電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

67件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

≪燃料電池電極触媒≫ 【地道な作業】 「一つひとつ問題をひもとくような、地道な作業の積み重ねだった」。キャタラー研究開発部の寺田智明室長は、燃料電池用電極触媒の開発...

【日刊工業新聞創刊100周年記念賞/キャタラー・田中淳夫副社長「次の100年作る」】 受賞製品はトヨタ自動車の燃料電池車「ミライ」の燃料電池電極触媒として開発した。... ...

●受賞部品《1面参照》各賞とも応募受け付け順 【超モノづくり部品大賞】 ▽ファイバ結合型高輝度青色ダイレクトダイオードレーザ BLUE IMPACT...

特に今回、「日刊工業新聞創刊100周年記念賞」としてキャタラーの「燃料電池電極触媒」を選んだ。

同社は住友金属鉱山と独化学大手BASFの合弁会社で、自動車触媒と化学触媒を柱とする。... 自動車触媒の拡大と化学触媒の再構築、水素など新分野への展開などがテーマだ。... FCV用電極触媒の開発を継...

【不純物が影響】 TRCが立命館大と共同で研究している案件に燃料電池電極触媒がある。... TRCは触媒中での硫黄成分の化学状態を調べるため、カソード側(正極)に二酸...

スタックはセパレーター(絶縁材)と膜電極接合体(MEA)で構成するセルを積層した構造。MEAは電極触媒、電解質膜、GDLの各機能膜を接合している。GDLは化学反応に必要...

太田特任教授は「電極触媒やイオン交換膜などで、次世代の材料開発を急ぐ必要がある」と指摘する。 ...

【執行役員水処理・産業装置本部産業装置統括本部技術統括部長兼開発センター副センター長】熊谷直和(くまがい・なおかず)氏 【横顔】入社以来、34年間一貫して電極、触媒の...

触媒の材料には一般的な燃料電池の電極触媒に使われているカーボンブラックではなく、耐久性と発電効率を高めるためカーボンナノチューブ(CNT)を使用した。

エネファームやFCVに用いられる固体高分子型燃料電池(PEFC)の電極触媒を製造する。... 田中貴金属工業は燃料電池用触媒で世界シェア首位。13年4月に触媒の開発・製造を事業部化する...

PEFCの基幹部品であるセルは、多孔質素材で電極触媒層やガス拡散層が構成され、細孔に水がつまると性能劣化につながる。

【重要な基礎研究】 近年、エネルギー問題や環境問題の解決に向けた取り組みが重要さを増すにつれて、電池や触媒などの機能材料に関する研究の重みも格段に増してきている。... これまでに透...

現在、PEFCの電極にはナノサイズの白金粒子をカーボン粒子に担持した触媒が用いられるが、カーボンの腐食で性能が劣化したり、燃料ガスに含まれる一酸化炭素(CO)などの不純物で白金触媒が被...

新しい電極はオゾンと白金を合金化させて新規の触媒層を構築。... 相反する特性を持つチタンと白金を合金化し、両方の長所を取り入れた電極触媒を構築。高い酸素過電圧と長寿命を併せ持つ電極の開発に成功した。

触媒に使う白金の使用量も4分の1に低減、コストは6分の1に抑えた。... 燃料電池のキー部材となる膜電極接合体(MEA、イオン交換膜と電極触媒を一体化した膜)や、セパレーターの流路を改...

【福岡】九州大学は14日、旭化成との共同により、白金などの貴金属を使わない電極触媒を世界で初めて開発したと発表した。 エタノールから極めて低電位で電気エネルギーを取り出す多孔性金属錯体を開発、...

安定性が高く高効率な電極触媒開発のほか、エネルギーナノデバイスなど、環境・エネルギー問題の解決につなげていく計画。

国内外の研究者を集めた体制を敷き、固体高分子形燃料電池(PEFC)に用いる電極触媒や電解質膜などの新材料の開発を進める。

ホソカワミクロンは29日、首都大学東京と大阪大学と共同で、白金使用量を従来比4分の1以下に低減した固体高分子形燃料電池(PEFC)電極触媒を開発した、と発表した。... これによりPE...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン