電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

3,613件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

鈴木俊一金融担当相は22日、日経平均株価が史上最高値を更新したことを受け、記者団に対し「資産運用立国の実現に向け、引き続き投資先として日本市場の魅力向上に取り組んできたい」と述べた。

米エヌビディアの好決算が市場予測を大きく上回り半導体関連株が上昇。... 日本市場の成長力に注目する海外投資家の増加に触れ、「コーポレートガバナンス(企業統治)が非常に良くなり、評価さ...

株、史上最高値を更新 (2024/2/23 総合1)

22日の東京株式市場の日経平均株価は、バブル経済期の1989年12月29日につけた史上最高値の3万8915円を上回り、終値は3万9098円68銭をつけた。... 日本市場への評価も一段と高まり、海外資...

経営ひと言/インテル・上野晶子執行役員「 “AI” を込める」 (2024/2/26 電機・電子部品・情報・通信)

「新製品が日本市場で羽ばたけるように一生懸命サポートしていく」と力を込める。

フォルクスワーゲンジャパン(VWジャパン、東京都品川区、アンドレア・カルカーニブランドディレクター)は21日、日本市場の電気自動車(EV)戦略として...

ただ、架装メーカーや完成車の陸送などの問題で納期のリードタイムが長期化している課題はある」 ―今後国内市場の大きな拡大が見込めない中、ディーラー事業に求められることは。 &#...

東京株式市場では年明け以降、34年前の史上最高値に迫る株高が続いている。... 日本企業の好業績を受け、幅広い銘柄の上昇が主な要因となっている。... 米株高が追い風になり、日本市...

一般にアパレル市場は縮小基調のイメージが強いが、実は世界と日本で状況は対照的である。日本では2013年から23年で市場規模は0・8倍と落ち込み停滞したままだが、世界では人口増と新興国の経済成長に伴い拡...

不二製油G本社、マレーシアにパーム油製販合弁 (2024/1/30 生活インフラ・医療・くらし)

トレーサブルで持続可能なパーム油の需要は欧州市場を中心に拡大しており、日本市場でも今後の需要増加が予想される。

同ETFは、日本取引所グループ(JPX)が算出する株価指数「JPXプライム150指数」と連動した初の商品となる。... 日本市場の魅力向上の一端を担いたい」と抱負を語った。東証の岩永守...

メイドーと組むことで日本市場のさらなる開拓を進める。

国交省が量産再開に必要な型式指定を16日に取り消しを決めた「グランマックス トラック」は日本市場向け。

積水ハウス、米が主戦場に (2024/1/22 総合3)

日本市場が将来的に先細る中、戸建住宅需要が旺盛な米国市場で自社技術を移植し、成長戦略を描く。 ... 米国強化の背景にあるのは、日本での人口減少に伴う市場の先細りだ。中長期的な市場縮...

エンシュウ、EV部品加工深耕 独製MC国内投入 (2024/1/19 機械・ロボット・航空機)

EV部品加工に強みを持つ独工作機械メーカーのシュヴェービッシュ・ヴェルクツォイクマシーネ(SW)製工作機械の受注を、日本で4月にも始める。... その一環として、日本で国内メーカーの本...

英OQC、32量子ビット機始動 日本起点に世界へ (2024/1/17 電機・電子部品・情報・通信2)

「Toshiko(トシコ)」の名称を持つ32量子ビット機は英国内にもあるが、まずは日本を起点に顧客開拓などを進める。量子コンピューターの商用機の国内設置は外資系では米IBMに次ぐ2番目...

15日の東京株式市場は日経平均株価が一時3万6000円を回復し、取引時間中として1990年2月以来約34年ぶりの高値となった。... 米連邦準備理事会(FRB)による2024年の利下げ...

海外が日本に注目する理由は「円安による割安感や地政学リスク、企業統治改革の進展だ。企業業績が継続して上がれば日本市場への関心はさらに高まる」と期待する。 ... 株式市場の活況を追い...

三協立山、EV用アルミ材で新ライン 120億円投資 (2024/1/15 素材・建設・環境・エネルギー)

自動車部品事業の主力市場であるドイツでは、縦横1メートルを超えるアルミ製電池フレーム用部材を独フォルクスワーゲン(VW)などに供給。日本市場でも商機が高まると見て大型投資を決めた。

昨年の輸入EV販売、59%増2.2万台 5年連続最高更新 (2024/1/12 自動車・モビリティー)

日本自動車輸入組合(JAIA)が11日発表した2023年の外国メーカー車の輸入車新規登録台数によると、電気自動車(EV)が前年比59・6%増...

株、33年ぶり3万4000円台回復 (2024/1/11 総合3)

9日の米国市場は方向性を欠く中、最高値を連日更新する半導体大手エヌビディアがけん引。... 10日にかけてドル円相場は1ドル=144円台で推移し「円安の安心感が投資家心理を和らげ、日本株の上昇...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン