電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

33,226件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

インバウンド回復で成長 タクシーの配車アプリケーションの利用が加速している。... コロナ禍で落ち込んだインバウンド(訪日外国人)の回復に伴って、...

インタビュー/住友化学社長・岩田圭一氏 4部門制、投資メリハリ (2024/7/8 素材・建設・環境・エネルギー)

2025年3月期はコア営業損益、当期損益ともにV字回復を予想。

経営ひと言/成田国際空港・田村明比古社長「燃料がネック」 (2024/7/8 生活インフラ・医療・くらし)

足元ではインバウンド(訪日外国人)を中心に航空需要の回復が進む。

供給面に関してJAIAは「5月以降は定期的に日本に到着しており、徐々に回復傾向にある」と分析する。

回復基調にある自動車関連では相次ぐメーカー不正の発覚が先行きの懸念材料とされる。また関西市場で需要層の多い建機関連では昨年度をピークに生産計画が縮減、「回復には1年以上かかる」(流通筋)...

ただ、政府の省エネ支援策により住設関連需要が好調で、半導体関連や首都圏の再開発案件なども引き合いが回復している。

物価高騰が歴史的な春闘成果に水を差し、家計の節約志向が長引いて個人消費の回復が遅れないか懸念される。

中国は内需に回復感なく軟調な市況動向。

23年度は欧州や中国の景気後退で伸び悩んだが、回復に転じるとみる。

地元経済の景気回復の遅れ、中小企業の価格転嫁、人材採用、後継者難など経営者の悩みの種は尽きないが、行政とも連携して諸問題の解決につなげる。

物価高騰が春闘の成果を減殺し、個人消費の回復が遅れないか懸念される。

株式相場/4万円台回復 (2024/7/3 金融)

日米の金利上昇を受けて銀行など金融株を中心に買いが広がり、日経平均は約3カ月ぶりに4万円台を回復した。

好天候やインバウンド(訪日外国人)需要を背景に飲料などの出荷が回復。

AIサーバー向け伸びる DRAM価格の回復が鮮明だ。... 価格は2023年10―12月から上昇し、24年も通年で回復基調が続く見通し。... 人工知能(...

3カ月後の先行きは、インバウンド需要の鈍化や物価高による個人消費の回復の遅れなどを受け、非製造業で足元と比べて6ポイント悪化のプラス13を見込む。... 私はこう見る &#...

半導体関連需要の回復期待から「鉄鋼」「生産用機械」「電気機械」がプラスの一方で、エネルギーコスト高への懸念などで「食料品」がマイナス10となった。 ... 自動車の生産回復に対する期...

コロナ禍からの回復が本格化し、インバウンド(訪日観光客)の増加や再開発の高まりが地価を押し上げた。... 23年5月に新型コロナウイルスが感染症法上の5類へと移行し、インバウンド需要が...

分科会ではこれまで、震災以降に400件を超える企業立地や累計4000人以上の雇用が生まれ、域内総生産も復興前の水準に回復したなどの成果を報告。一方、双葉郡の8町村は回復が遅れているなど厳しい状況にある...

株式相場/小幅続伸 (2024/7/2 金融)

コンテナ船の市況回復で海運株などがけん引するも、半導体株の一角などが売られほぼ横ばいとなった。

信頼回復の取り組みを推進する『業務抜本改革推進プロジェクトチーム』が中心となり、不適切事案を再発させないためのガイドラインを策定し、会員会社に展開する。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン