電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

774件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

天然ガスの主成分であるメタンをマイクロ波でプラズマ化することによって、アセチレンと水素を製造する技術を持つ。

マーク電子、点滴どこでも見守り システム開発 (2023/6/7 生活インフラ・医療・くらし1)

ドクターマークは内部で落ちる点滴の水滴をマイクロ波ドップラーレーダーで1滴ずつ検知して流量を計測する。

ここで重要となるのがマイクロ波と呼ばれる高い周波数の電波である。 米国のIBMやグーグル、日本の理化学研究所で開発が進む量子コンピューターでは、超電導状態の電子の...

第33回西日本食品産業創造展 現場ルポ(下)人手不足改善に貢献 (2023/5/26 生活インフラ・医療・くらし1)

コロッケなどの油調理中、マイクロ波照射で食材を外、中から加熱する。

ジャイロトロンは高出力のマイクロ波を核融合炉に向け発振させ、反応に必要なプラズマ状態を起こし、維持するために使う。

NEC、米アビアットに無線バックホールを売却 (2023/5/11 電機・電子部品・情報・通信1)

NECはマイクロ波無線装置「パソリンク」を中核とする無線バックホール(中継回線)ソリューション事業を米アビアット・ネットワークス(テキサス州)に7000万ドル...

マイクロ波で加熱、再処理 プルトニウムとウランの混合溶液を、電子レンジと同じ原理を用いて脱硝する。これが日本原子力研究開発機構(旧動燃)が開発した日本独自の技術である...

気象庁気象研究所を中心に全国14機関が協力し、水蒸気の高度分布を得られる水蒸気LiDAR(ライダー)や水蒸気の総量を求められるマイクロ波放射計などによる高密度な集中観測から線状降水帯の...

化学業界、リサイクル拡大 脱炭素の動き活発に (2023/5/2 素材・建設・環境・エネルギー)

同社はマイクロ波化学と共同でポリアミド66をリサイクルする技術の実証実験を始めた。 マイクロ波技術を活用し、ポリアミド66を使用した自動車部品の廃材などをヘキサメチレンジア...

カーボンニュートラルに寄与する技術として、マイクロ波、セルロースナノファイバーの製造技術、革新的なマテリアルリサイクル手法などを取り上げている。

人工衛星に搭載されたマイクロ波放射計の観測値を利用して降水量を推定する。... マイクロ波放射計に対する降水強度と降水有無の二つのタスクは物理的背景が一貫しており、モデル内で知識が共有されることで精度...

生体センサーは24ギガヘルツ(ギガは10億)マイクロ波ドップラーを使用し、ベッド周辺のみを対象に呼吸と体動測定を行う。

回収グッズは、電子レンジにも使われるマイクロ波で効率的に熱分解して樹脂原料に戻し、再利用する。

発売した大気圧プラズマ装置「プラズマタクト」は、100―220ボルトと低電圧の電源を用い、2・4ギガ―2・5ギガヘルツ(ギガは10億)のマイクロ波でアルゴンガスプラズマを発生させる。

量子ビットにマイクロ波を当てて操作したり読み出したりする。... チップの裏から信号用探針を当て、マイクロ波を送受信して量子ビットを操作し読み出す。

この対策として導入したのがマイクロ波解凍装置だ。

また、数ギガヘルツのマイクロ波を照射したときには、水の誘電率はコメの誘電率と比べて1ケタ高いため、マイクロ波を使えば水分量の変化を高感度で測定できる。 マイクロ波と農林水産物の水分が...

マイクロ波発振器から装置までをすべて自社で手がけているのが強み。... マイクロ波は電子レンジと加熱原理は同じだ。... 山中社長は「マイクロ波を応用できる次の分野を探っている。

三菱ケミG、アクリル樹脂リサイクル 東京海上日動と連携 (2023/2/21 素材・医療・ヘルスケア2)

回収した樹脂は、三菱ケミカルグループがマイクロ波化学と連携して実証中の技術で効率的に熱分解して原料に戻し、再び樹脂を生産する。

▽顕微鏡取り付け型レーザー細胞加工システムの開発=ピンポイントフォトニクス(横浜市保土ケ谷区)▽セラミックス粉末、グラファイト粉末とアルミニウムからなる複合体(MMC&...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン