電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

123件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

文部科学省脳科学研究戦略プログラムは7月19日15時から広島市中区の広島国際会議場フェニックスホールで、「公開シンポジウム in HIROSHIMA」を開く。... 国際電気通信基礎技...

◇パナソニック先端技術研究所参事 脇田由実 〈プロフィル〉1982年九州芸術工科大学(現九州大学芸術工学部)音響設計学科卒業。同年松下電器産業(現パナ...

創業のきっかけは、吉田社長が当時在籍していた国際電気通信基礎技術研究所(ATR)で音声合成技術と出会ったこと。「この面白い技術を世の中に広げたい」と起業を思い立った。吉田社長はもともと...

産学官の連携で1986年に設立した国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の発足に携わったほか、ロンドン駐在や大阪大学産学連携推進本部(現産学連携本部)教授など経験は幅広い...

現場ニーズと技術のマッチングを行い、実証実験の場として活用する。ロボット技術や計測・制御システムなどを展開した新しい介護向け製品の実用化につなげる。 開設当初は国際電気通信基礎技術研...

ヴイストンは2000年に石黒浩ブイストン最高技術顧問(大阪大学特別教授)が持っていた全方位カメラ技術特許の事業化を目的に設立したベンチャー企業。... おもしろそうだ、と大和社長はお金...

シャープは音声を中心に英語を基礎から学ぶためのモバイル学習ツール「英語入門ブレーン=写真」を25日に発売する。国際電気通信基礎技術研究所(京都府精華町)の研究を基に開発した学習...

【京都】国際電気通信基礎技術研究所(ATR)などは1日、念じることで機器を制御するブレイン・マシン・インタフェース(BMI)技術の研究成果を発表した。... ATR脳情...

科学技術振興機構(JST)はドイツ研究振興協会、ドイツ連邦教育研究省と共同で、計算論的神経科学に関する2011年度日独研究交流課題6件を支援することを決めた。... 日独政府による「戦...

また、ロボラボはATCエイジレスセンター内に可視光通信できる環境を整備。2月に産業技術総合研究所などが実験する予定だ。 ロボラボの支援で実験した国際電気通信基礎技術研究所(A...

NTTデータ経営研究所はアサヒビールや帝人、大日本印刷など10数社と共同で、脳科学を商品開発に生かす応用脳科学R&D研究会「ニューロデザイン研究会」を発足した。... 国際電気通信基礎技術研究...

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の柴田和久客員研究員、川人光男フェローらは、被験者の脳活動から必要な情報だけを取り出し、フィードバックすることで、脳の機能を高める手法を開発した。

脳卒中にかかると麻痺して体が動かず、「努力してリハビリしても結局諦めてしまう」と肩を落とすのは、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)フェローの川人光男さん。

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の川人光男フェローと相原孝次専任研究員らは、脳卒中などのリハビリ中に、リアルタイムで脳活動を可視化できるシステムを開発した。... この技術を応用し...

OKIは7日、国際電気通信基礎技術研究所(京都府精華町)と共同で、情報通信技術(ICT)機器に内蔵する通信用ハーネスをワイヤレス化できる技術(写真)を開...

大阪大学と国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、東京大学は、脳表面の脳波を読み取ることで、運動まひ患者がまひの期間や程度によらずロボットアームを操作できることを実証した。

ロボットラボラトリーは26日18時半から大阪産業創造館(大阪市中央区)4階イベントホールで、「これからの医療・介護・健康産業に求められる技術と人材セミナー」を開く。澤芳樹大阪大学大学院...

ロボットの頭にはカメラとスピーカー、マイクがついていて、相手はパソコンに映る映像や音声を元に、無線通信で遠隔操作する。... ロボットの仕様は国際電気通信基礎技術研究所の技術を活用した。

NECと国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、千葉大学など3大学が連携するチームは、無線LANルーターなど家庭や企業で使われている無線LAN基地局の電力を75%程度減らす省エネ...

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)はアピタ精華台店(京都府精華町)で、「車いす型ロボット=写真」の実証実験を始めた。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン