電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,886件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

量産技術の確立や、他社との協業を含めた事業スキーム、投資計画などの検討を本格化する。

信託のスキームを活用することで、金融機関は企業の事業性に着目した融資に取り組みやすくするのが特徴だ。

物流最適化へ協業広がる NLJの運送スキーム活用 (2023/12/29 自動車・モビリティー)

各社は荷物の混載や運転手・車両提供などで協力しつつ、NLJの運送スキームを活用して自社の業務やコストの最適化を図る。

郵船ロジとJR貨物、航空貨物を羽田→鉄道 トラック輸送を代替 (2023/12/25 生活インフラ・医療・くらし)

郵船ロジスティクス(東京都品川区、岡本宏行社長)とJR貨物は、東京国際空港(羽田空港)に到着した貨物の国内輸送を鉄道で行うスキームを構築し、サービス...

先祖に導かれたとしか思えない出会いと偶然が重なり、小水力発電による売電収入で修理費をまかなうスキームを構築できた。

検証2023/素材各社、資源循環 ブランド・枠組み展開 (2023/12/19 素材・建設・環境・エネルギー1)

「従来からも資源循環の取り組みは進めているが、それをスキームとして明らかにするという需要が高まっている」と諏訪邉武史執行役員は話す。

医療機器・薬を鉄道輸送 JR貨物が最適提案 (2023/12/15 生活インフラ・医療・くらし1)

JR貨物は医薬品・医療用機器などのメディカル分野で、顧客ごとに最適な鉄道輸送スキームやサービスを提案する「メディカル鉄道コンテナサービス」を開始する。

新株予約権付といったスキームに限定せず、個別の場合に応じた融資条件を設定している。

米国現地法人向け融資で同行の債務保証スキームの活用は初めてという。

東武、社員に自社株給付 (2023/11/27 生活インフラ・医療・くらし)

同制度は米国のESOP制度を参考にした信託型のスキームで、東武鉄道は同制度に関して12月11日付でみずほ信託銀行と信託契約を結ぶ。

岩谷産業、純水素型燃料電池を導入 中研のCO2を40%減 (2023/11/27 素材・建設・環境・エネルギー)

同研究所長の小池国彦執行役員は「液化水素と燃料電池を組み合わせた発電システムのスキームを展開し、液化水素の事業を発展させたい」と説明した。

今後も同様のスキームによる企業の資金調達支援へ協業を進める考え。 ST債は、従来の証券保管振替機構を活用したスキームとは異なり、社債発行から償還までの権利移転や、権利者情報などがブロ...

農家と共同出資会社を設立して農業機械の購入からタマネギやニンジンの生産、供給まで一貫して行う事業スキームを東北から全国に広げる。

関電、商船三井・川汽に液化CO2船設計など委託 (2023/11/17 素材・建設・環境・エネルギー)

関電は2022年12月に商船三井と、液化CO2の海上輸送・貯留に関する最適なスキームなどについて共同検討を始めた。

川重、無人ヘリ新型実証機を投入 (2023/11/17 機械・ロボット・航空機)

受託事業は山小屋への物資輸送スキームの構築が目標。

そんなスキームを生み出したのが深松組(仙台市青葉区、深松努社長)。... 住み続けられる町づくり実現のため、このスキームを全国で生かしてほしい」と訴える。 ... こ...

阪急阪神ホテルズ、ホテル運営に特化 資産保有を分離 (2023/11/6 生活インフラ・医療・くらし)

阪急阪神ホールディングス(HD)は阪急阪神ホテルズ(大阪市北区)の事業スキームを見直し、ホテルの資産保有と運営の一体方式から分離方式に2024年4月に変更する。... ...

東京製鉄、パナソニックGから「ECO・VC銀賞」受賞 (2023/11/2 素材・建設・環境・エネルギー2)

東鉄は2013年に家電リサイクル工場から回収した鉄スクラップを、製品向け鋼材の原料に再利用する資源循環スキームを構築。

NEXIの新制度「SEEDスキーム」を活用してリスクを抑え、常陽銀行や八十二銀行などの機関投資家も呼び込んだ。

レゾナック、脱炭素加速 30年に水素発電設備を稼働 (2023/10/24 素材・建設・環境・エネルギー2)

事業スキームや法規制対応、政府の支援制度の利用などを検討する。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン