444件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

奈良先端科学技術大学院大学の出村拓教授と大谷美沙都助教らは、カナダのブリティッシュコロンビア大学と共同で、木質バイオマスとして使われる木の幹や枝など固い部分の構成材料ができる仕組みを突き止めた。......

1984年に出力175キロワットの木質バイオマス発電所を設け、副産物の有効利用を推進してきた。 現在は、本社工場で98年に稼働した出力1950キロワットの木質バイオマス発電所用に1日...

住商、山形・酒田市でバイオマス発電所公開 (2018/8/29 建設・エネルギー・生活1)

【山形】住友商事は28日、完全子会社のサミットエナジー(東京都千代田区)を通じて山形県酒田市に建設した「酒田バイオマス発電所=写真」を報道陣に公開した。出力5万キロワットの木質バイオマス発電所で、酒田...

【いわき】福島県会津若松市など会津地域の13自治体と47企業・団体がつくる会津地域森林資源活用事業推進協議会は、木質バイオマスを燃料に熱供給を行う事業会社「会津森林活用機構」を8日に設立する。

製造業に木質バイオマス由来のエネルギーを活用する動きが広がりそうだ。... 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の実証事業として、木質バイオマスを燃料とする熱風炉の新設工事に着手した。......

木質バイオマス発電をはじめ、洋上を含む風力発電を推進していく。

中国電力、三隅発電所で準備工事開始 (2018/7/4 建設・エネルギー・生活2)

中国電力は三隅発電所2号機(島根県浜田市、出力100万キロワット、石炭・木質バイオマス)の建設に向け、準備工事を開始した。

荏原環境プラント、長野県でバイオマス発電 20年10月稼働 (2018/6/7 機械・ロボット・航空機2)

荏原環境プラント(東京都大田区、大井敦夫社長、03・6275・8600)は、長野県塩尻市で木質バイオマス発電所を受注した。... 木質バイオマス発電事業を展開するソヤノウッドパワーから受注した。

中部電、愛知・武豊火力5号機の起工式 (2018/5/31 建設・エネルギー・生活1)

老朽化で2016年に廃止した石油火力発電の2―4号機を解体し、新たに石炭と木質バイオマスの混焼発電の5号機を建設する。... 年間約240万トンの石炭と約50万トンのバイオマスを燃料とする。木質バイオ...

バイオマスエキスポ・紙上プレビュー/WBエナジーほか (2018/5/24 素材・ヘルスケア・環境)

30日―6月1日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で「バイオマスエキスポ2018」が開かれる。... 【コーレンス/木質バイオマス発電設備】 コーレンス(東京都港区)はオーストリアの...

中部電、バイオマス発電設備の起工式 (2018/5/17 建設・エネルギー・生活1)

【名古屋】中部電力は16日、四日市火力発電所(三重県四日市市)の木質バイオマス発電設備の起工式を開いた(写真)。... 同社初のバイオマス燃料100%の専焼設備で、出力は4万9000キロワット。燃料は...

中部電、武豊火力5号機着工 (2018/4/27 建設・エネルギー・生活2)

石炭と木質バイオマスを燃料とし、熱効率は46%で石炭火力としては高効率。

宇部興産、木質バイオマス燃料の実証設備 石炭火力向け (2018/4/20 素材・ヘルスケア・環境)

宇部興産は19日、山口県宇部市のコールセンターに石炭火力発電所向け木質バイオマス炭化燃料(トレファイドペレット)の実証設備を建設すると発表した。 ... 同社が開発したトレファイドペ...

【三機工業/地産地消型発電に参入】 三機工業は空調設備のほか廃棄物発電施設や下水処理場を施工するエンジニアリング力を生かし、木質バイオマス発電設備の工事事業に参入...

四国電、仙台共同火力発電計画を断念 (2018/4/11 建設・エネルギー・生活1)

四国電力は10日、仙台塩釜港(仙台市宮城野区)の工業専用地域で住友商事と事業化を検討していた石炭・木質バイオマス混焼の火力発電所「仙台高松発電所」(仮称)計画を断念すると発表した。

住重、バイオマス発電受注 西日本プラントから7万5000kW (2018/4/2 機械・ロボット・航空機1)

住友重機械工業は西日本プラント工業(福岡市中央区)から、7万5000キロワット級バイオマス専焼発電設備を受注した。... 九電みらいエナジー(福岡市中央区)、西日本プラント工業、九電産業(同)の3社が...

建築廃材や未利用の間伐材などを原材料にして木質チップを製造、紙や木質ボードの原料などとして供給する。... 木質チップは製紙会社や建材メーカーなどに納入するほか、木質バイオマス発電用や工場のボイラー燃...

道総研、来年度重点研究に7課題 (2018/2/21 中小企業・地域経済1)

具体的には、環境科学研究センターなどが「牧草被害低減と利活用率向上に向けたエゾシカ捕獲技術の確立」に取り組むほか、北方建築総合研究所などは「木質バイオマスエネルギーの高性能な供給・利用システムの開発」...

三重・松阪のバイオマス発電、大ガスが事業参画 (2018/1/24 建設・エネルギー・生活2)

大阪ガスは三重県松阪市のバイオマス発電事業に参画した。子会社のガスアンドパワー(大阪市中央区)を通じて、バイオマス発電所の事業運営会社「バイオマスパワーテクノロジーズ」(BPT、三重県松阪市)に14・...

現場担当者の負荷軽減策を検討していきたい」 ―木質バイオマス発電設備の工事事業に本格参入しました。

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる