電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,226件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

JERA、インドネシア国営とLNG・水素・アンモニアで協業 (2023/12/19 素材・建設・環境・エネルギー1)

これまでにインドネシアの電力セクターの脱炭素ロードマップ策定に向けた調査・支援を実施し、同国のエネルギートランジション支援に取り組んできた。

また、シンクタンクの地球環境戦略研究機関(IGES)が提唱した日本の脱炭素工程表「1・5℃ロードマップ」の発表会に参加した。 ... 日本の経営者が、世界の政策をリー...

国内工場のCO2、30年度に69%減 マツダが目標設定 (2023/12/15 自動車・モビリティー)

直接取引するティア1(1次取引先)約70社と50年のCN達成に向けたロードマップ(工程表)を共同で作成し、技術連携も視野に入れる。

米IBM、133量子ビットプロセッサー来年投入 最大5倍のエラー削減 (2023/12/6 電機・電子部品・情報・通信1)

イベントでは量子プロセッサーやコンピュターの開発ロードマップ(工程表)を33年まで拡張し、ゲート操作(量子状態の操作)の質を大幅に向上させる新たな目標を掲げた。

第1弾として、神戸大の石崎公庸教授や水谷正治准教授が研究するゼニゴケを使ったバイオものづくりに関し、法人設立や事業化のロードマップ作成などで連携する人材を「ビズリーチ」で募る。

22年度に経済産業省が主導して開催したCCS長期ロードマップ検討会での議論を受け、エネルギー・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は30年度までにCCSの事業化を目指して、23年度から「先...

経産省は30年までのCCS事業化を目指しており、50年に年間約1億2000万―2億4000万トンのCO2を貯留するロードマップ(工程表)を描く。

環境省は21年に策定された「地域脱炭素ロードマップ」に基づいて地域から脱炭素ドミノを起こすべく、30年にカーボンニュートラルを達成する脱炭素先行地域を100以上創出することを目指している。 &...

同市では省資源・循環型社会の構築を目指して、第6次小田原市総合計画「2030ロードマップ1・0」に定めた「家庭における1人1日当たりの燃せるごみ排出量」の削減目標484グラムの達成に向けて取り組む。

視覚センサーや高機能のLiDAR(ライダー)でリアルタイムに3次元(3D)マップを作成し、マニュアル操作で飛行。... 経産省とはそのために実行可能なロードマップと、我...

23年にこの技術で実証した北海道石狩市、帯広市における脱炭素の実現に向けたロードマップ案なども紹介もする。

森社長は対策ロードマップを改めて説明し、「自ら先頭に立ち、確実に使用済み燃料を県外へ搬出する」とした。... 一方、今回のロードマップで示された原発施設内での乾式貯蔵施設の設置検討は、新たな火種を生み...

古河機械金属、サステナビリティーで目標設定 (2023/10/12 素材・建設・環境・エネルギー2)

気候変動対応策の推進に向けては、自社の事業活動に伴う二酸化炭素(CO2)排出量(スコープ1、2)削減に関するロードマップを2025年度までに策定・公表する方針。

関西電力と国は10日、福井県内の原子力発電所から出る使用済み核燃料の対策ロードマップを策定した。

法制度の面の課題もあるが「今のところは開発ロードマップのスケジュール通りに進んでいる」という。

JERA、ベトナム公社と協業 電力の脱炭素ロードマップ策定 (2023/10/9 素材・建設・環境・エネルギー)

JERAはベトナム電力公社(ハノイ)と、脱炭素ロードマップ策定で協業する覚書を結んだ。... 同公社の脱炭素化に向けたロードマップの作成に加え、火力発電所へのアンモニア・水素導入に向け...

業界を取り巻く環境の変化や、デジタル分野などの技術も進化する中、同業界が19年に定めた伸銅品技術戦略ロードマップの改訂を見据え、共同技術開発にも取り組む構えだ。

一方、産業界の取り組みでは水素・アンモニア混焼の技術ロードマップを挙げ、官民が連携して推進しているとした。

10月以降に開催する有識者検討会で表示ルールの整備に向けた議論を開始し、2024年6月をめどにまとめる予定の資源循環の実現に向けたロードマップ(工程表)に反映する。 ...

そういう将来を考えると、ビジョンとロードマップの必要性を強く感じる。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン