電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

355,074件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.046秒)

キヤノンの1―3月期、営業益5.2%減 カメラ関連販売減 (2024/4/25 電機・電子部品・情報・通信1)

キヤノンが24日発表した2024年1―3月期連結決算(米国会計基準)は、売上高が前年同期比1・8%増の9885億円、営業利益が同5・2%減の800億...

パナソニックサイクルテック(大阪府柏原市、稲毛敏明社長)は、2015年1月から17年7月に製造した電動アシスト自転車用バッテリーパックに発煙・発火のおそれがあるとし...

日本財団、米ミネルバ大と包括協定 (2024/4/25 科学技術・大学2)

2025年9月の日本拠点開設を目指す同大学の日本支部ミネルバジャパンへの支援を決めた。ミネルバ大は14年に創立した4年制総合大学。

2022年に事業化した仮想オフィスサービスを基に、チャット感覚で企業理念を浸透させる仕組みや会話を共有する1on1(ワンオンワン)サポート機能などを加え、エンゲージメントを醸成する。&...

エナジーセーバーを使用することで設定温度を変えずに節電を実現でき、光熱費の節約が図れる」 ―アイリスオーヤマとは2022年から商業施設などの空気清浄化事業を日本で展開しています。&#...

正興電機、転倒防止アプリ開発 高齢労働者向け (2024/4/25 電機・電子部品・情報・通信1)

まずは、2025年3月までの1年間で100社の導入を目指す。

産総研は、半導体技術の社会実装を目的に、2023年10月に「先端半導体研究センター」を設立し、材料やプロセス、デバイス、設計および半導体製造に関する環境負荷評価とグリーン化について研究開発を進めている...

5軸MCなどの増強効果により、2026年10月期の売上高を23年10月期から20%増やしたい考えだ。

2023年12月に現地のエンジニアリング会社ウォルトガルマリーニに技術供与したスイスに続き、今後は北米でも日本の耐火基準を踏まえた木造ビルの建築につなげる。

経営ひと言/マツダ・毛籠勝弘社長「不屈の精神学ぶ」 (2024/4/25 自動車・モビリティー)

「西と東で100年くらい違う印象を受け衝撃的だった」と振り返るのは、マツダ社長の毛籠勝弘さん。... 訪独は1989年の「ベルリンの壁崩壊」から約7年後。

これらを踏まえて、デジタルツールの活用や社員の意識向上など八つの課題解決に取り組む「業務改革DXプロジェクト」を2021年に立ち上げた。 ... 設置開始1年で端末の設置率は5割を超...

カワサキ、メキシコでオフロード4輪量産 (2024/4/25 自動車・モビリティー)

生産能力は年3万台を見込む。... 25年までに4輪事業の売上高を22年比約2倍の約3000億円に伸ばす方針だ。

そこで京都市は観光客の利用も多かった市バスが1日乗り放題になる「バス1日券」の発売を23年秋停止し、3月末で利用も止めた(市営地下鉄・市バス1日券は継続)。... 中部運輸局がまとめた...

そこで、気候モデルを用いた感度実験を行い、現在と2030年の近未来気候条件で、03年の強いシベリア森林火災の2倍規模の火災が発生した場合の影響を分析した。

東日本FAソリューションセンターは18年に開設し、22年に全面刷新した。

同プロジェクトは2026年1月にサウジアラビアで開催される「ダカール・ラリー」の挑戦に向けた3カ年計画で、松尾製作所は藤原選手の活動費用を全額負担する。

締結式後には、2017年に活動を終了した「東北未来創造イニシアティブ」に設けた「経営未来塾」の気仙沼地域の卒塾生らが、事業経過を報告した。

ジェイテクト、奈良の子ども食堂に寄付 (2024/4/25 自動車・モビリティー)

同社は2023年4月に策定した社会貢献活動方針で「子ども食堂の支援など、すべての子どもの健やかな成長を支える活動」を重点分野の一つに掲げている。

2020年には新潟県に進出し、県内企業の経営課題解決支援やイノベーション施設の運営を通して、起業家育成や起業家エコシステムの醸成に取り組んでいる。

2021年に気体水素、23年からは液体水素を燃料として使用し、レースごとに進化を続けている。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン