電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

6,611件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

北海道大学の渋川敦史准教授と三上秀治教授、岡山大学の須藤雄気教授、韓国科学技術院のムサク・ジャング助教授らは、0・03マイクロ秒(マイクロは100万分の1)でパターンを切り替えられる高...

北海道大学の坪内直人准教授と望月友貴特任助教らの研究グループは、下水汚泥焼却灰からリンを選択的に分離回収する再資源化技術を開発した。

高密度集積デバイスに応用 東京大学物性研究所の吉見一慶特任研究員、三澤貴宏特任准教授は、名古屋大学大学院理学研究科の小林晃人准教授らと共同で、「スピン分裂」を示す新しいタイプの反強磁...

東京医科歯科大学は那波伸敏准教授が研究代表者を務める国内機関とキルギスとの共同研究が2024年度「JST―JICA地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム」(SATREPS)に条件付...

生命科学・理工学の融合境界研究を促進 中谷医工計測技術振興財団(東京都品川区、家次恒代表理事=シスメックス会長)は、生命科学と理工学の融合...

北海道大学の安成哲平准教授と東京大学の成田大樹教授、九州大学の竹村俊彦主幹教授らは、シベリア森林火災の大気質や健康、経済への包括的影響を初めて評価した。

人工知能(AI)技術で推定できれば効果は大きい」と説明するのは、東北大学准教授の鈴木杏奈さん。

東京理科大学の吉田優准教授と小林瑛宏特別研究生らは、ベンゼン環の上を置換基が転位するベンゾフラン合成反応を開発した。

宮崎大学の新村芳人教授、国立遺伝学研究所の小出剛准教授らはカピバラ、ハダカデバネズミなどのヤマアラシ亜目に属する17種の動物の全遺伝情報(ゲノム)配列データを用い、嗅覚、フェロモン、味...

市村清新技術財団、植物研究助成20件を選出 (2024/4/22 科学技術・大学)

▽自然光下にある植物の緑色光の光合成利用を定量的に評価する(河野優・自然科学研究機構アストロバイオロジーセンター特任研究員)▽伊豆諸島神津島のセンブリで見られる奇形花集団の系統的背景と...

京都大学の松尾英将准教授らは、白血病の一種である急性骨髄性白血病(AML)の治りやすさの正確な予測につながる遺伝子異常を発見した。

茨城大、リカレント講座で英語の発音入門 (2024/4/18 科学技術・大学2)

全11回の講座で、茨城大の菊池武准教授が講師を務める。

アルクタス、4.4億円調達 膝関節症治療にiPS細胞利用 (2024/4/17 生活インフラ・医療・くらし1)

アルクタスは佐賀大学の中山功一教授と京大iPS細胞研究所の池谷真准教授の研究成果を基に設立。

大阪公立大学の豊田宏光准教授らは、低温大気圧プラズマ照射による難治性骨折の治癒促進効果をラットの実験で確かめた。

東京大学の矢守航准教授らは、土を使わずに肥料を水に溶かした培養液で栽培する植物工場で、従来よりも作物の収穫量を増加する仕組みを構築した。

立ち上げたのは、東北大の福島誉史准教授らの研究チーム。福島准教授はシステムオンチップ(SoC)上で長距離配線が次第に長くなることを懸念し、20年以上にわたり、チップを機能ブロックごとに...

東北大学の鈴木杏奈准教授らは東北電力と共同で、地熱エネルギーの3次元分布を人工知能(AI)技術で推定する手法を開発した。

横浜国立大学の酒井信介客員教授はリスクベース設計の基本的な考え方とともに、周辺の規格体系の状況と適用事例を紹介する。筑波大学の伊藤誠教授はリスクの概念と、リスクに関わる考え方を整理した上で解説する。&...

吉本准教授も作成検討会委員です。 ... ノンアル飲料や減酒アプリケーションなど助けになるツールが多くある」(曽谷絵里子) ◇吉本尚(よしも...

【表彰】▽今津節生奈良大学学長=糖類を用いた水浸出土文化財の保存▽鈴木茂東北大学マイクロシステム融合研究開発センター教授=各種酸化鉄の構造変化の解析および応用展開▽朝川美幸仁和寺学芸員...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン