3,059件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

にっぽん再構築/「脱炭素」―世界が投資合戦 (2021/1/4 建設・生活・環境・エネルギー)

2021年は、温室効果ガス排出を実質ゼロにする「脱炭素」に向けた投資合戦が幕を開ける。... KEYWORD 脱炭素  温室効果ガスの排出実質ゼ...

車の自動走行やオンラインの診療・教育など新しい試みを行う場をつくり、その成果を全国に広げていけばいい」 ―50年に「温室効果ガス排出ゼロ」の政府目標は可能か。

にっぽん再構築/造船、荒波覚悟の合従連衡 (2021/1/1 機械・航空機 2)

KEYWORD ゼロエミッション船  環境負荷の低減に向けて、温室効果ガスを排出しない船舶を指す。国際海事機関(IMO)は温室効果ガスを2050年までに08年比で5...

そういう効果も十分に考えられる」と強調。... (編集委員・米今真一郎) 温室効果ガス “脱炭素マネー”争奪戦始まる 「気候変動に立ち向かう決意を新たにした」。20...

にっぽん再構築/エネ各社、技術革新に挑む (2021/1/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

関西電力も50年に温室効果ガス排出ゼロを目標に掲げた。 ... KEYWORD カーボンニュートラル  温室効果ガスの排出と吸...

わが国でも新しい経済成長戦略として2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロとする「カーボンニュートラル」に挑戦する。

温室効果ガスの排出を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」のうねりが自動車業界に変革を迫っている。... 電動車を独自開発しても、量産効果を取り込み競争力を高めるには仲間作りが欠かせない。

世界の温室効果ガス排出量の4分の1が食に起因するものであると同時に、年間で10億トンもの食料が廃棄されているのに対して、COVID―19の影響で1億3000万人が新たに飢餓に陥るという大きな矛盾がある...

政府は、国と自治体が2050年の温室効果ガス排出実質ゼロへの戦略を議論する「国・地方脱炭素実現会議」の初会合を開いた。

米国など海外で進む小型炉や高温ガス炉、核融合といった次世代革新炉開発に日本企業も参画し原子力技術の向上を目指す。 ... 液化天然ガス(LNG)燃料船で低速航行と風力推進システムの組...

この手法を適用すれば、既設ガスタービンを最小限の改造でアンモニア燃焼用に転換することも可能。温室効果ガスを排出しないアンモニアガスタービン発電の実用化につながると期待される。... 一方、アンモニアを...

スマート工場や自動運転などでの活用が期待され、総務省は5Gの経済効果を約46兆8000億円と試算する。... 【第7位】温室効果ガス「ゼロ」宣言 菅義偉首相は10月26日の所信表明演...

日本郵船、ESG意識改革推進 来月、専門部署設置 (2020/12/24 建設・生活・環境・エネルギー)

国際海運では輸送による温室効果ガス(GHG)排出の削減が大きな課題。

三井不、50年にGHG排出量ゼロ目指す (2020/12/23 建設・生活・環境・エネルギー1)

三井不動産は2050年度までに温室効果ガス(GHG)排出量を実質ゼロとする長期環境目標を設定した。

温室効果ガス排出を実質ゼロにする「脱炭素」に貢献するそうですが、どんな制度なのでしょうか。... 【Q】効果はあるの? ... 推進派はコスト負担を避けようと省エネ機器への買い替えが...

政府が掲げる2050年に温室効果ガスの排出量を実質ゼロとする「カーボンニュートラル」の実現に向け、有識者から挙がった意見を基に、関係省庁と実行計画公表に向けた最終的な調整を図る。

「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとして、50年までに温室効果ガスを実質ゼロにする「カーボンニュートラル」やデジタル化などに向けてオールジャパンで取り組みを推進する。

他方、温室効果ガス削減効果が大きい原子力分野も推進し、引き続き革新炉の開発に取り組む。 ... 脱炭素化効果の大きい製品の生産設備や、脱炭素化に寄与する設備の導入に対し最大10%の税...

温室効果ガスの実質ゼロを目指す「ゼロエミッション」で災害に強い街づくりの実現を目指す。 ... 水素システムと蓄電池を導入した際の二酸化炭素(CO2)の削減量を試算したところ、導入前...

世界的に脱炭素化が加速し、日本政府も2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出の実質ゼロ)を表明した。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる