電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

118件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

愛媛大学大学院医学系研究科の山下政克教授らは、免疫システムが老化する仕組みに2種類のたんぱく質が関与していることを突き止めた。免疫系の司令塔であるヘルパーT細胞の老化に伴って「メニン」というたんぱく質...

同社によると、欧州委員会が実施した研究・調査の結果、従来法は人体の免疫系に影響を及ぼし、アレルギー反応や発がん物質の生成などが明らかになっているという。

アステラスは泌尿器や免疫系疾患など、第一三共は循環器代謝系疾患などの創薬のためライブラリーを構築してきた。

哺乳類の体形成に欠かせない成分の一つだが、強い抗菌活性や免疫系への作用などさまざまな機能のあることが明らかになっている。

免疫系の微小細胞の機能解明につながると期待される。 IL―15はリンパ球や免疫細胞のナチュラルキラー細胞(NK細胞)の維持に必要だが、サイトカインを作る微小細胞である...

患者のがん組織から抽出したリボ核酸(RNA)を樹状細胞に導入する仕組みで、患者個々人のがん抗原に対する免疫応答を効率的に誘導する働きが見込めるという。... 従来の一般的な樹状細胞ワク...

抗酸化系、免疫系、解毒系と野菜を三つのカテゴリーに分け、それぞれ機能別に陳列する。 ... 抗酸化力や免疫力の多い少ないで星一つ、星三つといった区分けをする。

同分子は、炎症性物質を放出する免疫細胞を制御し、免疫反応のバランスを保つ役割を持つことが分かった。... グループは今回、EZH2が免疫系でどのように働いているかに着目して研究した。 ...

免疫系の暴走を抑えて関節の破壊を止めると、服用を休んでも症状が進行しない。

関節リウマチは免疫系が暴走し、炎症を起こして自身の関節を破壊してしまう病気。炎症性サイトカインがJAKに結合して免疫細胞にさらにサイトカインをつくらせ、免疫反応を広げる。... ゼルヤンツはJAKの信...

大阪大学免疫学フロンティア研究センターの審良静男教授は、奈良先端科学技術大学院大学の川崎拓実助教、河合太郎准教授らと共同で、ウイルス感染に対する免疫反応の仕組みをマウス実験で突きとめた。... この活...

大阪大学免疫学フロンティア研究センターの審良静男教授らの研究グループは、免疫疾患に関与するたんぱく質の同定に成功した。... 研究グループは免疫系の中枢となり、リンパ球に多く発現するT細胞の「Regn...

免疫システムを活性化させてがん細胞を攻撃する免疫療法など、樹状細胞を人工的に増やす技術への応用が期待される。 ... 今回発見した樹状細胞前駆細胞は、免疫系を調節するインターフェロン...

中枢神経やがん・免疫系疾患などの新薬を年平均で2製品発売する方針。... うつなどの中枢神経系、糖尿病・成長障害、筋骨格、がんの疾患領域に特化した研究開発を進めている。

免疫系異常と慢性疲労の関係の詳細な解明により、新たな病態研究の実現が期待される。... CFSに見られる免疫系異常が脳の神経伝達機能を変化させる初めての直接的な証明として注目される。

マイクロ・ナノデバイスの基盤研究と産業向けの応用研究に取り組む先端マイクロ・ナノシステム技術研究センター、文字通りのロボット開発に挑む先端ロボティクス研究センター、モノづくりの基幹となる材料の開発・評...

岡山大学の古田和幸助教らは、体内に侵入したウイルスを攻撃する免疫系が正常に機能する仕組みの一端を明らかにした。... ヒトなどの免疫機構でT細胞は、ウイルスに感染した細胞に取り付き病原体を除去する役割...

理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センターの竹森利忠グループディレクター(免疫記憶研究グループ)らの研究チームは、体内に侵入した病原体を記憶して再侵入に備える「免疫記憶」で中心的...

具体的には中枢神経系、感染症領域を中心に1―2年間に1品程度のペースで臨床試験入りを目指す方針。... 自社開発品は中枢神経系領域で、うつ病の治療薬候補などの前臨床試験を進めており、これらを早期に臨床...

カイオム・バイオサイエンスは独自の抗体作製技術を用いた創薬で、免疫系疾患などを適応対象とする抗体医薬品の効果を調べるためのマウス実験を8月にも始める。... アルツハイマー病や脊髄損傷などの神経系疾患...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン