電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

360件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

【記者の目/他分野と融合で発展期待】 原子核反応で得られる膨大なエネルギーである原子力は、人々の生活に幅広く活用されている。

一般に物質を構成する原子は原子核と電子に分けられる。水素の同位体であれば、普通の水素原子が陽子1個でできた原子核と電子1個で構成されるのに対し、トリチウムは陽子1個と中性子2個でできた原子核、電子1個...

高エネ機構素粒子原子核研究所J―PARCセンターの丸山和純准教授は「ステライルニュートリノを発見できれば、暗黒物質の謎に迫れる可能性があり、素粒子物理学にブレークスルーをもたらす」と話している。...

近年、重陽子をリチウムや炭素などの原子核に衝突させて核反応を起こし、高エネルギーの中性子を大量に発生させる手法が注目されている。... 他の原子核と反応するとすぐに分解し、その過程は中性子の発生量に影...

原子核を形作る粒子の一つである中性子の崩壊は、宇宙の元素合成のメカニズムや素粒子物理学に深く関連している。... 中性子は陽子とともに原子核を構成する核子。... 原子核内部にある中性子は安定だが、ひ...

原子核物理学の研究に取り組み、原子内部にある原子核の磁気的な性質を説明する理論を構築した。

NTT、光速に近い中性子測定 半導体エラー対策 (2020/11/26 電機・電子部品・情報・通信)

宇宙線がぶつかる原子核の種類によって、中性子のエネルギー分布は異なってくる。

仁科記念財団、仁科記念賞に鹿野田・仲沢氏 (2020/11/12 科学技術・大学)

仲沢氏は「ハイパー核」と呼ばれる特殊な原子核に関して、原子核を構成する素粒子クォーク同士を結び付ける核力の研究で成果を挙げた。

東京大学と理化学研究所、日本原子力研究開発機構、上智大学、日本大学、宇都宮大学の研究グループは、中性子が原子核にいくつ入るかという原子核の存在限界(中性子ドリップライン)の新たなメカニ...

スピン(自転)の向きがそろった中性子を吸収した原子核が放出するガンマ線を測定し、その放出方向に偏りがあることを明らかにした。... 原子核が中性子を吸収する反応では、CP対称性の破れの...

02年京大教務補佐員、高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所助教。

京大、原子核の周期表を考案 形状・安定性、一目で確認 (2020/4/23 科学技術・大学・中小・ベンチャー)

原子核の形状や安定性の周期性を一目で分かりやすくした。... 原子核の性質を学ぶための新しい指標として活用を図る。 ... 自然崩壊しやすく不安定な原子核は白抜き文字で表記した。

【略歴】すずき・てつや 90年(平2)東工大院原子核工学科博士修了。

ヒッグス粒子は2012年に欧州原子核研究機構(CERN)で発見され、13年のノーベル物理学賞を受賞した。

またSelfAを用いたX線エネルギーモニターは、トリウム原子核に関する実験を成功させNatureに掲載された。

会見で日本物理学会の永江知文会長(京都大学教授)は「会員約1万8000人の半分が低温工学の物性物理を手がけ、原子核や素粒子の研究も超電導技術でヘリウムを使っている」と、研究現場で影響が...

WASAVIESは宇宙天気、超高層大気物理、原子核物理など異なる分野の研究者が開発した数値シミュレーションを一つに統合することで、太陽から放出された太陽放射線が地上に到来する間に起こるさまざまな過程を...

というのは、2月1日から理化学研究所(理研)の主任研究員として赴任し、齋藤高エネルギー原子核研究室を開設し主宰するためである。 ... (月曜日に掲載)...

商工中金、医療・バイオVB3社に融資 SDGsへの貢献評価 (2019/11/28 中小・ベンチャー・中小政策)

国内だけでなく欧米でも高い評価を受け、世界最大規模の素粒子物理学の研究所として知られる欧州原子核研究機構のプロジェクトにもアジアから唯一参画する。

理研の最前線(52)壁なき自由な研究の場 (2019/10/14 科学技術・大学)

【多様性を尊重】 そうは言っても理研は長岡半太郎から続く原子核物理学の歴史があり、「学術研究」を行っていたことは明らかである。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン