810件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

【神戸】兵庫県立大学と情報通信研究機構は15日、情報通信技術(ICT)分野などで包括的研究連携推進に関する協定を結んだ。 ... 密度の濃い情報通信の連携を図りたい」と語った。......

情報通信研究機構はイタリア国立計量研究所などと共同で、従来比10倍以上の周波数帯域を同時に観測してデータ処理できる広帯域な天体電波観測技術(VLBI)システムを開発した。... 新しい時間・周波数標準...

高信頼・高精度なスマートモビリティを実現するために、さまざまなセンサー情報および車自身が検知した情報などを活用するとともに、人工知能(AI)によって高度化された情報と、5G無線通信システムを含む情報通...

情通機構、ツイッター情報から人格推定 (2020/10/5 科学技術・大学)

情報通信研究機構は会員制交流サイト(SNS)「ツイッター」の情報から、知能指数(IQ)や外向性など幅広いパーソナリティーを推定することに成功した。... ツイッターの情報と被験者が答えたパーソナリティ...

テレワークや遠隔教育、遠隔医療を支える情報通信基盤の整備には256億円を計上した。... ビヨンド5G(6G)や量子力学の原理に基づき機密情報を安全にやりとりできる量子暗号通信などの先端技術への戦略投...

量子コンピューターに挑む 暗号技術開発、安全への挑戦 (2020/9/23 電機・電子部品・情報・通信)

もし盗聴者が通信途中で鍵情報を盗み見ようとしても、量子力学の原理により残る光子の変化の痕跡を検知して情報漏えいを完全に防げる仕組みという。 ... 東北大学東北メディカル・メガバンク...

第5世代移動通信システム(5G)のサービスが始まった。やや期待先行の感はあるが、5Gの魅力的な性能は、一般利用者の利便性向上にとどまらず、地域活性化や新時代の産業創出を後押しし、情報通信の新たな時代を...

地域のデジタル化促進と、災害時の情報通信手段の確保を最優先課題に掲げる。... 災害時の情報通信手段強化も喫緊の課題。... 17年総務省情報流通行政局郵政行政部郵便課長、18年同部企画課長、19年情...

情報通信研究機構は量子計算や量子通信などの量子情報通信技術(ICT)を使いこなす人材「量子ネイティブ」を育成するプログラムの参加者を募集する。講演や演習による体験型の授業と、研究開発支援による探索およ...

情報通信研究機構(NICT)では、mMTCを低遅延で実現できる無線通信システム「ステーブル」の開発を進めている。... (火曜日に掲載) ◇ワイヤレスネットワーク総合研究センター・ワ...

情報通信研究機構(NICT)は、このような状況を打破するために端末同士の自律的な直接通信(以下、端末間通信)技術の研究開発を行っている。... 端末間通信の即時性を利用して、車車間の自律通信による緊急...

日中冷却の研究を進めることで、夏場の暑さ対策や省エネ対策に加え、温度差を使った新しい環境発電の手法開拓へとつながることを目指している。(水曜日に掲載) ◇物質・材料研究機構(NIMS...

凸版印刷や情報通信研究機構(NICT)など9団体は、自動同時通訳に関する研究や開発を進める「総務省委託・多言語翻訳技術高度化推進コンソーシアム」を設立した。... コア技術の研究開発やプラットフォーム...

理化学研究所計算科学研究センターの三好建正チームリーダーらは、30秒ごとに更新するゲリラ豪雨予報システムを開発した。... 情報通信研究機構、大阪大学、エムティーアイ、筑波大学、東京大学との共同研究。...

情報通信研究機構と科学技術振興機構、桐蔭横浜大学、千葉大学の研究グループは、自然な光で照明された3次元空間や蛍光体の発光を、瞬間の「マルチカラーホログラム」(三つ以上の波長帯の光波によって形成されるホ...

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の脳情報通信総合研究所と情報通信研究機構の脳情報通信融合研究センター(CiNet)は、人工知能(AI)とヒトが互いを訓練するシステムを開発し、ヒトが感じる痛みの軽減...

民間事業者が宇宙ビジネスに参入するニュースペース時代に向け、NICTは、インターステラテクノロジズや法政大学と共同で、地上局と小型宇宙機との間の通信を守るセキュリティー技術を研究開発している。... ...

DXの先導者たち(2)ゼロゼロワン (2020/7/16 電機・電子部品・情報・通信2)

情報通信研究機構(NICT)によると、2019年に観測されたサイバー攻撃関連の通信は、前年比約5割増加。攻撃関連通信の半数程度が、ウェブカメラのようなIoT機器を狙ったものだった。 ...

ゼロゼロワン、IoT機器検索サービス 半額以下に (2020/7/15 電機・電子部品・情報・通信2)

カルマはインターネットに接続された国内のIoT機器の情報を網羅的に検索するサービス。機器の制御用ソフトウエアのバージョンなど、詳細な情報を判別できる。... 総務省や情報通信研究機構(NICT)などは...

生きた細胞(生細胞)は、分子を情報媒体とした通信(分子通信)によってさまざまな情報を外界とやりとりしながら生きている。... 分子通信は、生体親和性を有する、水環境でも使用できる、低消費エネルギーで駆...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる