電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

212件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

国立環境研・理研など、「富岳」で史上最大規模の気象計算 (2020/11/24 電機・電子部品・情報・通信)

富岳の高い総合性能を実証するとともに「スパコン×シミュレーション×データ科学」の協働で精度を向上する“未来の気象予報”への道を拓〈ひら〉いた。(編集委員・斉藤実)&...

中部電、太陽光の出力予測精度向上 データ統合・実況値見直し (2020/10/19 建設・生活・環境・エネルギー)

日射量の実況値の見直しでは、予測地点と同じ地点の情報が得られる気象衛星の観測情報による推定日射量で補正し、3時間程度先までの予測精度を高めた。従来の地域気象観測システム(アメダス)によ...

北見工業大学、国立極地研究所、海洋研究開発機構の研究グループは、ハリケーンや台風の進路予報の精度向上に北極海での気象観測強化が有効であることを示した。... 気圧の谷の位置予測は北極域の気象観測で改善...

JR西、局地的大雨を広範に把握 新システム導入 (2020/9/29 建設・生活・環境・エネルギー2)

新システムは従来の雨量計の計測データに加え、気象庁が提供する地域気象観測システム(アメダス)や、国土交通省が地上のレーダーで観測する面的な雨量分布情報を解析することで、観測エリアの拡大...

全球測位衛星システム(GNSS)観測や高層気象観測などの機能を気象庁の観測船に追加。... さらに地域気象観測システム(アメダス)に湿度計を追加で整備し、陸上の水蒸気や...

IoT向けSIMを利用し、どこでも簡単に高度な気象観測ができる。従来の気象観測機は大型で回線整備なども必要だった。 ... 気温、風速、雨量、照度、紫外線など8要素を観測。

NTTは4日、台風や集中豪雨などの気象予報精度の向上につながるテラヘルツ帯(テラは1兆)センシングに必要な増幅器ICを開発したと発表した。... 高利得の増幅器を使えば、増幅器を組み込...

明星電気は、超高密度気象観測・情報提供サービス「POTEKA(ポテカ)」を9月に拡充する。... 小型気象計で観測したピンポイント気象観測データなどと同一画面で閲覧できるようにする。....

ここで、気象観測データを同化して、現実に起こっている天気をコンピューター内に忠実に再現する必要がある。 日々目にする天気予報は、人工衛星や地上の気象計、風船や航空機による上空の気象計...

局地的な豪雨被害予測 古野電気は2013年に気象観測レーダーシステム事業に参入した。... 気象レーダーは広域の天気を観測し、台風の到来予測などを行うために全国の...

飛行ロボット(ドローン)による農業センシングデータと気象観測データを解析し、作物の生育状況を精緻化する。

気象観測や風力発電の風況調査、災害現場の情報収集などを請け負う。 ... これらの実証と合わせ、これまで情報の取得が難しかった高高度での気象などの空間情報を一括収集するシステムを実用...

気象観測装置や宇宙観測、防衛関連機器などハイテク製品を幅広く手がけている明星電気。最近は気象災害増加で河川向け水位計、小型気象計「POTEKA(ポテカ)」などが脚光を浴びている。......

明星電気、超高密度気象観測で10億円 スポーツ大会など照準 (2020/1/21 機械・ロボット・航空機1)

明星電気は超高密度気象観測・情報提供サービス「POTEKA(ポテカ)」を活用した関連事業で、2021年度にも現行比約5倍の売上高10億円を目指す。... 駅伝大会で...

複数のセンサーにより収集する温度、湿度といった情報をネットワークで発信して農作物の栽培を支援する気象観測装置の情報とも掛け合わせて総合的に分析する。

これらの極端大気現象はおよそ数百メートルから数キロメートル四方の狭い範囲で数分から1時間程度の短時間で発生するため、現在の気象観測網やスーパーコンピューターによる数値予報をもってしても、いつどこで発生...

トヨタ自動車とウェザーニューズは、ワイパーの稼働状況と気象データから道路や周辺の気象を把握する実証実験を始めた。トヨタのコネクテッドカー(つながる車)から得られる車両データとウェザーニ...

商工中金、ドローン3社に無担保融資 先端技術VB支援 (2019/10/31 中小・ベンチャー・中小政策)

風速、風向きのデータをリアルタイムで集計する気象観測システム「KAZAMIDORI」を開発、瀬戸内エリアに1000カ所設置し、安全な無人輸送を目指している。

ヴァイサラ(東京都千代田区、ヴェリ・ソレフマイネン社長、03・5259・5960)は、道路の気象項目が計測できる冬季道路メンテナンス向け小型複合モバイルセンサーを発売した。車両に設置し...

この回答と地域気象観測システム(アメダス)の風速を分析した結果、一瞬の停電も含む停電地域は最大瞬間風速が毎秒25メートル以上、同40メートルの地域では多くが完全に停電していた。 ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン