電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

328件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

経産省傘下の産業技術総合研究所では材料を製造する過程のプロセスに焦点を当てたインフォマティクス活用が進む。

「4月に『インフォマティクス推進部』を立ち上げた。

三菱ガス化、平塚研究所に新棟 新事業・製品の創出加速 (2022/8/23 素材・医療・ヘルスケア)

平塚研究所においても、人工知能(AI)やデータを用いて新素材開発を効率化する手法「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」などを活用して研究開発を加速し、素材や加工技...

ユアサ商事と銭高組、インフォマティクス(川崎市幸区、斉藤大地社長)は、複合現実(MR)を利用し建設現場のコンクリート作業を管理するシステムを開発した...

「(生物学と情報学を融合した)バイオインフォマティクスはすでに研究に必要不可欠なスキルであり、その上で多様な分野について深い知識を持つビジネスアナリストが求められる」(小野部長...

欧州分子生物学研究所欧州バイオインフォマティクス研究所(EMBL―EBI)との協力で実現した。

中長期では(データと人工知能を用いて新素材開発を効率化する)マテリアルズ・インフォマティクス(MI)などの研究基盤を整備する。

施策の一つは(データと人工知能を用いて新素材開発を効率化する)マテリアルズ・インフォマティクス(MI)基盤の構築。

マテリアルズ・インフォマティクスの提言などを執筆。

マテリアルズ・インフォマティクスの提言などを執筆。

AGC、MIで素材開発を効率化 実験データ共有・活用 (2022/6/21 素材・医療・ヘルスケア)

AGCは20日、計算科学や情報科学を使って素材開発を効率化する独自のマテリアルズ・インフォマティクス(MI)データベースと分析ツールを開発したと発表した。

挑戦する企業/旭化成(9)デジタルソリューション (2022/6/17 素材・医療・ヘルスケア)

電材では、目的材料の最適な生産プロセスを人工知能などで導き出すプロセス・インフォマティクス(PI)を進めている。

日立製作所、地理情報システムのインフォマティクス(川崎市幸区)、電子機器の設計・開発を手がけるエレックス工業(同高津区)、救急医療支援システムを開発するSmart119...

挑戦する企業/旭化成(8)MIで変わるR&D (2022/6/16 素材・医療・ヘルスケア2)

旭化成インフォマティクス推進センター長の河野禎市郎は力を込める。 ... 中核にあるのが、データを用いて目的の機能を持つ素材を予測する技術「マテリアルズ・インフォ...

富士フイルムのインフォマティクス研究所(神奈川県開成町)で行うブロックチェーン技術の研究成果を応用し「デジタルトラストプラットフォーム」を自社開発した。

協議会の委員長には、量子コンピューターのソフトウエア開発ツールを手がけるblueqat(東京都渋谷区)の湊雄一郎最高経営責任者(CEO)、JSRの永井智樹マテリアルズ・...

デジタル人財育成術(16)太陽誘電 大学へ派遣。専門家に (2022/6/8 電機・電子部品・情報・通信2)

ITを使った材料設計手法のマテリアルズ・インフォマティクス関連では社内での教育やミーティングも行う。

また、企業に向けて、プラスチック材料診断を助言するほか、分析技術や機械学習などのデータインフォマティクス技術を提供している。

「データを活用して新素材探索を効率化するマテリアルズ・インフォマティクス(MI)や、コンピューター利用解析(CAE)の活用により、研究開発を効率化する効果が出てきた。

一つの例が研究開発(R&D)におけるマテリアルズ・インフォマティクス(MI)の活用だ。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン