1,233件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

注文取り消しや大規模リコールには発展しておらず、20年3月期連結業績予想は変更しない。

連邦航空局(FAA)は発表文で「アップルのマックブック・プロの一部製品に使用されているバッテリーのリコールを認識し」、米国の主要航空会社にリコールについて警告したことを明らかにした。 ...

債務超過の要因はパーキングブレーキの品質問題でのリコール(無料の回収・修理)関連で生じる特別損失78億円の計上が大きかったが、北米事業の不振も尾を引いている。

携帯型充電器の破裂注意 消費者庁、安全マーク確認要請 (2019/8/6 電機・電子部品・情報・通信1)

消費者庁は、製品がリコール対象となっていないことの確認や、PSEマークや業界団体が認証する「MCPCマーク」の有無を購入時に調べるよう求めている。

販売面では前年同期並みだったが、ディーゼル車の排ガス不正疑惑に絡んだリコール(回収・無償修理)など関連費用の増加が響いた。 ... ダイムラーは「政府や裁判所の手続きおよび対策関連」...

トヨタ自動車が安全のためのリコールに使うソフトウエアを開発した米カリフォルニア州のディーラーから、多額の修理費負担に対する報復措置を取ったとして訴えられている裁判で、カリフォルニア州地裁の陪審は、15...

ディーゼル車に関するリコール(回収・無償修理)などの問題で関連費用が増えることなどが理由。  ... ただ、6月下旬に、独当局から6万台のディーゼル車のリコールを命じられていた。&#...

19年4月には200万台超の大規模なリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

◇   ◇ ―完成車検査不正や大規模リコール(無料の回収・修理)でモノづくりに関わる問題が噴出しました。

ただ、ダイムラーは先週末にドイツでの6万台のディーゼル車のリコールを当局から命じられたことを受けて、今回の業績の下方修正を発表した。

マツダが2009年に国内外でリコール(回収・無償修理)をしたのは、自動車用防振ゴム大手の東海ゴム工業(現住友理工)の部品が原因だとして、住友理工を相手に約162億7000万円の損害賠償を求めた訴訟の判...

同社は昨年、独当局からリコール(無料の回収・修理)実施を命じられ、欧州で数百万台の車両のソフトウエアをアップデートすることで合意したが、これまでのところ罰金・制裁金の支払いは免れている。 &#...

 米アップルは20日、2015年9月から17年2月に販売したノート型パソコン「Macbook Pro(マックブック・プロ)」のリコールプログラムを発表した。... 同社のリコール通知は今年2回...

しかし、「同等」といえる現実性を持つ環境の構築は難しく、現に、サービスインした技術やサービスに不具合が発生し、修正やリコールを余儀なくされることは珍しくない。

安全な製品の製造だけでなくリコール(無料の回収・修理)製品の回収率向上や迅速化といった、出荷後に安全上の問題が判明した際の取り組みも評価する。

リコール関連で特別損失813億円を計上したスズキのほか、スバル、日産自動車は完成検査不正が業績の足を引っ張った。

スバルの通期見通し、増収増益 (2019/5/13 自動車)

品質問題に関連したリコール(無料の回収・修理)費用がなくなる一方、主力の北米市場での販売が増加する見通し。... リコール費用の計上や部品の不具合による工場停止が響き、売上高は同2・2%減の3兆160...

四半期の営業利益としては、スマートフォン「ギャラクシーノート7」の発煙問題によるリコール(回収・無償修理)で5兆2000億ウォンに落ち込んだ16年7-9月期以来、最低。  

無資格者による新車の完成検査や燃費・排ガスデータの改ざんが発覚したほか、自動車の基幹部品であるバルブスプリングや電動パワーステアリングの不具合が見つかり、大規模なリコールに発展した。 ...

同社は18日に関連する車両約202万台のリコール(回収・無償修理)を国交省に届け出ている。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる