電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

241件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

量子ドットは量子技術の基盤技術になっている。... 量子もつれを利用した量子コンピュターや量子通信。量子ドットをマーカーとして応用した医療技術にも展開されている。

インド政府は産業振興を促進し、技術力のある日本企業には商機が拡大する。... モディ首相はインド独立100周年の47年までに先進国になることを目標に掲げており、人工知能(AI)や量子技...

量子技術利用者などの定義を明確にすることで普及策が具体的になり、社会実装を加速できる。 内閣府の量子技術イノベーション会議でマイルストーンとタイムスケジュールを策定する。... 政府...

富士通、手術室運用の最適化支援 北米でシステム発売 (2023/9/18 電機・電子部品・情報・通信)

SCOは量子技術に着想を得た富士通独自の演算高速化技術「デジタルアニーラ」を組み込むことで、手術前後の患者の治療スケジュールに合わせて、手術室や手術に伴う機材・スタッフなどのスケジュールを素早く提示す...

科学技術と経済の会(JATES)は軽井沢プリンスホテル(長野県軽井沢町)で第99回技術経営会議本会議を開いた。... ほかには不確実な社会におけるリーダー像や量子技術の...

文科省と経産省、総務省を中心に人工知能(AI)技術への投資を増やした。... 量子コンピューターや量子通信などの量子技術には全省合わせて440億円を投じる。文科省事業で量子コンピュータ...

文科省とDOEは協定を結んでおり量子技術や通信、コンピューティングなどの分野で協力関係にある。

世界で戦う産学連携へ 本社研究開発アンケート (2023/8/24 科学技術・大学2)

先端技術の開発は一つの国だけでは成り立たなくなっている。... 例えば5月のG7サミット(先進7カ国首脳会議)を機に、半導体や量子技術に対して米IBMとグーグル、マイクロンから日米の大...

半導体、量子技術、人工知能(AI)の3分野について、米国人による中国企業への投資を規制する。これまでの「モノ」の輸出に加えて「カネ」の動きも規制することで、3分野の技術進歩を遅らせる狙...

バーチャル・パワー・プラント(仮想発電所)や気象予測に基づく電力需要の予測技術にも力を入れていく」 ―島田太郎社長は量子技術で社会課題を解決する「クオンタム・トランス...

このような課題を解決するために、量子科学技術研究開発機構(QST)では、人工多能性幹細胞(iPS細胞)などからミニ臓器を形成し、評価に用いることで、体内組織への薬剤の影...

経営ひと言/東芝・佐田豊執行役上席常務「量子技術が必要」 (2023/8/10 電機・電子部品・情報・通信2)

量子技術で社会変革を目指すもので、島田社長が掲げる。「社会全体がどう動くのかを可視化し、それを最適化するような世界図を作るため、量子技術が必要になる」。 「深刻な社会問題に向き合い、...

「AIを用いた施工管理技術」(戸田建設)、「ロボット技術による農業機械の自動化・無人化」(クボタ)など、人手不足の建設や農業分野での省人化や自動運転関連の開発も引き続き...

これは面白いキャリアになる」と説明するのは、産業技術総合研究所量子・AI融合技術ビジネス開発グローバル研究センター副センター長の堀部雅弘さん。 産総研から経済産業省に出向し量子技術の...

量子生命科学の開拓者 国の量子技術イノベーション戦略に基づき2021年2月に量子技術イノベーション拠点(QIH)の一つとして量子科学技術研究開発機構(QST&...

「量子・AI融合技術ビジネス開発グローバル研究センター」を設立した。技術開発だけでなく、ユースケース(活用例)創出と性能評価を通して「グローバルなビジネスエコシステムの構築を目指す」。...

産学官連携で社会実装へ 量子科学技術研究開発機構(QST)は、2022年に国の量子技術イノベーション拠点の一つである量子機能創製拠点に指定され、23年には対象とする量...

量子技術とは、原子や電子といった微細な世界で働く「量子力学」を利用する技術のことで、量子コンピューターや高感度な量子計測・センシングなどに応用され、医療や材料、エネルギーなどさまざまな分野での発展が期...

三菱UFJ銀行は13日、人工知能(AI)と量子技術の活用に強みを持つソフトウエア企業、グルーヴノーツ(福岡市中央区)の発行済み株式の約18%を取得し、持分法適用...

量子科学技術研究開発機構(QST)では、量子センサーなどに利用できる電子が持つスピンという特性やダイヤモンドなどの中に形成した特殊な欠陥に関する研究を行っている。 こ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン