383件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

三井物産、16年度環境基金の募集開始 (2016/5/25 建設・エネルギー・生活2)

三井物産は地球環境問題の解決に向けた活動や研究を支援する「三井物産環境基金」に関して、2016年度助成案件の募集を始めた。NPO法人や大学による環境貢献活動を対象とし、助成期間は16年10月から3年以...

26日に開幕する主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に先立ち、G7と欧州連合(EU)の環境担当閣僚が地球環境問題について自由闊達(かったつ)に意見を交わし、合意形成を図っていく。... 最大の焦点は、2...

【経営者は必読『「企業2020」の世界』】 環境問題に関する本はサイエンティスト(科学者)やエコロジスト(自然保護主義者)が書く場合が多いが、『「企業2020」の世界―未来をつくるリ...

「従来の思考では地球環境と豊かな暮らしを両立できない」。... その象徴が地球環境問題だ。... しかし、将来は地球環境問題という制約に縛られ、我慢を強いられる可能性が高い。

企業は営利活動に専念せざるを得ない環境にさらされ、企業内の研究は短期化した。... 発展途上国の急拡大するエネルギー消費を再生可能エネルギーで賄い、地球環境問題の解決を目指す。

また、人材育成や防災、地球環境問題についても果敢な取り組みをされています。

「東京の里山の環境に関心を持ってほしい」と期待する。 生物多様性の損失、自然災害などの地球環境問題は今後も増加する予測。「環境を含めた社会的課題の解決を目指し、持続可能な社会の実現を...

スマートシティー(次世代環境都市)の実現を目指した現地企業との共同事業として2016年に着工し、一部の運転開始を予定する。... JCMは発展途上国への技術支援などを通じ、地球環境問題への対処に貢献す...

当初は環境問題に保守的だったエネルギー多消費型企業も、こうした活動を通じて積極姿勢に転換。... 地球環境問題解決への挑戦は、「技術」「プロセス」「イノベーション」がキーワードになる。... 産業界が...

地球環境問題だ。温室効果ガスの排出量を大幅に、そして継続的に削減し地球を守らなければならない。... 現在、地球全体のCO2排出量は年約10ギガトンCで、このままだと30年弱で限界に達する。

世界的な気候変動といった地球環境問題や途上国の貧困問題などの解決に向けて、企業はその社会的責任(CSR)として取り組むことが強く期待されている。... 筆者が所属する環境経営学会ではこのような問題意識...

1992年に米国の環境学者、デニス・メドウズ氏の著書『限界を超えて』を読んだ時もそうだった。... 同書により自分がやりたいのは、省エネ・省資源ではなく地球環境をベースにした新しいテクノロジーを創るこ...

海洋機構が運用している「地球シミュレータ=写真」のシステム刷新となり、NECが約100億円で受注した。... 地球シミュレータは5120台のSX―ACEで構成。... 地球環境問題の解決や地殻変動、地...

詳細な内容はこれから決めるとしているが、厳しさを増す環境規制への対応が提携拡大の背景にあることは間違いない。... 特に環境分野では、各社とも他社との提携を含めた戦略的な対策に打って出る必要がありそう...

「かつては同友会が問題提起し、議論の“火付け役”となったが、今は“優等生”になってしまった」と、両団体を経験した財界人はこう指摘する。... 三菱ケミカル社内で推進してきた3次元経営と同じで、社会に貢...

地球環境問題の解決にはメーカーだけでなく、消費者側の役割も大きい。... □ □ 一方、環境問題は多様であり、相互に複雑な因果性を持っている。製品が誕生してから廃棄されるまでのライフサイクルの...

「経済成長をしないといけないという考えがリーダーの間で共有されているが、地球は成長の限界にぶつかっている。地球環境問題でみると温暖化や生物多様性の喪失が起きている。... 実際に中央から誘致した工場が...

水素と酸素から取り出した電力をエネルギーに使い、水しか排出しないFCVは排ガスによる環境汚染や地球温暖化の問題を解決する“救世主”的な存在だ。... 自動車の環境負荷の評価では「ウェル・トゥ・ホイール...

2015年のCOP21で新たな温室効果ガス排出削減目標が決まると地球環境問題は次の段階に入るわけだが、企業にも新しい「環境経営」への転換が求められている。 【点から面へ拡大】 ...

人口減少などさまざまな問題が深刻化する地方で、環境と成長の両立を実現しようとする動きが出てきている。... (村山茂樹) 「地球環境問題と心豊かに生きることを両立...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる