電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

4,152件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

エーザイは7日、アルツハイマー病(AD)治療薬として開発中の「E2814」について、2030年度に米国での承認取得を目指していることを明らかにした。... すでに実...

製薬企業 変革への道筋(2)中外製薬社長・奥田修氏 (2024/3/8 生活インフラ・医療・くらし1)

外部連携で創薬力底上げ ―2024年の業績見通しは。 ... また、薬価改定と新型コロナウイルス感染症治療薬『ロナプリーブ』の政府納入の減少で日本国内は前年比18・...

ニュース拡大鏡/塩野義、感染症薬開発を拡充 (2024/3/8 生活インフラ・医療・くらし2)

コロナ薬「ゾコーバ」、米に資料提出 塩野義製薬は感染症治療薬の開発を拡充する。... シンガポールでは未承認薬の輸入、供給の薬事システムであるSAR承認に基づいた医療機関での処方を開...

塩野義製薬は5日、新型コロナウイルス感染症治療薬「ゾコーバ(一般名エンシトレルビルフマル酸)」で通常承認を取得したと発表した。

4月以降、治療薬代は医療費の自己負担割合に応じて、患者に通常の窓口負担を求める。... 治療薬代は現在、所得などに応じて3000円から9000円の自己負担となっている。 日本感染症学...

塩野義と阪大、コロナ後遺症の予防法研究で連携 (2024/3/6 生活インフラ・医療・くらし2)

阪大大学院医学系研究科に共同研究講座「罹患後症状治療学共同研究講座」を2027年2月末まで設置し、新型コロナ治療薬「エンシトレルビルフマル酸(日本名ゾコーバ)」を軽症患者2000人に投...

ニュース拡大鏡/住友ファーマ、がん新薬照準 国内外で治験相次ぐ (2024/3/6 生活インフラ・医療・くらし2)

治療選択肢が限られるため、対照薬を置かない単群フェーズ2での承認を目指す。 ... 標準治療として関節リウマチなどの治療薬であるJAK阻害剤が位置付けられているが、貧血や血小板減少を...

ジックサックバイオエンジニアリング(川崎市川崎区、川田治良代表取締役)は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)など神経筋疾患の治療薬開発を本格的に始める。独自に開発した抗体薬物...

福島イノベーション・コースト構想の復興知事業で、東京大学アイソトープ総合センターが町にサテライトオフィスを構えており、がん治療薬研究でF―REIに協力している」 ―新しい町づくりの構...

ニッポンの素材力 トップに聞く(12)カネカ社長・田中稔氏 (2024/3/5 素材・建設・環境・エネルギー2)

新型コロナワクチンで社会実装が進み、遺伝子治療やがん治療薬への応用も見込める」 ―生分解性バイオポリマー「グリーンプラネット」の展開は。

塩野義、台湾でグラム陰性菌感染症薬の製販承認取得 (2024/3/1 生活インフラ・医療・くらし2)

塩野義製薬はグラム陰性菌感染症治療薬「フェトロージャ」が、台湾衛生福利部食品薬物管理局(TFDA)の製造販売承認を取得した。グループ会社の台湾塩野義製薬が、ほかの治療選択肢がないもしく...

肥満症治療薬「ウゴービ」を発売した。 ... 糖尿病や一部のがんなどのリスクを高めるため、肥満症は治療が必要な疾患だ。「早い段階で治療や予防に取り組み、社会の生産性に貢献する」と意欲...

ニュース拡大鏡/30年ぶり肥満症新薬 選択肢に薬物療法 (2024/2/27 生活インフラ・医療・くらし)

責任感を持って治療薬を提供していきたい」と強調する。 海外では、米製薬大手イーライリリーの肥満症治療薬「ゼップバウンド」が米国で2023年11月に承認を取得。... GLP―1受容体...

経営ひと言/リンクメッド・吉井幸恵社長「千葉産の治療薬」 (2024/2/21 生活インフラ・医療・くらし2)

「千葉から国産の放射性治療薬を届けたい」と話すのは、リンクメッド(千葉市稲毛区)社長の吉井幸恵さん。銅の放射性同位体を用いて、がんの診断と治療に使える医薬品を開発し...

第一三共のADC抗がん剤、肺がん向けで米申請受理 (2024/2/21 生活インフラ・医療・くらし1)

局所進行または転移性の非扁平上皮非小細胞肺がんに係る2次、3次治療が対象で、非小細胞肺がん患者の新たな治療選択肢として期待される。... 第一三共はこれまでADCの抗がん剤「エンハーツ」を乳がんや肺が...

インダゾールは肺疾患治療薬候補化合物などに用いられる分子構造で、簡便にアミド化できるとインダゾール誘導体を合成しやすくなる。創薬研究を加速させる。

中外薬のSMA薬、新生児投与を申請 (2024/2/19 生活インフラ・医療・くらし)

中外製薬は脊髄性筋萎縮症(SMA)治療薬「エブリスディ」について、未発症のSMAに対する適応拡大と、生後2カ月未満の患者への投与について、厚生労働省に承認申請を行った。... 未発症の...

小野薬、海外で提携加速 機能たんぱく質・がん治療薬 (2024/2/19 生活インフラ・医療・くらし)

米シャタック・ラブズ(テキサス州)と自己免疫疾患や炎症性疾患の関連標的に対するたんぱく質の創製で創薬提携とオプション契約したのに続き、スイスのニューマブ・セラピューティクスAG(...

塩野義のコロナ飲み薬、3カ国で忍容性良好 (2024/2/16 生活インフラ・医療・くらし1)

塩野義製薬は新型コロナウイルス感染症治療薬「エンシトレルビル フマル酸(日本名ゾコーバ)」の日本、韓国、ベトナムでの第2・第3相臨床試験で忍容性が良好だった試験結果をまとめた。...

武田薬、好酸球性食道炎の経口薬 米で承認取得 (2024/2/16 生活インフラ・医療・くらし1)

武田薬品工業は好酸球性食道炎(EoE)治療薬「EOHILIA(一般名ブデソニド経口懸濁液)」について、11歳以上の患者を対象とした初の経口治療薬として米食品医薬品局&#...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン