76件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

大型研究プロジェクトの提案・運営・成果活用を担う大学のリサーチ・アドミニストレーター(URA)。... 大規模大学は以前から競争的資金獲得のためのプロジェクト支援人材を置いていることもあり、本部所属の...

「地産都消活動と食文化」(小川廣男東京海洋大副学長理事)、「水産物・水産加工品と知的財産権」(前田敦子同大産学・地域連携推進機構URA・弁理士)などの講演がある。

東京理科大学は2014―19年度の「研究戦略中期計画」で、研究の企画・管理など支援業務を手がけるリサーチアドミニストレーター(URA)を現在の16人から32人に倍増させる。... 私立大は教員の授業負...

同事業は、若手研究人材や、研究の企画・マネジメントを手がけるリサーチアドミニストレーター(URA)といった研究支援人材の育成が狙い。

「イノベーションコーディネータ大賞・文部科学大臣賞」は、弘前大学で大学リサーチアドミニストレーター(URA)を務める工藤重光氏。

その働きがなければ両者の共同プロジェクトも、発明による多額のロイヤルティー収入も生まれなかったかもしれない▼産学連携コーディネーターや大学リサーチアドミニストレーター(URA)にとって、大成功を導いた...

研究プロジェクトの企画・運営・成果活用におけるCDとURAの協力強化が柱の一つだ。 ... しかし、ふたを開けてみると、学内ニーズは競争的資金の獲得支援が圧倒的で、URAの視野が狭くなっている...

現在、大型研究プロジェクトの企画・運営・成果活用を担う大学のリサーチ・アドミニストレーター(URA)が注目されているが、立命館大では研究部職員がこうした役割を担ってきた。

また学内の体制に関して、産学連携体制の橋渡し役のコーディネーター(CD)と、研究活動の企画・管理などを手がけるリサーチ・アドミニストレーター(URA)の連携を強めることの必要性にも言及。両者の相乗効果...

また、都市再開発庁(URA)が発表した第2四半期の民間住宅価格指数(速報値)は前期比1.1%下落し、3四半期連続の前期比マイナスとなった。

研究活動のマネジメントを手がけるリサーチアドミニストレーター(URA)を増員するほか、事業化開発を専門に手がける外国人の教員・博士研究員(ポスドク)も採用。... 新センターでは、研究計画から知的財産...

大型研究プロジェクトの企画・運営・成果活用を手がけるリサーチ・アドミニストレーター(URA)制度を積極活用し、5年以内をめどに産業化に結びつける。

常駐の職員に加えて、URA(リサーチ・アドミニストレーター)の職員1人を配置する。

都市再開発庁(URA)によると、公団住宅を中心に計50万戸の住宅を建設する計画。

実績がある産学官連携コーディネーターと、ここ数年で動きだした大学リサーチアドミニストレーター(URA)の協働を強調。... コーディネーターやURAなど“イノベーション促進人材”の機能を高める方策を挙...

シンガポール都市再開発庁(URA)が1日発表した2013年第3四半期(7―9月)の民間住宅価格指数(速報値)は、前期比0.4%上昇した。... URAによると、12年第1四半期以来の下落。

企業でURAに似た仕事に従事する研究マネジメント人材との交流や議論の場を設定して、未経験者にURAとして必要なスキルを習得させる。他大学のURAを巻き込んだり、産学間でURA人材の流動化を促すことも後...

シンガポール都市再開発庁(URA)は8月30日、9月から適用する不動産開発税(DC)を発表した。

また大学での研究マネジメント要員(URA)を集め、各室の活動支援の実動部隊となる「URAオフィス」も新設。URAオフィス長には国際的企業の取締役や研究所長経験者をシニアURAとして登用する考えだ。&#...

京大は異分野融合と国際共同研究のプログラム、未踏領域開拓の議論の場の構築、大学のリサーチ・アドミニストレーター(URA)50人体制などが評価された。 同事業は集中的な環境改革やURA...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる