成する。

迫田研究員らは有限要素法による試料設計に基づき、電子線リソグラフィーで厚み0・4マイクロメートル(マイクロは100万分の1)のシリコン薄膜をナノ加工してフォトニック結晶を作製した。&#...

プレスや抜きパンチで鉄のシートなどを抜く工程でDLC薄膜により、摺(しゅう)動部品の丈夫さが向上する。

九大は内閣府のムーンショット型研究開発事業で極薄膜を利用してCO2をこし取る技術を開発している。

細胞培養で使うシャーレなどの前処理、マイクロ流路チップで使うプラスチック基板の貼り合わせ接着前の表面処理、高吸水性薄膜の人工皮膚、酵素センサー用基材、生理用品などの表面処理に使える。

ドムは人工衛星に搭載し、衛星の役割を終えると薄膜を広げる。... 薄い金属製テープが伸びることを利用して薄膜を広げる。... 薄膜を折りたたむ工程などではロボットの採用も視野に入れる。

先端材料技術展2023/紙上プレビュー(4) (2023/11/23 素材・建設・環境・エネルギー)

薄膜から厚物までの成膜技術、小型から中型サイズで少量スケールの量産など対応力を訴求する。

自動車部品向けに研究していた薄膜技術を応用、湿度が高まると有効成分を放出するシートを開発した。... 元々は車載用コンデンサー向けに開発していた「蒸着重合」という薄膜技術を農作物用資材に応用した。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン