136件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

社長に就いた今は、診療報酬改定や後発薬の普及など医療制度の変化の中を生きている。

国内では18年度の診療報酬改定で、医療や介護を地域で一体的に提供する枠組みの強化がうたわれた。

当社は製品の完成度や、出せている科学的根拠のレベルから考えると、米国の禁煙関連ベンチャーよりも優位に立つ」 【チェックポイント/遠隔診療評価の機運も追い風】 ニコチ...

中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)は7日、2018年度の診療報酬改定案を加藤勝信厚労相へ答申した。... 遠隔診療では、即時のやりとりができる情報通信機器を使い、対面診療と組み合わ...

きょうの動き (2018/2/7 総合3)

■政治・経済■ ◇12月と17年の毎月勤労統計調査(9時、厚労省) ◇12月の景気動向指数(14時、内閣府) ◇12月の消費活動指数(14時、日銀) ◇1月末の全国銀行...

診療報酬改定の影響などで、ドラッグストアの調剤部門の事業環境は楽観できない。

2018年度診療報酬改定で市販後に再評価できる「チャレンジ申請」創設が決まり、米国医療機器・IVD工業会会長の加藤幸輔さんは「すごく評価している」と満足げ。

財政審は18年度予算編成の取り組みについては、同年度の診療報酬改定で2%半ば以上のマイナス改定を要求したが、マイナス0・9%にとどまった。

2018年度の診療報酬改定で遠隔診療の評価を新たに設けることを示すなど、政府も普及に向けて動きだした。... (安川結野) 【対面診療を補完】 遠隔診療は、医師がテ...

【医療機器/医療費抑制圧力が影】 2年に1度の診療報酬改定を4月に控え、医療費抑制圧力が事業運営に影を落としそうだ。大手の医療機関の再編・淘汰(とうた)が進む中、業務効率化につながる...

18年度診療報酬改定では、医師や薬剤師などの技術料にあたる「本体」部分が0・55%引き上げられる。

薬価は市場での取引価格に近づけて見直されることから、2018年度の診療報酬改定では、薬価部分の引き下げが濃厚となった。 ... 医療費における国の財政負担を1400億円ほど抑えること...

18年度予算編成の具体的取り組みについては、同年度の診療報酬改定で2%半ば以上のマイナス改定を要求。同報酬を構成する「薬価」はもとより、医師の人件費である「診療報酬本体」も一定程度のマイナスを求めた。...

厚生労働省は、2018年度診療報酬改定に当たり、基本方針の骨子案を示した。... 遠隔診療の適切な活用、医療連携を含めた情報通信技術(ICT)などの有効活用も挙げた。

2018年度の診療報酬改定に向けた議論で、薬剤費が狙い撃ちにされている。政府は社会保障費抑制のため、診療報酬改定で全体の改定率をマイナスにする方針だ。... 政府はこれを約5000億円に抑える目標を掲...

千葉銀行と武蔵野銀行、診療報酬改定と対応策 (2017/11/22 中小企業・地域経済1)

千葉銀行と武蔵野銀行は12月13日13時から室町ちばぎん三井ビルディング(東京都中央区)で医療機関や介護事業者向けに「2018年報酬改定セミナー」を開く。日本経営(大阪府豊中市)の担当者が「診療報酬改...

厚生労働省は8日、病院や一般診療所などの経営状況を明らかにすることを目的とした2016年度の医療経済実態調査の結果を中央社会保険医療協議会(中医協、厚労相の諮問機関)に報告した。 ....

遠隔診療、継続し議論−中医協 (2017/11/2 総合2)

中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)は1日、2018年度診療報酬改定に向けて、外来医療における遠隔診療について議論した。情報通信技術(ICT)の活用に前向きな保険者側に対し、安易な推...

制度の持続可能性を高めるには、診療報酬を構成する「薬価」とともに医師の人件費である「診療報酬本体」もマイナス改定とする必要性があると指摘した。... 16年度の診療報酬改定率はマイナス0・84%だった...

遠隔医療は現状、診療報酬上の課題が指摘されているが、18年の診療報酬改定でプラス改定が期待され、医療機関の導入がさらに進むとみられる。 ... 16年にはスマートフォンと専用アプリケ...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる