2,418件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

ワイマックは自社商品やOEM(相手先ブランド)商品を含めて150アイテム以上の多品種少量商品を手がける。... 東京の著名なヘアスタイリストとの理美容商品共同開発や美容商品のOEM供給などで、20年4...

自社の現地向けのほか、トヨタ自動車がインドネシアや日本国内、東南アジアで販売する車をOEM(相手先ブランド)供給している。

産業春秋/新たな感染リスク (2020/4/10 総合1)

欧州などへのOEM(相手先ブランド)供給を主力とするマレーシアのカレックスが、同国のロックダウン(都市封鎖)による製造停止で製品不足に陥る見通しを表明した。

ダイナミックプラス(東京都千代田区、平田英人社長、03・5213・4155)は、OEM(相手先ブランド)形式でホテル宿泊業界に参入する。... そこで宿泊業向けITベンダーにダイナミックプライシング機...

(台数を公表できない一因となるが)エンジンのOEM(相手先ブランド)では『クボタのエンジンを搭載している』とPRされる場合と、逆に納入メーカーの名前にして塗装ごと変えることもある」 ...

兄弟会社のワイマック(姫路市)が理創化研の製品を購入し、ワイマックの自社ブランドとして販売するほか、化粧品会社にOEM(相手先ブランド)製品として納めている。 &...

OEM(相手先ブランド)生産で供給し、2020年度中の発売を目指す。

OEM(相手先ブランド)生産で事業規模や製造拠点を広げる一方、次第に「ただ作るだけでなく、自分たちで値付けできる製品ができないか」との思いが社内で生じた。... 時代とともに技術やモノづくりの現場は変...

神鋼、コーベマグで国交相認定 (2020/3/25 素材・医療・ヘルスケア)

もともとは日鉄日新製鋼の前身に当たる日新製鋼からOEM(相手先ブランド生産)供給を受けていたが、19年4月以降は神戸製鋼が熱延の原板を自ら製造し、冷間圧延加工とメッキ処理を日鉄日新製鋼に委託する手順に...

OEM(相手先ブランド)生産も19年8月に開始した。... 付き合いの長い取引先で、その会社の40代半ばの社員も受け入れた。

現在の主力事業はOEM(相手先ブランド)で、意匠性、日本品質を追求する顧客を支える。... 自社ブランド強化への思いもある。

パイオニアブランドの製品生産だけでなく、新たな収益の柱を築くため幅広い分野で新規の顧客を開拓する。... ODM(相手先ブランドによる設計・生産)、電子機器製造受託サービス(EMS)、OEM(相手先ブ...

田路和男社長は「OEM(相手先ブランド生産)を含めると国内シェア85%」と胸を張る。... 一度に何十万本と納める中で不良が混じれば取引先が困る。

クボタが300馬力エンジン 23年量産、大型を拡充 (2020/3/2 機械・ロボット・航空機1)

自社の農業機械や小型建設機械に搭載するディーゼルエンジンはOEM(相手先ブランド)供給など外販も扱う。

第1回の04年は脱OEM(相手先ブランド)。

同社が製造したアースプラスは協力工場がマスクのフィルター用不織布やマスク自体に加工し、OEM(相手先ブランド)供給している。

安全性の高い国産品として、OEM(相手先ブランド)で提供する。... OEM製品は、乾く時間などが異なるまつエク用接着剤を20種類ほど用意。

ランディは日産自動車からのOEM(相手先ブランド)生産車で日産は「セレナ」として販売している。

自社で企画開発したブランド品「クロッカス」を主力商品に、ライセンスブランド品やOEM(相手先ブランド)供給品など低価格品から高級品まで幅広い扇子を取り扱っていた。... このため、百貨店以外の専門店で...

約3000種類の同軸コネクターを製造し、製品は全てOEM(相手先ブランド)生産。... OEMに依存しない体制づくりのため、展示会にも出展。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる