84件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

同社はがん領域や免疫疾患領域におけるバイオ医薬品の新薬および後発薬(バイオシミラー)の開発を手がける。抗がん剤の副作用による免疫力低下の改善薬として、富士製薬工業などと共同開発したバイオシミラー「GB...

バイオ後発品(バイオシミラー)の開発品も受託する。

バイオ後発薬(バイオシミラー)の投入も目指す。11年に富士製薬と共同開発したバイオシミラー1製品の製造販売承認を申請。... また、ハンガリーのゲデオンリヒターとも複数のバイオシミラー開発に着手してお...

バイオシミラーは日米欧で臨床試験を実施。... 先行開発したバイオシミラー「アダリムマブ」(新薬は米アボット・ラボラトリーズの「ヒュミラ」)は、13年前半に臨床試験を始める。 ......

完成後はバイオ医薬品関連の社内技術基盤を強化し、新規バイオ医薬品やバイオ後発薬(バイオシミラー)開発につなげたい考え。

「バイオシミラー(バイオ後続品)や抗がん剤の開発に取り組む」(日医工)など、研究開発分野が広がることも研究開発費が増える一因になっている。

第一三共は8日、バイオ医薬品の後発薬(ジェネリック)にあたる「バイオシミラー」を扱う米コヒーラス・バイオサイエンシス(CB、カリフォルニア州)と提携し、バイオ後発薬事業に参入すると発表した。

協和発酵キリンは27日、富士フイルムと折半出資で設立したバイオ後発薬(バイオシミラー)の事業子会社「協和発酵キリン富士フイルムバイオロジクス」の概要を発表した。 ... まず、関節リウマチなど...

ここに来て、韓国サムスン電子のグループ会社がバイオシミラーと呼ぶ後発バイオ医薬品の市場に参入。... 日本国内でもバイオシミラーへの参入が相次いでおり、日中韓の3市場で存在感を高める構え。 &...

まずはバイオ医薬品の後発薬であるバイオシミラー。来春をめどに富士フイルムとバイオシミラーの開発製造新会社を設立する。... 富士フイルムとの協業によるバイオシミラーもそう。

2012年春に富士フイルムとバイオ医薬品の後発薬(バイオシミラー)の事業子会社を設置。... (石橋弘彰) 【20年に2兆円】 バイオシミラーは細胞培養や遺伝子組み...

富士フイルムホールディングス傘下の富士フイルムと協和発酵キリンは16日、バイオ医薬品の後発品(バイオシミラー)の製造開発で協業すると発表した。2012年春をめどに、折半出資でバイオシミラーの開発製造会...

バイオ後続品はバイオシミラーとも呼ばれ、バイオ医薬品と同等、同質の薬として後発メーカーが開発、製造するもの。

「世界1位のバイオシミラー、同2位の注射剤、吸入剤の差別化製品でグローバルリーダーの地位を強化する。

さらに今後は新規の付加価値サービスとして、後発医薬品のがん領域、バイオシミラーなどスペシャリティー分野の情報提供活動などの新規契約を獲得したい考え。

そこで特許が切れたバイオ製剤の後発薬である「バイオシミラー」が注目を集めている。... そのため、先発薬に似ているという意味で、バイオシミラーと名付けられた。 ... 日本では200...

また製薬会社が注力するバイオ新薬やバイオシミラーに対応した専用デバイスを開発し、大規模かつグローバルに展開し、今後の事業の柱に育成する。

「日本は医療と医学を混同し、バイオ医薬品の後発品(バイオシミラー)は受け入れない風土がある」と、バイオ分野への取り組みについて話すのは沢井製薬社長の沢井光郎さん。 ... その場合はバイオシミ...

「バイオシミラー(後続品)は効能と安全性が先発品と同じということを証明するのが難しい」と話すのは、ドイツ・サンドインターナショナルグローバル・バイオシミラー総責任者のアミート・マリークさん。

ドイツのサンドインターナショナル(ホルツキルヘン)は19日、日本市場に投入する第2弾のバイオシミラー(後続品)として、G―CFS(顆粒(かりゅう)球コロニー刺激因子)製剤とエポエチン製剤について、医薬...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる