電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

930件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.021秒)

情報通信研究機構のラーデマッハ・ゲオルグ・フレデリック主任研究員らは米ベル研究所などと共同で、1・53ペタビット(ペタは1000兆)の光伝送に成功した。... 第5...

同社は2010年設立の情報通信研究機構発のベンチャー。

情報通信研究機構のアシュハブ・サヘル上席研究員と慶応義塾大学の山本直樹教授らは、量子計算機の演算シーケンス評価をシステム化した。... 従来は研究者が考えていた。

現在のインターネットを駆け巡る情報の実体は0と1の系列、デジタル情報である。... 情報通信研究機構(NICT)では、2001年から量子暗号や量子通信の研究開発に取り組んできた。......

東芝デジタルソリューションズ(川崎市幸区、岡田俊輔社長)は31日、情報通信研究機構(NICT)が研究目的で運用する量子鍵配送ネットワーク「Tokyo QKD&#...

NICT先端研究/情通機構(237)映像IoT、街見守る (2022/8/9 科学技術・大学)

情報通信研究機構(NICT)では、映像IoT技術を活用した「鳥の目」「虫の目」「魚の目」による都市空間見守り、特に災害の早期発見・早期対応技術開発を進めている。 .....

情報通信研究機構先進的音声翻訳研究開発推進センターは、多言語音声翻訳アプリ「ボイストラ」にウクライナ語を追加した。... 研究用アプリのため無料で利用できる。

各分野で重要技術の選定体制と情報管理のルールが作られる。... 情報通信研究機構(NICT)の徳田英幸理事長は「米国はリスト化し明示している。... 物質・材料研究機構(NIM...

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、主流の6インチの次にあたる8インチウエハー技術の開発を目指す3件の研究計画に約186億円の支援を決めた。... 主要市場のEVに加え、...

情報通信研究機構(NICT)では、人の立ち入りが困難な場所(被災プラントなど)に展開された複数ロボット(飛行ロボット〈ドローン〉やクローラーロボットなど)...

情報通信研究機構(NICT)では、近赤外線帯のレーザー光を用いた衛星光通信技術の研究開発を推進している。... このようにNICTでは固定の光地上局の運用や移動可能な可搬型光地上局の開...

サイバーリスク浮き彫り 総務省・情報通信白書 IoT機器対策急務 (2022/7/18 電機・電子部品・情報・通信)

セキュリティー海外依存課題 総務省がまとめた2022年版「情報通信白書」では、サイバー攻撃のリスクがあらためて浮き彫りとなった。情報通信研究機構(NICT...

第5世代通信(5G)が普及している中、情報通信研究機構(NICT)は次世代通信基盤のBeyond 5G/6Gの実現に向けた研究開発を推進している。.....

情報通信研究機構(NICT)では、6Gを含む次世代通信システムの研究開発を進めており、殊に得意分野である高周波電波技術の開発や国際標準化に鋭意取り組んでいる。その一環としてミリ波・テラ...

NICT先端研究/情通機構(231)IR―UWBで測位高精度 (2022/6/28 科学技術・大学)

情報通信研究機構(NICT)は民間企業と協力し、IR―UWB受信機の受信感度を6デシベル以上改善することに成功し、他の手法と合わせることで最大測定距離を4倍に延伸した。... 10年よ...

情報通信研究機構(NICT)ではさまざまな環境での実測データを収集するため、東京タワーや東京スカイツリーの高所から試験電波を発し、東京23区内全域にて大規模な電波強度測定を実施した。....

情報通信研究機構電磁波標準研究センターは、世界で初めて光格子時計を参照した国家標準時を生成した。

情報通信研究機構の鎌田隼研究員と大友明上席研究員らは、有機電気光学ポリマーで可視光の光変調器を開発した。

出資体制整備でイノベ加速 情報通信研究機構の徳田英幸理事長は就任6年目、自ら策定した中長期計画の2年目を迎えた。... 戦略4領域としてビヨンド5Gと量子情報通信、人工知能...

情報通信研究機構は自己収入の中からベンチャーへ出資をするための体制を整えた。情通機構発ベンチャーなどに出資することで、研究成果の社会実装を加速できる。... 情報通信サービス分野で...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン