電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,270件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

東京大学と東京工業大学、東北大学が中核となり、これまでの集積回路よりも機械学習や深層学習の演算処理に特化し、省電力で高速処理できる生成AI専用の半導体を開発する。

深層学習の最先端技術を実用化するプリファードネットワークス(東京都千代田区)などと共同で研究を進めている。

ENEOS、石化プラントのAI運転で手動より高効率達成 (2023/8/2 素材・建設・環境・エネルギー1)

プリファードネットワークは、深層学習やロボティクスなどの先端技術を応用したソフト・ハードを開発するベンチャー。

そこで深層学習(ディープラーニング)の発展が進んだ近年になり、流体の解析にAIを活用する試みが増えた。... もしAIがCFDをすべて代替しようとすると、AIはその方程式や解き方をすべ...

LLM開発に挑む(3)分散並列処理、「富岳」で対抗 (2023/7/31 電機・電子部品・情報・通信)

モノづくりなど産業分野への応用を想定したマルチモーダル化に必要な学習手法でノウハウを持つ名古屋大学も参加した。 ... 計算基盤を含めて分散並列学習手法を確立することで、GPT―4な...

半導体メーカーと連携し実用化へ 中部大学の小浜大和大学院生と山下隆義教授、藤吉弘亘教授らは、深層学習(ディープラーニング)のパラメーターを50分の1に削減する技術を開...

第31回品質工学研究発表大会、授賞テーマ7件選定 品質工学会 (2023/7/27 機械・ロボット・航空機1)

(敬称略) ▽精密測定技術振興財団品質工学賞発表賞金賞「MTシステムによる触媒劣化診断」熊谷賢一(ヤマハ発動機)▽同銀賞「転写性評価によるガラス製非球...

裏読み科学技術(108)チャットGPTの基本技術 (2023/7/24 科学技術・大学)

チャットGPTは深層学習の応用であるが、1986年に出現した深層学習の原型自体は、数値データを学習するものであった。... このため、深層学習に際して、「東京」には100の属性を持たしている。 ...

陳氏はAI深層学習の手法を使って、シミュレーションの計算値を高精度に予測する方法を検討。... さらに、「学習データへの依存度を減らして予測精度を上げるため、流体力学の物理方程式も学習させた」(...

衝突事故を防ぐ これまでも繰り返し述べているとおり、深層学習(ディープラーニング)による画像認識は日常生活にとけこんだAI技術である。

また、気象観測データと標高などの土地情報から深層学習により全国1キロメートルメッシュで現在の気温推定を実現。... 頻度が少なく従来手法では予測精度向上が難しかった台風の急発達についても、AIで特徴量...

小森安全機研究所/侵入防ぐAIカメラ (2023/7/3 新製品フラッシュ2)

製造現場などに特化した深層学習済みのAIを搭載し、新たに学習するコストや期間が不要ですぐに導入可能。

透明性・信頼性の確保重要 大量のデータを学習して独自の文章や画像などを生み出せる「生成人工知能(AI)」。... ディープラーニング(深層...

裏読み科学技術(107)チャットGPTの文書作成 (2023/6/26 科学技術・大学)

チャットGPTの説明の多くが、文章生成は確率によって、最もふさわしい語が次々に選ばれるとあるが、その前に、質問内容について、深層学習の結果を、いかようにして呼び出すのかという点に疑問を持っていたので、...

この原理を解明して学習過程を簡素化した。... 深層学習(ディープラーニング)では類似度が高くなりやすい性質がある。... 深層学習は高性能だが原理は分からない部分が多い。

大規模言語モデルは深層学習のパラメーター数と学習データ量を極端に大きくしたことで相転移が起こったといわれているが、その原理はまだ解明されていない。

外観検査×深層学習、導入進む 日本は「モノづくり大国」と言われてきた。... AI分野においても、ディープラーニング(深層学習)を製造業に活用しようという試...

AIで被写体検出 富士フイルム、軽量ミラーレス発売 (2023/6/13 電機・電子部品・情報・通信1)

約2610万画素のセンサーと高速画像処理エンジンの搭載により、高画質での撮影ができるほか、ディープラーニング(深層学習)技術を用いて開発した被写体検出オートフォーカス(AF&#...

製造現場などに特化した深層学習済みのAIを搭載しているため、新たに学習するコストや期間が不要ですぐに導入できる。... 現場で働く作業者の画像データ数万件をAIに学習させてカメラ本体に搭載した。通常の...

南米ペルー南部の世界遺産「ナスカの地上絵」の研究所を持つ山形大学は、日本IBMと共同で、人工知能(AI)のディープラーニング(深層学習)技術を活用して地上絵4点を特定し...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン