973件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

IoT(モノのインターネット)やビッグデータ(大量データ)、人工知能(AI)、通信衛星による洋上ブロードバンド環境など急速なデジタル技術の進展が自動運航船の開発を支える。。

デジタル技術による金融の発展により、投資家と消費者の距離は更に狭まる。

またデジタル技術の活用を通じ、時間や場所に制約されない顧客ニーズに沿ったサービスを提供する。

中西宏明経団連会長ら諮問会議の有識者メンバーは「ビジネスや生活にもデジタル技術が溶け込み、日常的に使いこなせるまでに至っていない」と説く。

始動デジタル経営 旭化成(3)全生産をスマート化 (2020/6/24 素材・医療・ヘルスケア)

工場の遠隔管理に期待 デジタル技術による生産性向上は、製造業のデジタル変革(DX)の共通課題だ。... 今後、どこまで工場をスマート化できるかは、デジタル技術の進展の速さと、これをい...

始動デジタル経営 旭化成(2)知財ビッグデータ解析 (2020/6/23 素材・医療・ヘルスケア)

デジタル技術は、専門的な特許を事業に活かす“親しみやすい”武器に変えている。

大日本住友薬、デジタル技術で医療用情報提供 (2020/6/23 素材・医療・ヘルスケア)

大日本住友製薬は22日、デジタル技術を活用し、医療関係者向けに独自の情報提供システムの展開を始めたと発表した。

デジタル技術を利用する点で手段は同じでも目的が大きく異なっている。

始動デジタル経営 旭化成(1)DXで変わる企業像 (2020/6/22 素材・医療・ヘルスケア)

どのような戦略を描き、研究開発や生産、物流、営業などへどこまでデジタル技術を活用するかによって、将来像は変わる。... 一生懸命にデジタル技術を開発しても、後からコストが大きすぎると気づくことがある。

「デジタル技術が人間生活のあらゆる面で引き起こしたり、あらゆる面に影響を及ぼしたりする変化である」。 気が付いてみたら、個人と社会を問わず、好むと好まないとにかかわらず、デジタル技術...

デジタル技術を活用し、工作機械ユーザーに提供してきた遠隔の製造支援などのサービスを強化するほか、オンラインでの商談や出荷前製品確認(立ち会い)手法を高度化する。

こうしたことから、ハイブリッド(複合)型社会で新たなビジネス展開を実現するにあたり、ソフトウエア開発手法の変革や新たなデジタル技術者の確保、内製化は必要条件である。

これまで各社に分散していた資産やノウハウを組織横断的に活用するほか、デジタル技術を用いた消費者向けサービスなどの取り組みを強化していく。

現在は既存工場にセンサーや自動化設備、デジタル技術を追加し、生産効率化や改善を図る取り組みが先行している。

新型コロナウイルス感染拡大を受け、デジタル技術の一層の活用や、技術革新による成長産業の創出などを重点事業に掲げた。

地域包括ケアに活用 製薬業界でデジタル技術の活用が進む。... さらに新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、デジタル技術の定着は確実なものになる。... ―新型コロナの影響下で、...

IoT(モノのインターネット)や3Dプリンターなど、デジタル技術を駆使した遠隔・無人化など、柔軟な生産に寄与する新技術も積極的に導入すべきだ。

そこで火力事業本部は「データを駆使し、発電所の効率運転を実現すれば環境負荷低減にも役立つ」(桑原浩史技術開発グループチーフマネジャー)としてデジタル技術で課題解決を進めていく。

政府の超スマート社会構想「ソサエティー5・0」に見られるように、現実世界にある課題をデジタル技術で解決することへの関心が高まっている。

(西部・関広樹) ―3Dデジタル技術に関する設備導入に積極的です。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる